続改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上野動物園(5)

記録を見ると7月に上野動物園へ4回出かけていました。よほどゴリラが気に入ったか、他に出かけるところがなかったのでしょう。ただしここも暑いのでその後はパッタリと行かなくなりました。ゴリラ舎の周りは蚊も多いですし(^^;)

今日は135mmでの他の動物ですが、まあ何とか見られる写真が残せました。ただしアングルを確保するために頻繁に動いて撮るのは猛暑ですと厳しいかもしれません。まだそれほど暑くない時季だったのが救いでした。

考えるとNIKKORであれば70-200mm/F2.8や300mmまでのズームもありますし、EFでも100-300mmがありますから、最初からDSLRかAF機にして確実に撮る方法が有ったわけなのですが、そこはひねくれている、拘っているというか・・・単に所有機材を思いつかなかったというのが真実かもしれません (; ̄ー ̄川

CANON New F-1 + NFD135mm/F2.8 400TMY


103.jpg

75_20100824085218.jpg

95.jpg

87.jpg

1_20100824085217.jpg

スポンサーサイト
  1. 2010/08/24(火) 09:09:31|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:2

上野動物園(4)

これが2回目に出かけたときの写真です。

100mmでは距離が足りず、かつ明るさも欲しいのでNFD135mm/F2.8を持っていきましたが、やはり単焦点では制約が大きいです。ゴリラ自身が近くに寄ってきてくれるときもありますからまったく撮れないことはないのですが、撮影場所をこまめに移動することができないので、肝腎の撮影タイミングを逃しかねません。ズームですと自由に画角を変えられますから撮影場所を移動せずともアングルを決められます。フィルムで撮るのなら明るい長めのズームが一番です。70-200mm/F2.8とかですね。デジタルであれば多少暗めのレンズでも高感度でシャッター速度が稼げますのでF4~5.6程度でも大丈夫でしょう。

まあこの時代に動く被写体相手にフィルムで、しかも単焦点で迫ろうとするのが珍しいわけで(笑) シャッターチャンスでは明らかにコンデジに負けます(^^;) それでもフィルムで撮ろうとするのが私らしいところでして・・・(; ̄ー ̄川

すべてゴリラ舎の保護ガラス越しに撮っていますのでフレアぽく感ずるところもありますが、この135mmもなかなか使えます。このレンズは少し高かったですね。救出しようかどうしようか悩んで帰宅。一晩悩んで翌日救出しました。価格は3150円(^^;) しかし何の問題もありませんでした。これが本店1階の通常商品棚に並ぶと7350円になってしまいます。FDレンズに対してはジャンク棚からの救出行為という博愛精神で常に臨んでいます(笑)

CANON New F-1 + NFD135mm/F2.8 400TMY


オスを避け中央の高い地点で休む親子。オス=父親ですが(笑)

5_20100823110728.jpg


赤ん坊は人間でいうと1歳児くらいでしょうかね。常に母親と一緒です。

9_20100823110727.jpg


絶えず周囲を・・・というかオスを警戒する母親。

8_20100823110727.jpg


で、オスというか父親のほうは・・・格好よいではないですか(^^;)

25_20100823110727.jpg


ところが人間社会の父親と似ているようでいつも独り。誰も近寄りません(爆)

32_20100823110726.jpg


この背中といい毛並みといい実に見事なのですが・・・ゴリラの群れも複雑です (; ̄ー ̄川

17_20100823110726.jpg

  1. 2010/08/23(月) 11:26:35|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:2

上野公園

動物園から周辺にちょっと待避。

この写真は7月上旬の撮影です。不忍池の蓮はやっと開花したところで、じりじりと照り続ける太陽もいまと較べればまだ可愛いものでした。ピーカンでもまだ撮りやすかったころです。

メモを見るとこのときは100mm、50mm、35mmと3本ものレンズを携行していました。動物園では圧倒的に100mmを使いましたが、あとは慣れた50mmが使い勝手がよかったです。35mmなど使った記憶がないですし(^^;) 

しかしラフな撮り方です(; ̄ー ̄川 ゴリラ舎で粘っていたので疲れていたのでしょう。フィルムの残りを使い切るかのような・・・見え見えです(-_-;)

CANON New F-1 + NFD50mm/F1.4 400TX


62_20100821224551.jpg

63_20100821224551.jpg

67_20100821224550.jpg

69_20100821224550.jpg

74_20100821224550.jpg

  1. 2010/08/22(日) 09:00:00|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:4

上野動物園(3)

こちらが最初に出かけたときの写真。なにも上野動物園に行こうと思っていたわけではなく、あてもなくふらふらと行き着いたのに過ぎないので(笑) 50mmと100mmの2本だけです。MFの100mmですと厳しいシーンが多いということをこのときに思い知らされたわけですが、それでも何とか撮れるシーンもありました。

狙おうとしている動物が近くに寄ってくるときもあるので距離的にはそれほどでもないのですが、動きがある動物ですと最悪です。4枚目のトラなどは動きが活発なのですがこの1枚は運良くタイミングが合いました。AFには敵わないですが、MFでも執着すれば何とかなるかもしれません(^^;)

しかし少し前にもこの100mmはよいレンズだと記しましたが、2枚目の後ボケは二線ボケで美しくないですね。ちょっと考えを改めないと・・・(; ̄ー ̄川

CANON New F-1 + NFD100mm/F2 400TX


ゴリラ舎のボス・ハオコ。16歳、妻3人(笑)

46_20100821090218.jpg


この逞しい体を見よ!

42_20100821090218.jpg


しかしいつも独り。メスは寄りつきません(爆)

48_20100821090217.jpg


今日の他の動物。

53_20100821090217.jpg

61_20100821090217.jpg

28_20100821090217.jpg

  1. 2010/08/21(土) 09:15:12|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:0

上野動物園(2)

この70-210mm/F4は直進ズームは1980年に発売された9群12枚の直進ズームです。現代のプラスティック多用のレンズと較べると造りもしっかりとしています。重さは700gを超えますのでがNew F-1に装着するとあまりバランスがよくありません。むしろワインダーを装着したA-1などのほうがバランスがよさそうです。

最短は1.2mなのでまずまずです。合焦部はしっかりと解像していてシャープですし、写りに遜色はありません。ボケを期待するレンズではありませんが、被写体次第ではいまでも十分に活用できるのではないでしょうか。


写真のゴリラは群れにいる別のメス。このメスだったか定かではありませんが、腹部を見ると妊娠しているような感じを受けたメスがいます。どうもオスはオーストラリアから来たようで、動物園での繁殖も国際的な流れになっているようです。

CANON New F-1 + NFD70-210mm/F4 400TX 400-2TMY


鼻をポリポリと掻いて・・・

38_20100820111015.jpg


その指を舐める(笑)

39.jpg


見られている気配を感じるようで・・・(^^;)

37.jpg



比較的撮りやすい鳥類。

44_20100820111014.jpg

51.jpg

55_20100820111013.jpg

  1. 2010/08/20(金) 11:13:54|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:2

上野動物園(1)

都市風景ばかり続いたので和み系に切り換えます(^^)

少し前に足繁く上野動物園に通っていました。最初は何となくでしたが、やがてゴリラに・・・(^^;)

ゴリラ舎では昨秋産まれたニシローランドゴリラのメスの赤ん坊が午後の1~2時間公開されています。名前はコモモ。父親はハオコ、母親がモモコ。同園では9年ぶりの繁殖とのことで、環境に慣れさせるためにかなり配慮して飼育されているようです。いま同園では8頭のゴリラが飼育されているようですが、常時見られるのは5頭です。オスのハオコを中心にメス3頭、赤ん坊1頭の群れで、まあハーレムですね。ゾウアザラシのような群れの大きさはありませんが。

撮影は7月初めですが、この頃は午後の1時間程度の限定公開。体調、天候や気温によって公開時間がズレていましたのでコモモの顔を拝むためにはゴリラ舎に詰めるか、あとは運次第です。

最初はゴリラの赤ん坊のことを知らずに出かけたので、たまたま持っていた100mmで追いましたがまるで届きません(^^;) そこで70-210mmの望遠ズームを調達。210mmでも何とか届くという程度で、実際は400mmは欲しいところです。まあゴリラのために400/2.8とかを調達する余裕はないので、70-210で妥協しましょう。

一応、午後3~4時頃の公開という予定なのですが、体調や天候次第で前倒しになったりしますので、ある程度ゴリラ舎に詰める必要があります。ゴリラ舎に出てきても赤ん坊はほとんど母親が抱え込んでいて、単独の姿を捉えることはまだできません。ヒトでいえばやっと1歳を越えた程度でしょうし、活発に動き回るのはまだ無理ですね。それとどうも父親と母子との距離感が微妙なようで、おそらく父親はオスとしてメスの母親に強い関心があるようですが、当の母親はメスよりも母性が勝っている時期なので絶えず父親の接近を警戒しています。ある程度の距離まで父親が近づくと赤ん坊を連れて別の場所に移動・・・ということが何度も繰り返されます。当然そのたびに撮影場所を移動しなければならないので結構と疲れます。かつ赤ん坊は母親のそばから離れませんのでシャッターチャンスを得るのが大変です(^^;)

都合5回ほど通ったのですが、撮影するのならやはりAF機ですよ(笑) かつデジタルのほうが無難です。ゴリラ目当てなら5D MKIIにEF100-300mmという装備で問題ないのですが、MFに拘って撮影している今日この頃ですので・・・(^◇^;)

CANON New F-1 + NFD70-210mm/F4 400TX 400-2TMY


なぜか観客から隠しているとしか思えない母親。

16_20100819105633.jpg


じっと待ち続けてほんの一瞬だけ赤ん坊が撮れたりします。

20_20100819105632.jpg


オスが近づくと警戒して・・・オスというよりも父親なのですが(^^;)

30_20100819105632.jpg



他の動物も少し。

4_20100819105632.jpg

10_20100819105631.jpg

3_20100819105631.jpg

  1. 2010/08/19(木) 11:04:57|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:4

月島のネコ

月に一度の月島詣での撮影。

ここへは昔ですと東京駅からバスとか、東銀座から歩いたこともあったのですが、大江戸線が開通してからはアクセスしやすくなりました。旧石川島の高層マンションだけでなく、勝どきあたりにも何棟もの高層マンションが建ち、あるいは建設中ですから、中央区でも人口が増えているところなのでしょう。学校用品を扱う店には地元小学校以外に銀座にある泰明小学校の名前がありましたが、隅田川を越えて通学する児童も多いのかもしれません。

いわゆる昔からの佃地区、住吉神社の周辺にはまだ木造住宅がよい感じで残っていますが、月島全体では徐々に建て直しが進んでいるように感じます。月島西仲通り商店街(もんじゃ通り)の脇道は幅員が4mに満たないところばかりですから、建て直すとなるとセットバックが必要でしょうが、現状でも狭い土地に住宅がひしめき合っているところにさらに土地が削られるということで、住民の腰も上がりにくいように感じます。それでも20年後、30年後にはこのあたりの光景も大きく変化することでしょう。

CANON New F-1 + NFD28mm/F2.8 NFD100mm/F2 NFD135mm/F2.8 400TX 400TMY


134.jpg

142.jpg

148.jpg

69_20100717090458.jpg

63.jpg

  1. 2010/07/17(土) 09:09:31|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:0

東中野~中野

戸越銀座の帰りに寄った東中野銀座(笑)

最近、都内の移動は地下鉄とバスを利用することが多く、新宿に戻ってJR運賃150円を支払ってまで中野で途中下車することがもったいなく(^^;) 中野坂上、新中野、東中野から歩くことが多いです。中野で途中下車をしなければこんんな面倒は避けられるのですが、救出を叫んでいるジャンクの声に黙っていられず・・・(; ̄ー ̄川

東中野銀座のメインは山手通りの西側から早稲田通りへと抜ける一帯で、今日の写真の場所はJR線路脇なのでその入口付近にあたります。東中野銀座を抜けて早稲田通りに出ると遠回りになるので、看板が出ているのをよいことに紹介を端折っています。

東中野や落合は学生の頃に足繁く通ったところなのですが、その頃の山手通りの幅員はいまほど広くはなく、通りの両側には木造建築が多く残っていました。やがて拡張工事が始まり、その後は首都高の工事、歩道の整備とか一年中工事を続けているように感じます。

東中野~中野間は中央線快速も停まりませんし、通過している印象では距離も短く感じます。ところが中野~高円寺間が約1.4kmしかないのに東中野~中野間は約1.9kmあります。都営大江戸線で東中野駅で下車し、JR運賃130円を惜しむことでこの1.9kmという道のりを楽しむことができます(笑) 中野でジャンクと出会うと130円では済まないのですが・・・(; ̄ー ̄川

CANON New F-1 + NFD50mm/F1.4 400TX


126.jpg

127.jpg

133.jpg

139.jpg

  1. 2010/07/16(金) 08:30:40|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:2

戸越銀座

7月最初の日曜日。何気なく都営浅草線に乗り東銀座で下車。松屋通りを中央通りに向かって歩くと既に撮れない予感が・・・(笑) ここは銀座つながりで別の銀座に行こうと思い直し、頭に浮かんだのが戸越銀座。初めて訪れました。

第二京浜の東西に約1.6kmもの長い商店街が続きます。シャッター化しているところが多いなかで、ここは活気のある商店街でした。wikipediaには「1923年の関東大震災後、銀座の瓦礫をここに運び、低地を埋め立てたことから『戸越銀座』と命名された。全国各地にある「○○銀座」の第一号でもある」とあります。銀座とは縁があったのですね(笑) だからといってどうということもないのですが、大規模小売店舗がドカンと建っているよりは地域性が感じられ、休日の午後をぶらつくのには適したところでした。夏のピーカンもよいですが、次回は晩秋の夕暮れ時を狙ってみましょう。

CANON New F-1 + NFD50mm/F1.4 400TX


108.jpg

109.jpg

111.jpg

113.jpg

115.jpg

118.jpg

119.jpg

120.jpg

125.jpg

  1. 2010/07/15(木) 09:52:10|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:2

品川インターシティ

目黒川~天王洲アイルの帰りに立ち寄った品川駅の東口。ちょうど近隣オフィスの退社時間にあたったようでデッキ上は多くのサラリーマンが家路を急いでいました。ここへ撮影に来るのはいつも休日でしたので、これほど多くの人を見たのは初めて。人の群れをかわしながらいつもどおりの写真を撮るのはなかなか難しかったです。

CANON New F-1 + NFD50mm/F1.4 400TX


97.jpg

93.jpg

98.jpg

  1. 2010/07/08(木) 06:50:56|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:2

天王洲アイル(2)

天王洲アイルの続き。こちらは海岸通りを越えたシーフォートスクェア側の光景です。

しかし絞り優先のAEは楽です(笑) 構図を考え、どれくらいの深度を求めるかを決めればそれに応じた速度でシャッターは切れてくれます。気にするのは低速でのブレくらいですね。問題はカメラ側の測光方法と測光値が適正であるかですが、カメラによって異なる測光法がありますので複数台で撮る場合には注意が必要です。最近使っているカメラのなかではF5とNew F-1の測光は非常に信頼が置けます。ネガを並べたときにコマの濃度が揃っているのは気持ちがよいものですね。

CANON New F-1 + NFD50mm/F1.4 400TX


77.jpg

80.jpg

84.jpg

82.jpg

  1. 2010/07/07(水) 11:21:51|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:2

天王洲アイル(1)

周囲でペンタのスクリューを使われている、あるいは使おうとされている方がいます。そこで昨日はPENTAXを防湿庫から引っ張り出しました。レンズはそれほど持っていないのですがSuper-Takumar 50mm/F1.4というものが見つかりました。1963年頃の製品のようですが、例によってアンバーのコーティング。WEBで調べてみると前期の8枚玉ではなく後期の7枚玉でしたが、どちらもトリウム含有の放射能レンズのようです。含有量が最大と書かれているところもあります(笑) 近々これを使ってみようと思いますがモノクロでは面白くないかも知れませんね。M42→EOSアダプターを探してきましょうか。

写真は目黒川河口から足を伸ばした天王洲アイル。昨秋以来の訪問です。ここは事業所と少しばかりの店舗があるくらいでどちらも私には縁が薄いのですが、親水性が高いところに好感を持っています。ところが写真のほうはいつ撮っても似たようなものばかりになりますねえ(-_-;) そういえば太陽の位置が秋とは大きく異なることを実感しました。

CANON New F-1 + FD35mm/F2 NFD50mm/F1.4 400TX


36.jpg

90.jpg

75.jpg

92.jpg

91.jpg

  1. 2010/07/06(火) 09:39:35|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:8

目黒川(5)

ここのところ薄曇りの日が多いので使用フィルムを低感度にするか高感度にするかなどと悩まずに助かっています。いつもはISO400のフィルムを1段減感してEI200で撮ることが多いのですが、日が傾いた頃になるとあまり絞れず速度も稼げない状況があったりします。そうしたことを考えてEI400で撮ることもあるのですが、以前にも記したようにいつもベストな絞り値とシャッター速度で撮れるとは限らないところに135判のSLRの使いにくさを感じます。フォルダが交換できる、あるいはデジタルのようにいつでも自由に感度を切り換えることができるのは強みですね。

いま撮影済みの135判フィルムで未現像のものが7本ほどあります。1本タンクで現像すれば問題はないのに3本タンクで現像したがるので手がつけられません。フィルム種だけでなくEIも異なるので一緒に現像するのは不可能です。この点デジタルの場合はメディアの容量制限はありますが、どこで撮影をやめてもPCに取り込むことができるという利点があります。

総じてフィルムでの撮影は手間がかかることが多いのですが、デジタルでの撮影よりも快感があります。問題はいい気になって枚数を撮ると懐が痛むということです。これまでは400TMYのように製品切り換え前に貯蔵していたフィルムがかなりあったので問題なかったのですが、ここのところで在庫があやしくなり新たに調達する必要に迫られました。ところが36枚撮りは1本400円前後という価格です。数十本仕込むなどということはおいそれとできません(笑) それでいまさらながら長尺を使おうかという気持ちになっています。135判フィルムで撮ることはもはやないだろうなあと思っていたのですが。

写真は目黒川の河口、天王洲の運河との合流点です。ここにはデッキが設けられたり親水性を持たせたものになっているのに中流域ではなぜできないのでしょうか? 

CANON New F-1 + FD35mm/F2 400TX


22.jpg

25.jpg

23.jpg

26.jpg

29.jpg

27.jpg

  1. 2010/07/05(月) 10:35:11|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:6

目黒川(4)

大崎を過ぎるとそれまで目黒川の西側に有った山手通りが東側に位置を変えます。JR山手線・横須賀線、そして京浜東北線の鉄橋を越えると河口近くに来た印象が強くなります。

3枚目の写真、城南信用金庫のところが旧東海道。街道として整備された江戸時代初期の道幅(6間=約10.8m)のままのように感じます。手前に架かる橋は4枚目の橋と同じですが、荏原神社前に位置する鎮守橋。老朽化で倒壊の危険性があるため立ち止まらずに一気に渡るようにという注意書きがありました。

そういえば少し前に書いたNew F-1でレリースが切れないときがある云々の話。やはり電池に問題があったようです。新品に変えたところまったく問題なく動作するようになりました。機械式シャッターに慣れるとこうした電子式シャッター(正確にはハイブリッド)でのトラブルにはヒヤッとします。

CANON New F-1 + FD35mm/F2 400TX


13.jpg

15.jpg

18.jpg

19.jpg

21.jpg

  1. 2010/07/04(日) 08:41:34|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:5

目黒川(3)

目黒川がまだまだ続きます。

これまでの生活のなかでも都内城南地域とはあまり縁がなかったので、目黒川といえば以前撮影に来た際の大崎再開発地域あたりの光景が印象深かったのですが、この一帯は整備されていながらも人工的な温度を感ずるところでもあります。水面近くまで降りられるような親水性があるとそれも変わり得るのでしょうが、そうした計画があるのかは不明です。

目黒川も渋谷川同様に城南三河川清流復活事業により落合水再生センターからの高度処理水が注がれているのですが、東京の河川はこうした延命策を施さない限りもはや河川足り得ない有り様です。

前回NFD35mm/F2のフレアに萎えたのでこの日持ち出したのはそれより旧いFD35mm/F2。なぜか逆光耐性はこちらのほうが良かったですね。

FC2で面倒に感じていた画像処理ですが、プレビュー画像をクリックしておいて高機能テキストエディタの中央揃えボタンを押せば一発でセンター揃えになることが判明。HTMLタグを範囲指定して揃えるよりも簡便でした。

CANON New F-1 + FD35mm/F2 400TX


4.jpg

5.jpg

6.jpg

12.jpg

  1. 2010/07/03(土) 08:51:40|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:2

目黒川(2)

遅ればせながら新しいマウントを採用したSONYのNEXを触ってきました。

小さく、軽いのにAPS-Cというのが売りです。かつフランジバックが短いのでアダプターさえ発売されればマイクロフォーサーズと同様に各種マウントのレンズが搭載できます。コントラストAFというのが気になりましたが、実際にはコンティニュアスAFとして機能しているようで合焦の遅さにイラつくことはなかったです。既に上位機のNEX-5のWレンズキットが実売8万円を切っており、KISS X4のWズームレンズキットと同じ価格帯ですので激戦が展開されているのかもしれません。

デザインには好みがあるでしょうが手にと取ると操作感も悪くなくバランスのとれたデザインだと思います。コンデジの写りに納得できない、それでも大きなDSLRは扱いにくいという層にはまるコンセプトだと思います。高感度撮影もかなり使えるようですし、指摘されているバッテリーの持ちの悪さがファームのアップで改善されると強力な商品になると思います。家電メーカーのカメラなど関心がなかった私でさえ興味津々ですから(^^;)

写真は目黒川の続き。五反田駅西側~大崎の再開発地帯付近の風景です。人工的ではありますが綺麗にまとまった一帯で、川が清流であれば申し分ないでしょう。実際は日本橋川、神田川、古川などと同様の都市河川の汚れ方です。

CANON New F-1 + NFD50mm/F1.4 400TX


67.jpg

68.jpg

69.jpg

71.jpg

  1. 2010/07/02(金) 08:49:20|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:4

目黒川(1)

ということでスパムやら本文下広告やらでFC2に移転してきました。こちらでもよろしくお願いします。FC2も最下段に1行だけ広告が入るのですが、これは容認しましょう。100%満足できる無料ブログはあり得ないでしょうし。

私のブログ開設はlivedoorが最初でした。例の騒動が起こってこちらは閉じてしまいましたが、その頃にexciteに移転。当時はサークル機能があって某TLRのクラブがここで開設されていて、それに応じてexciteでのブログを始めたのでした。あのサークル機能は非常によくできていたのですが、3年ほど前に停止しています。こう見るとexciteは時間とともに使いやすくなっているどころか悪くなっているような・・・(^^;)

さて移転最初の写真は目黒川の光景。山手通りを鎗ヶ崎交差点から駒沢通りに入り、緩やかに下っていくと川沿いの遊歩道に行き着きます。少し前に大橋~目黒の上流部を歩いており、この日はここから下流を目指そうということです。

川沿いの遊歩道はよく整備されているのですが、親水性がもう一つなのが残念ですね。部分的にでも水面の近くまで寄れるような設備があると親しみが増すように思いますが、このへんは防災上の理由があるのかもしれません。

今日の写真は東京共済病院~目黒清掃工場~目黒通りと進むなかで撮ったものですが、この一帯は川幅も広く遊歩道も両岸に整備され、かつ周辺も落ち着いたところです。山手線の外とはいえ地価が高そうな一帯ですね(^^;)

CANON New F-1 + NFD50mm/F1.4 400TX


62_20100701093334.jpg

59.jpg

65.jpg

  1. 2010/07/01(木) 09:44:58|
  2. CANON New F-1
  3. | コメント:16

プロフィール

cucchi3143

Author:cucchi3143
前ブログ:改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿
前々ブログ:ふぁんき~な病人馬鹿一代記

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

時計

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

LENS

GR・LENS・A12・28mm/F2.5 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
SIGMA30mm/F2.8EX・DN 
E・PZ16-50mm/F3.5-5.6OSS 
LUMIX・G20mm/F1.7ASPH. 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
GR・LENS・A12・50mm/F2.5MACRO 
PlanarT*50mm/F1.4AEJ 
E50mm/F1.8OSS 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL・WR 
SIGMA・LENS16.6mm/F4 
SIGMA・Art30mm/F1.4DC・HSM 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
E18-55mm/F3.5-5.6OSS 
DT35mm/F1.8SAM 
XF18-55mm・F2.8-4R・LM・OIS 
PlanarT*35mm/F2(G) 
EF50mm/F1.2L・USM 
Elmar90mm/F4(L) 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
ULTRON40mm/F2SL 
CANON・LENS85mm/F1.9 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・HSM 
SIGMA・17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
EF50mm/F1.8II 
APO-LANTHAR90mm/F3.5SL 
M.ZUIKO・DIGITAL45mm/F1.8 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
SIGMA60mm/F2.8DN 
COLOR・HELIAR75mm/F2.5SL 
AUTO・REVUENON55mm/F1.4 
SIGMA30mm/F1.4EX・DG・HSM 
DistagonT*35mm/F2.8MMJ 
Ai・AF・NIKKOR35mm/F2D 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm/F1.4ASPH. 
EBC・FUJINON50mm/F1.4(前期型) 
SMC・PENTAX-F35-80mm/F4-5.6 
DT50mm/F1.8SAM 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
Lumaxar80mm/F3.5 
PENTAX・LENS5.0-50mm/F3.2-5.9 
SP・AF17-50mm/F2.8(A16P) 
Planar75mm/F3.5 
YASHINON・DS-M50mm/F1.7 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.7 
EF40mm/F2.8STM 
PlanarT*100mm/F2MMG 
PlanarT*45mm/F2(G) 
YASHICA・ML55mm/F2.8MACRO 
HEXANON・AR50mm/F1.7(前期型) 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6ALII 
SP・AF90mm/F2.8Di・MACRO1:1 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAM 
COSINON-S50mm/F2 
Makro-Planar・T*100mm/F2.8AEG 
RIKENON・P55mm/F1.2 
SP・AF17-50mm/F2.8XR・DiIIVC 
D・FA・MACRO100mm/F2.8WR 
NOKTON58mm/F1.4SLII 
SAMYANG35mm/F1.4Aspherical・IF 
XR・RIKENON50mm/F1.7 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
ZENZANON・MC75mm/F2.8 
ZENZANON・PS40mm/F4 
AUTO・RIKENON・EE50mm/F1.7 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5 
Biometar80mm/F2.8(MC?) 
Zunow・Zuminor75mm/F3.5 
LUMIX・G・VARIO14-45mm/F3.5-5.6ASPH.MEGA・O.I.S. 
EF35mm/F2 
Xenar75mm/F3.5 
Makro-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
AUTO・REVUENON50mm/F1.9 
NFD50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-FA43mm/F1.9Limited 
MC・FLEKTOGON20mm/F2.8 
CULTAGON・electric35mm/F2.8 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4(A05) 
SAMYANG14mm/F2.8ED・AS・IF・UMC 
SIGMA・ZOOM24-135mm/F2.8-4.5 
SMC・PENTAX-FA35mm/F2AL 
LEICA・DG・MACRO-ELMARIT45mm/F2.8ASPH./MEGA・O.I.S 
HEXANON・AR50mm/F1.7 
Mamiya・N65mm/F4L 
SonnarT*90mm/F2.8(G) 
Super-Takumar50mm/F1.4 
ZUIKO・AUTO-T100mm/F2 
TAMRON・SP・AF28-75mm/F2.8(A09) 
ROKKOR75mm/F3.5 
RICOH・LENS・S10・24-72mm/F2.5-4.4VC 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(前期型) 
ZENZANON・PS180mm/F4.5 
Super-Multi-Coated・BELLOWS-TAKUMAR100mm/F4 
XF14mm/F2.8R 
EF50mm/F1.8STM 
SMC・PENTAX-DA50-200mm/F4-5.6ED 
AUTO・REVUENON50mm/F1.8 
LUMIX・G14mm/F2.5ASPH. 
MC・BIOMETAR80mm/F2.8 
COSINA35-70mm/F3.5-4.8MC・MACRO 
M.ROKKOR40mm/F2 
S-Planar・T*60mm/F2.8AEG 
COLOR-ULTRON50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-A・ZOOM35-70mm/F3.5-4.5 
ULTRON40mm/F2SLII 
KONI-OMEGA・HEXANON90mm/F3.5 
TOMIOKA・AUTO・YASHINON55mm/F1.2 
Auto-Topcor58mm/F1.4 
BiogonT*28mm/F2.8(G) 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4SC 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX・DG 
PlanarT*50mm/F1.4ZS 
HEXANON85mm/F3.5 
COSINA24mm/F2.8MC・MACRO 
COLOR-YASHINON・DX45mm/F1.7 
SIGMA30mm/F1.4EX・DC・HSM 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(後期型) 
CF・Distagon・FLE50mm/F4 
AUTO・YASHINON-DS20mm/F3.3 
C・Biogon・T*21mm/F4.5ZM 
AF-S・NIKKOR24-85mm/F3.5-4.5G・ED・VR 
NIKKOR-T10.5cm/F4(改) 
Biometar80mm/F2.8(SC) 
EF50mm/F1.8 
SUMMICRON50mm/F2(II) 
PORST・COLOR・REFLEX・MC・AUTO50mm/F1.7 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(N) 
SMC・PENTAX67・45mm/F4 
ULTRA・WIDE-HELIAR12mm/F5.6Aspherical 
PlanarT*50mm/F1.4(N) 
E16mm/F2.8 
P.ANGENIEUX・PARIS・TYPE・X1・75mm/F3.5 
Planar・80mm/F2.8 
M.ZUIKO・DIGITAL25mm/F1.8 
PYCCAP20mm/F5.6 
W・NIKKOR-C35mm/F2.5 
FD35mm/F2 
NIKKOR-P・C75mm/F2.8 
YASHICA・ML21mm/F3.5 
XR・RIKENON45mm/F2.8 
XF18mm/F2R 
MC-JUPITER-9・85mm/F2 
ZENZANON・PS40mm/F4 
SUPER・WIDE-HELIAR15mm/F4.5ASPHERICAL 
TessarT*45mm/F2.8MMJ・100Jahre 
SUMMICRON-C40mm/F2 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
ZENZANON・PS110mm/F4.5MACRO(1:1) 
EF135mm/F2.8SOFTFOCUS 
RICONAR80mm/F3.5 
ARSAT30mm/F3.5 
SEKOR65mm/F6.3 
MINOLTA・AF50mm/F1.7(N) 
TOPCOR50mm/F3.5 
SUMMARON35mm/F3.5 
SMC・PENTAX-M50mm/F1.4 
ZUIKO・MC・AUTO-S50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
PlanarT*85mm/F1.4AEG 
SIGMA18-50mm/F2.8-4.5DC・OS・HSM 
AUTO・YASHINON・DS-M50mm/F1.4 
SMC・TAKUMAR55mm/F1.8 
SIGMA70mm/F2.8MACRO・EX・DG 
MD・ROKKOR-X45mm/F2 
ZENZANON150mm/F3.5 
XF35mm/F1.4R 
S-M-C・TAKUMAR55mm/F1.8 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
AF-S・NIKKOR・DX・ED18-55mm/F3.5-5.6GII 
Ai・NIKKOR28mm/F2.8S 
M.ZUIKO・DIGITAL・ED14-42mm/F3.5-5.6 
SIGMA 
AUTO・YASHINON-DS50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.9 
SUPER-KOMURA50mm/F3.5 
NORITAR80mm/F2 
ROKKOR-QF40mm/F1.7 
HEXANON・AR50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-A28mm/F2.8 
ZENZANON・PS65mm/F4 
SEKOR65mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.7 
G.ZUIKO・AUTO-S55mm/F1.2 
YASHICA・DSB50mm/F1.9 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F3.5-5.6 
COSINA55mm/F1.2MC 
FUJINON55mm/F1.8 
AUTO・GAF50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
30mm/F2.8 
AUTO-FLEX50mm/F1.7 
LENZ 
SERIES-E100mm/F2.8 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.4 
Distagon25m/F2.8MMJ 
YASHICA・ML50mm/F1.9c 
Vario-SonnarT*40-80mm/F3.5AEG 
XR・RIKENON50mm/F2(前期型) 
XR・RIKENON50mm/F2L 
AUTO・YASHINON50mm/F2 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F2 
SUPER-EBC・FUJINON・ZOOM28-56mm/F4.5-7.5 
YASHICA・ML50mm/F2 
PlanarT*50mm/F1.7MMJ 
AF-S・NIKKOR50mm/F1.8G・Special・Edition 
Sonnar100mm/F3.5AEJ 
NIKON・LENS28mm/F3.5 
CANON・TV・LENS50mm/F0.95 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAMII 
MACRO・SEKOR60mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF58mm/F1.4 
FD100mm/F2.8S.S.C. 
T-22・75mm/F4.5 
S-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
HEXAR35mm/F2 
SMC・PENTAX-DFA50mm/F2.8MACRO 
SP・AF70-300mm/F4-5.6Di・VC・USD 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F4-5.6 
iPhone4S 
Vario-SonnarT*28-80mm/F3.5-5.6 
HEXANON・AR35mm/F2.8 
AUTO・CHINON55mm/F1.7 
CHIYOKO・ROKKOR75mm/F3.5 
NFD135mm/F2.8 
Opton-Tessar75mm/F3.5 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
NFD70-210mm/F4 
SIGMA-Z24mm/F2.8 
SUMMILUX50mm/F1.4(II) 
CREATOR35mm/F2 
Auto-Takumar55mm/F1.8 
MINOLTA・AF24-50mm/F4 
PENTAX-M50mm/F1.7 
PENTAX645-A・35mm/F3.5 
SIGMA・APO70-300mm/F4-5.6DG・MACRO 
MINOLTA・AF28-80mm/F3.5-5.6 
ZENZANON-S105mm/F3.5 
SMC・PENTAX-A70-210mm/F4 
MINOLTA・AF35-105mm/F3.5-4.5 
MD・ROKKOR50mm/F1.4 
ZENZANON・MC40mm/F4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4Di・LD・ASP 
YASHICA・DSB55mm/F2 
COSINA20mm/F3.8MC 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
NFD100mm/F2 
F.Zuiko32mm/F1.7 
NFD28mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF50mm/F1.7 
D.Zuiko28mm/F3.5 
F.ZUIKO40mm/F1.7 
EF28-105mm/F3.5-4.5USM 
MC・W.ROKKOR-PF28mm/F2.8 
MC・TELE・ROKKOR-PF100mm/F2.8 
DistagonT*18mm/F4MMG 
Ai・NIKKOR50mm/F1.8S 
Super-Takumar105mm/F2.8 
SUPER-FUJINON8.3mm/F2.8 
G.ZUIKO・AUTO-S50mm/F1.4 
Super-Takumar50mm/F1.4(8枚玉) 
EF-S・18-55mm/F3.5-5.6IS/ 
70mm/F2.8 
MACRO 
M.ZUIKO・DIGITAL14-42mm/F3.5-5.6IIR 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH.POWER・O.I. 
EX 
OLYMPUS・BCL-1580 
MIR26B45mm/F3.5 
COLOR-HELIAR105mm/F3.5 
YASHIKOR80mm/F3.5 
DG 
SonnarT*85mm/F2.8AEJ 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm・F1.4ASPH. 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
Zeiss・Opton・Tessar80mm/F2.8 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5  
EF28mm/F2.8 
YASUHARA・MADOKA7.3mm・F4 
PENTAX-A645ZOOM80-160mm/F4.5 
・POWER・O.I.S. 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH. 
ZENZANON・PE75mm/F2.8 
Auto-Cintar55mm/F1.7 
XR・RIKENON・ZOOM35-70mm/F3.5MACRO 
AUTO・CHINON50mm/F1.9 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL 
ZUIKO・AUTO-MACRO90mm/F2 
Ai・NIKKOR85mm/F1.4S 
Tokina・SD70-210mm/F4-5.6 
OSAWA・MC28-50mm/F3.5-4.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F2 
CANON・LENS40mm/F1.7 
PlanarT*50mm/F1.4ZF 
NIKKOR-H・C75mm/F2.8 
SP・AF90mm/F2.8MACRO1:1(172E) 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
EBC・FUJINON・SW65mm/F5.6 
STM 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4MC 
Sonnar85mm/F2.8AEJ 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(I) 
COSINA70-210mm/F4・MC・MACRO 
YASHICA・ML・ZOOM35-105mm/F3.5-4.5 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX 
SMC・PENTAX-M120mm/F2.8 
XF18-55mm/F2.8-4R 

CAMERA

ROLLEIFLEX 2.8A (1)
ROLLEIFLEX 2.8C (4)
ROLLEIFLEX 3.5F (11)
ROLLEIFLEX AUTOMAT (6)
ROLLEICORD IV (1)
ROLLEICORD Vb (3)
MINOLTA AUTOCORD (7)
KONIFLEX (5)
YASHICAFLEX (2)
YASHICA MAT (12)
RICOHFLEX NEW DIA (3)
SEMFLEX (4)
LUBITEL 166B (2)
HASSELBLAD 500C/M (4)
BRONICA EC (22)
BRONICA SQ-A (20)
BRONICA SQ-Am (3)
PENTACON SIX TL (4)
NORITA66 (3)
MAMIYA C220 (3)
MINE SIX IIF (8)
PENTAX6X7 (4)
MAMIYA 7II (6)
KONICA PRESS (5)
FUJI GSW690 (1)
MAMIYA PRESS SUPER 23 (3)
BESSAII (1)
BRONICA ETR-Si (1)
CANON New F-1 (17)
CANON A-1 (2)
CANON EOS5 (8)
CANON EOS55 (1)
CANON EOS Kiss III L (2)
CANON CANONET QL17 (1)
NIKON F3HP (1)
NIKON EM (1)
NIKON AF600 (2)
PENTAX KX (5)
PENTAX MX (5)
PENTAX ME (1)
PENTAX ME SUPER (8)
MINOLTA XG-S (2)
MINOLTA New X-700 (8)
MINOLTA α-7 (10)
MINOLTA α-507Si (2)
MINOLTA α-SWEET (2)
MINOLTA Hi-MATIC E (3)
CONTAX RTS (2)
CONTAX RTSII (4)
CONTAX RX (5)
CONTAX N1 (6)
CONTAX G1 (9)
OLYMPUS SIX RIIB (1)
OLYMPUS OM-4 (4)
OLYMPUS OM-2SP (7)
OLYMPUS OM10 (1)
OLYMPUS 35DC (1)
OLYMPUS PEN EE2 (1)
OLYMPUS PEN EED (1)
YASHICA ELECTRO 35 GTN (4)
VOIGHTLÄNDER BESSA R (2)
VOIGHTLÄNDER BESSA R3A (1)
KONICA FTA (2)
KONICA HEXAR (2)
FUJI TIARA ZOOM (2)
FUJI FinePix4500 (1)
PENTAX K10D (13)
PENTAX K-5 (180)
PENTAX K-5 IIs (13)
PENTAX K-3 (15)
PENTAX Optio RZ10 (12)
SONY α300 (22)
SONY α350 (6)
SONY α550 (10)
SONY α33 (8)
SONY α77 (4)
SONY NEX-5 (120)
SONY NEX-5N (184)
SONY α6000 (110)
PANASONIC LUMIX GF2 (14)
PANASONIC LUMIX GX1 (15)
PANASONIC LUMIX GX7 (9)
OLYMPUS E-PL5 (74)
OLYMPUS OM-D EM-5 (4)
RICOH GXR (113)
RICOH GXR MOUNT A12 (17)
FUJI X-E1 (26)
FUJI X-E2 (7)
FUJI X-A1 (3)
FUJI X-M1 (5)
SIGMA SD15 (24)
SIGMA DP1x (25)
SIGMA DP2 Merrill (61)
SIGMA DP3 Merrill (31)
NIKON D200 (12)
NIKON D7100 (30)
NIKON D810 (4)
CANON EOS 40D (11)
CANON EOS 50D (49)
CANON EOS 60D (2)
CANON EOS 7D (28)
CANON EOS 5D MarkII (300)
iPhone 4S (3)
iPhone 6 (5)
未分類 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。