続改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西湖

kujira945さんに叱られたので今日も更新(^^)ゞ

写真は昨日の撮影です。西湖畔から眺めた紅葉ですが、気持ち早かったですね。1週間後くらいのほうが見頃だと思います。

昨日は甲府に住む知人夫婦を訪ねたのですが、富士五湖をまわって紅葉を眺め、温泉に浸かり、旨いものを食べてという贅沢な1日を過ごしました。同行者がいましたので撮影は二の次で、ほんの数カット撮っただけです。

ところで中央道富士吉田ICから富士五湖に向かったですが、高度をあまり意識しませんでしたが結構と冷え込みました。手がかじかむくらいの冷え込みでしたので、早々に温泉へと向かったのですが、上九一色村から甲府へは下り坂で、下りてみると暖かいではないですか。めざす温泉が富士五湖周辺にあったらよかったのですが。

例年出かけている箱根も今年は都合がつかないので参加をパスしました。ロープウェイが一部運転再開したという報に接していますが、どこかのタイミングで出かけたい気もあります。

CANON EOS 7D + SIGMA C 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO HSM

_MG_3035.jpg


スポンサーサイト
  1. 2015/11/01(日) 20:49:41|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:2

天津市(20)

今月初めての更新です、って月末にですが・・・ (-_-;)

実は先日、また天津に出かけてきました。今回はたっぷり働かされました・・・(´ω`;) 写真は天津文化センター(天津文化中心)の博物館内です。ちなみにSIGMA 17-70mmはContemporaryを入手しました。解像感は高いですが、色収差は小さめですが出現しますね。

ところで少し前のことですが、習近平国家主席はアメリカを訪問しボーイング社から航空機300機を購入すると発表しました。スケールが違いすぎます。スカイマーク社がエアバス社より購入契約の解除を通告され経営破綻しましたが、発注は1/50の6機です。もっともボーイング社は中国に海外工場を建設することを発表していて、アメリカへの単なるお土産ということではなさそうです。

で、この天津文化センターも翳りが見えているとはいえ中国の経済発展の勢いを感じさせる建築物です。デカいですし、意匠も凝っています。ところが施工技術はあまり高くなさそうで、建物前面の敷石は割れたものが多く見られますし、トイレなど衛生機器の設置ではコーキングする際に養生テープを貼らないようで、もっこりした部分やはみ出た部分が多く見受けられます。5つ星のホテルでもそうです。日本製品も高度成長期までは粗悪品の代名詞のように言われていたわけですが、日本と同じように中国の品質管理が向上すれば、もはや太刀打ちできないでしょう。そうした時期が早く到来するかもしれません。

CANON EOS 7D + SIGMA C 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO HSM

_MG_2816.jpg

_MG_2819.jpg


  1. 2015/09/30(水) 21:09:42|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:8

渋谷区神宮前(1)

天津は少しお休みにして、新しいレンズのことを書きます。EF 50mm/F1.8 STMです。最近、カメラ屋に行けないものですから物欲がトンと落ちているのですが、このレンズだけは別です。時間ができたので買いに行きました。

先代が安価でありながらも非常によく写るレンズでしたが、新型も期待を裏切らない価格設定と性能だと思います。新型では外装デザインの変更、マウントの金属化、フルタイムAF化、7枚の絞り羽根、STM採用などブラッシュアップされた変更点は嬉しい限りですが、実際に撮影してみて強力に感じたのは最短距離が35cmになったことでした。今回は7Dで撮っていますので換算80mm、それでいて35cmまで寄れるのは凄いことです。

レンズ構成は先代同様の5群6枚。設計は同一とされていますが、実際の画像も収差の傾向など先代を思わせるものでした。色収差は赤、緑とも出ますが、Lightroomでの修正は容易です。白は滲みがちで私は好きな性格なのですが、ハイライトですからそこに色収差が現れるのは仕方がないでしょうか。2枚目は最短で撮っていますが、奥の花弁は自然な描写ですが、手前の花弁はブレたような不自然な描写です。開いたシーンでも合焦部の解像感は高く感じます。

某サイトを見ると売れ筋ランキング1位とのことで、価格と性能のバランスが支持されているのでしょう。ディスコンにならずに併売されている1.8IIも依然として24位というのもさすがです。こうなるとF1.4の新型がどうなるのか気になりますね。

CANON EOS 7D + EF 50mm/F1.8 STM

_MG_1618.jpg

_MG_1607-2.jpg

_MG_1590.jpg

_MG_1563.jpg


  1. 2015/06/26(金) 19:07:35|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:2

東伊豆町

熱川温泉です。週末に出かけてきました。中国に行ったり伊豆に行ったりと、家で落ち着く暇がありません。今週半ばからまた天津です (´ω`;) その後も何回か行きそうな気配です (-。-;)

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

_MG_0905-2.jpg



  1. 2015/06/08(月) 08:32:47|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:2

天津市(5)

突然ですが明後日からまた天津に行くことになりました (´ω`;) 来週半ばにいったん帰国して1週間後にまた行きます (ノД`;)  観光ならよいのですが、建物のなかで缶詰ですからね。頑張って仕事を早く終えれば1日くらい撮影できる日があるかもしれません。

ということでやや強引なところもありましたが連続して更新してきた記事も、明後日からしばらくお休みさせていただくことになるでしょう。現地から更新できればよいのですが、なんとFC2、excite、Googleへのアクセスは事実上できません。Googleの規制は日本でも報道されていますからご存じでしょうが、FC2はエロサイト規制でしょうね。exciteがよく判りません。WiFiルーターをレンタルして意気込んでもアクセスできないサイトが多いので、今回も私のiPhoneは電話機能だけです。通話もまた高いんだ・・・(-_-;)

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

20150523-_MG_0227.jpg

20150523-_MG_0296.jpg

20150523-_MG_0301.jpg

20150523-_MG_0362.jpg

20150523-_MG_0385.jpg

20150523-_MG_0414.jpg

20150523-_MG_0432.jpg

20150523-_MG_0434.jpg

20150523-_MG_0439.jpg


  1. 2015/05/28(木) 23:01:24|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:8

天津市(4)

街にはベンツやアウディなど高級車も走っているのですが、総数から見た割合は低いです。日本のほうが多いでしょうね。
ワーゲンのサンタナを何台も見ましたね。他はヒュンダイなど韓国車、不明な車も多かったです。日本車も見ましたが総数からすると販売は厳しいのではないかと推測します。

 ※サンタナはWikipediaに「中華人民共和国では現在まで製造・販売される「国民車」的存在」との記述がありました。

最後の写真ですが、建物の補修工事で足場が組まれているわけです。歩行者の頭上の板を見てください。この上を職人が歩くとミシミシと結構な音でして、いまの日本ですとほとんど金属製に置き換えられているのではないかと思うのですが、下を歩くだけでもなかなかスリルがありますね(笑)

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

20150522-_MG_0177.jpg

20150522-_MG_0179.jpg

20150522-_MG_0136.jpg

20150522-_MG_0125.jpg

20150522-_MG_9998.jpg

20150522-_MG_9995.jpg

20150522-_MG_0186.jpg


  1. 2015/05/27(水) 23:55:00|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:2

天津市(3)

少し生活感が出ているシーン・・・かな?(^^:) 1枚目は小学校そばの駄菓子屋です。2人の少年はお金を握りしめていました。それと6枚目のように小さな窓を商品の受け渡し口にしている店がいくつもありました。写真のところは裁縫店ですが、食料品をこうした小さな窓から渡している店もありましたね。

いずれも商売をしているところは歴史的建築物であるということを認識してください。歴史的建造物として保全するという指定はしたのだけれども、実際は内部を含めて保全していけるような状況ではないのでしょうね。そりゃあ住民が居れば無理ですわ ( ´,_ゝ`)プッ 

以下、感じたことの続き。

実は到着した日の夜に、現地の人の案内で20~30kmほど北に行ったのです。市内中心部を出ると道の状態はかなり悪いです。舗装が傷んで凸凹になっても補修が追いつかないのか、やらないのか? で、街道に面して店が建ち並んでいるのですが、まるで昭和30年代の日本の光景ですね。スラムをいくつも見ました。もう感動的な光景でしたね。本当は市内よりもそこで撮りたかったのですが、道を急ぐために果たせませんでした。来月の訪中時にチャンスがあれば、ぜひ!

で、街道で一軒だけですがたぶん風俗店を発見しました。極めて妖しい看板の絵で、「成人温泉」とか書かれていました。社会主義国ですし、市内には風俗店らしきものを見ませんでした。ところがどうも存在するようです。マッサージ店が怪しいみたいです。まあ日本にも多いアレでしょうか。デリヘルはあるみたいですし、人が大勢いるところに性を商売にするものがないわけはないです。

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

20150522-_MG_0077-2.jpg

20150522-_MG_0048.jpg

20150522-_MG_0046.jpg

20150522-_MG_0029.jpg

20150522-_MG_0014.jpg

20150522-_MG_0001.jpg

20150522-_MG_0019.jpg

20150522-_MG_0052.jpg
  1. 2015/05/26(火) 22:34:39|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:4

天津市(2)

まだ綺麗な光景ですヾ(´▽`;)ゝ

以下、感じたことを綴ります。

天津の大気はかなり汚れていると感じました。十数年前にバンコクに行ったときに交通量の多さによることと、そもそも排気ガス規制が日本より緩いのだろうと思いましたが、街の空気はかなり厳しかったです。ところが天津の場合は排気ガスというよりも大気全体が汚れているように感じました。PM2.5でしょう。WEBでPM2.5分布予測を見ると日本が薄い青=少ない状況なのに、中国大陸は真っ赤=極めて多いという状況です。実際、車の汚れ方が半端ではなかったです。洗車していない、手入れをしていないという感じではなく、おそらく洗車してもすぐに汚れてしまうのではないでしょうか。泥道を走行した際の汚れ方ではなく、ボディ全体に薄く汚いベールがかかったようでしたね。

それと車の通行量はかなり多いです。広い道路も結構あるのに渋滞が多かったですね。かつ運転が半端でなく乱暴というかクレージーです(笑) 歩行者も交通量の多い道で横断歩道のないところを堂々と横断しますし、やたらクラクションを鳴らす運転手が多いです。渋滞緩和と大気汚染対策のため、一昨年に天津市は自動車購入制限策を導入したようですが、効果がどの程度あったのでしょうか? また二輪車ではガソリン車が走行禁止のようで、実際に走行している二輪車はすべて電気モーターによるものでした。自転車も数多く利用されていますが、老朽化したママチャリが多く、スポーツタイプの自転車を見かけたのはわずかでした。

ちなみに私は天津で車を運転する自信がまったくありません (* ̄∇ ̄*)


CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

20150520-_MG_9723.jpg

20150520-_MG_9729.jpg

20150520-_MG_9758.jpg

20150520-_MG_9760.jpg

20150520-_MG_9762.jpg


  1. 2015/05/25(月) 22:49:42|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:2

天津市(1)

仕事で急に天津に行くことになりました。房総半島の天津小湊ではないですよ(笑)  中国の天津です。初めての訪中で予備知識はまったくなし。現地でも地図を見ず、帰国後にWEBで確認したのが実態です (´ω`;)

宿泊先は天津市和平区のホテルなのですが、ほとんど仕事漬けで、周辺の五大道地区を合わせて数時間散策した程度です。ここが清朝時代にアロー戦争後の天津条約で英仏など9カ国の租界となり、いまも200数十の建築物が残っていることなど露程も知りませんでした。

五大道の実態についてWEBでも丁寧に解説しているところはそう多くはありませんが、予備知識がなくとも歩き、見ると推測できることがあります。旧租界は2005年に歴史風貌建築区として天津人民政府により指定され、ここにある歴史的建造物は保護されています。ところが横浜や神戸にある西洋館とは異なり、内部が開放され鑑賞できるものは少なく、人が住み着いてしまった(許可、賃貸については不明)ところが非常に多いです。その人びとが飲食店や生活関連の商売をここで営んでいるのです。横浜の西洋館に下町の人びとが居住し、商売している姿を思い描いてくださいヾ(´▽`;)ゝ

今日の記事で掲載した写真は、綺麗なシーンを中心にまとめています。記事を重ねるごとにディープさは色濃くなりますので乞うご期待 (爆)

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

_MG_9700.jpg

_MG_9702.jpg

_MG_9705.jpg

_MG_9708.jpg

_MG_9717.jpg

_MG_9725.jpg

_MG_9726.jpg

_MG_9731.jpg

_MG_9734.jpg

_MG_9736.jpg


  1. 2015/05/24(日) 11:56:50|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:6

井の頭公園(9)

CANON EOS 7D + SAMYANG 14mm/F2.8 ED AS IF UMC

_MG_9359.jpg


  1. 2015/05/23(土) 21:30:00|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

井の頭公園(8)

CANON EOS 7D + SAMYANG 14mm/F2.8 ED AS IF UMC

_MG_9296.jpg



  1. 2015/05/22(金) 21:30:00|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

井の頭公園(7)

CANON EOS 7D + SAMYANG 14mm/F2.8 ED AS IF UMC

_MG_9347.jpg


  1. 2015/05/21(木) 21:30:00|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

井の頭公園(6)

CANON EOS 7D + SAMYANG 14mm/F2.8 ED AS IF UMC

_MG_9354.jpg


  1. 2015/05/20(水) 21:30:00|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

井の頭公園(5)

CANON EOS 7D + SAMYANG 14mm/F2.8 ED AS IF UMC

_MG_9325-3.jpg


  1. 2015/05/19(火) 21:54:55|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

井の頭公園(4)

目測での撮影ですが、ピントは外していません。私の測距が優秀なのではなく、偏に深度が深いということです (^^)ゞ

CANON EOS 7D + SAMYANG 14mm/F2.8 ED AS IF UMC

_MG_9262-3.jpg

_MG_9268-3.jpg

_MG_9279-3.jpg

_MG_9282.jpg


  1. 2015/05/18(月) 23:21:38|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

井の頭公園(3)

1枚目は歪曲を補正していない画像です(露出等は補正済)。一見、樽型のようにも見えますが、実際は複雑な歪曲です。

CANON EOS 7D + SAMYANG 14mm/F2.8 ED AS IF UMC

_MG_9267.jpg

Lightroomで歪曲補正処理をしても解消は難しいです。
_MG_9267-2.jpg

近接。ファインダーは覗いておらず、距離環で合わせています。
_MG_9257.jpg

3・4枚目ですとパッと見では気づきにくいかもしれません。まあ、できれば直線は入れない方がよいようですね。
_MG_9249.jpg

_MG_9253.jpg


  1. 2015/05/17(日) 23:36:47|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:2

井の頭公園(2)

CANON EOS 7D + SAMYANG 14mm/F2.8 ED AS IF UMC

_MG_9300.jpg

_MG_9313.jpg

_MG_9318.jpg


  1. 2015/05/16(土) 23:43:00|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

井の頭公園(1)

新兵器です。SAMYANGが比較的早い時期に販売開始をした超広角レンズですが、AFではなくMFです。EFマウントではなくFマウントを入手して、CANON機にはアダプター使用で装着したほうがよかったですね。いずれFマウントと置き換えるかもしれません。

陣笠状歪曲の大きさ、酷さ(笑) は聞いていましたが、建築物を撮るのでなければ大丈夫だろうという読みです。歪曲はデジタル補正でも完全に修正するのは難しいかもしれません。狙いは評価の高い解像力なのです。

撮影時はEOS 7Dに装着しているので換算22mmになるのですが、EOS 7Dのファインダーで合焦させるのはかなり厳しいです。厳密にピントを出したいのであればライブビューでの撮影が妥当なのでしょうが、そうなるともはや私の撮影スタイルではなくなるので、実際には距離指標をもとに、いわば目測機と同様の撮り方をしています。深度も深いですし、絞れば実用上は距離指標による撮影でも問題はなさそうです。ただしレンズに被写界深度指標がないのが残念なところです。実際には経験値でカバーできると思いますが。

解像力は巷間評価どおりです。かなりの解像力ですね。撮影日は曇天で、強いハイライトが拾えていませんが、色収差がどんな塩梅か後日確認します。歪曲はかなりのもののようですので、縦横線のはっきりした正面からの構図は向かないでしょうね。

CANON EOS 7D + SAMYANG 14mm/F2.8 ED AS IF UMC

_MG_9274-2.jpg

_MG_9232-2.jpg

_MG_9229.jpg

_MG_9238-2.jpg


  1. 2015/05/15(金) 23:38:08|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:4

千代田区西神田~三崎町(3)

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

_MG_9595.jpg

_MG_9600.jpg

_MG_9603_201505142340265ec.jpg


  1. 2015/05/14(木) 23:41:12|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

千代田区西神田~三崎町(2)

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

_MG_9588.jpg

_MG_9587.jpg

_MG_9594.jpg


  1. 2015/05/13(水) 23:02:40|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

千代田区西神田~三崎町(1)

またしても・・・<(_ _)> MaSuKo1353と120リールの新品2個!(^^)ゞ

IMG_1278.jpg

写真は神田の続き。

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

_MG_9586.jpg

_MG_9572.jpg

_MG_9575.jpg


  1. 2015/05/12(火) 22:18:28|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

千代田区猿楽町~神保町

猿楽町、神保町、西神田、三崎町と入り組んだところを歩いているのでタイトルは厳密ではありません。最後の写真の店は改装されて飲み屋になっていました。

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

_MG_9549-3.jpg

_MG_9561.jpg

_MG_9566.jpg

_MG_9564.jpg


  1. 2015/05/11(月) 22:13:41|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

千代田区神田駿河台(2)

明治大学も新しい校舎に変わりずいぶんと一帯の印象が変わりました。明大、山の上ホテルを眺め錦華公園から神保町に入るコースです。錦華小学校は明治6年に開校し、夏目漱石が第1期生として学んだところですが、統廃合でお茶の水小学校となっていました。

写真は1枚目だけは周辺を落としています。シンメトリーになるように撮ったつもりでしたが、敷石を見るとそうではなかったのですね。

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

_MG_9523.jpg

_MG_9514.jpg

_MG_9528.jpg

_MG_9544.jpg

_MG_9535.jpg


  1. 2015/05/10(日) 21:19:53|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:2

千代田区神田駿河台(1)

そして駿河台。ここも本郷での学生時代のアルバイト、その後に就職した会社が在ったりと、20台の大半を過ごしたところです。しかし最近は足を伸ばさなくなりました。

1枚目、ここからもスカイツリーは見えるのでした。実は押上までそれほど距離はないですね。駿河台から上野は近いし、そこから浅草、押上まではすぐです。

2枚目、真逆光の構図。ハイライトをかなり下げていますが、おかげで空は核兵器が爆発したかのよう(^^)ゞ さすがにゴーストが凄いです。もちろんファインダーでも確認できます。

3枚目のようにわずかに振った構図でないと、ゴーストはかわせないのでした。

4枚目はお茶の水橋から西側の定番光景ですが、駅の工事はここまで及んでいて、たしか水道橋駅近くまでこうした状態です。

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

_MG_9473.jpg

_MG_9490.jpg

_MG_9493.jpg

_MG_9507.jpg


  1. 2015/05/09(土) 22:42:12|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

千代田区神田淡路町

いつもの昌平橋。御茶ノ水駅の工事がここにも及んでいるのですね。神田川に迫り出さないとは思いますが、完成後が少し心配。右岸に見える木造建物群がある限りここで撮るつもりです。現代的なビル群になったら落胆するでしょう。

ところで2枚目は万世橋駅跡だとばかり思い込んでいたら昌平橋駅跡なのだと知りビックリ。短命に終わった駅のようです。

淡路町は大学を卒業して2年間くらい、ですので1980年代初期ですが、ある研究会の事務所がありほぼ毎週通っていました。淡路公園のそばでしたが、いま当時の佇まいを残すものは僅かですね。

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

_MG_9455.jpg

_MG_9444.jpg

_MG_9468.jpg

_MG_9470.jpg


  1. 2015/05/08(金) 22:22:27|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

千代田区神田須田町(2)

しばらく行かなかったら万世橋駅跡が変貌を遂げていました。マーチエキュート神田万世橋(mAAch ecute)というのだそうです。ショップはカフェやレストランが中心で秋葉原・神田らしくなくお洒落な感じです(笑)  しかしショップに興味がない私が嬉しかったのは、神田川沿いにデッキが設置され親水性が高くなったことです。これまで神田川は橋からしか眺めることができなかったので、新たなポイントとして歓迎したいです。最後の写真はデッキから撮影しています。

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

_MG_9399.jpg

_MG_9418.jpg

_MG_9410_20150507234425151.jpg

_MG_9429.jpg

_MG_9422.jpg
  1. 2015/05/07(木) 23:47:05|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

千代田区神田須田町(1)

そういえばこの撮影をしているときに柳森神社で遭った男性はNIKON FTNで撮っていました。黒ではなく白でしたね。プリズムが腐食していないか、メーターが生きているのかは判りませんがヾ(´▽`;)ゝ 実は私も1カ月くらい前から、近々撮ろうと思い黒と白のFTNをそばに出したところでした。

そうかと思うと、今日は高円寺で某社製TLRの試写を行ったのですが、フィルムで撮っている若いカップルとすれ違いました。男性は135判でペンタ部の尖った機種ですが何かは不明。女性が凄くてNEW MAMIYA 6でした。最近は人気ですし、中古価格も高くなっていますね。じっくり見たかったのですが、こちらの機材が恥ずかしいので、急いで遠ざかりました(笑)

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

_MG_9396.jpg

_MG_9394.jpg

_MG_9393.jpg


  1. 2015/05/06(水) 23:42:30|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:4

千代田区神田岩本町~神田須田町

もう十数年以上になるのですが、理髪店通いで月に一度は出向く岩本町。先週出かけたときは、夜に神楽坂で所用がありましたので、岩本町から神楽坂まで撮り歩きました。結構な距離のように思えますが、せいぜい4km前後でたいしたことはありません。

今日の写真の場所は岩本町駅の西側、秋葉原駅の南側、神田川の南の道を東から西に撮り歩いています。この辺は江戸時代に柳原土手と言われていたところのおそらく西端だろうと思います。柳原土手は時代小説では夜鷹が現れるところで、当時は薄暗い妖しげなところだったのでしょうか。東端は大川手前の浅草橋くらいまで神田川南側に土手があったようです。

いまは往事の面影はありませんが、周辺は看板建築の木造住宅がまだ何軒か残っていたり、ビル群を背景に柳森神社があったりして、江戸の香りではなく、昭和の香りが僅かに残るところです。おそらくバブル期以前でしたら木造建築物も多く残っていたのでしょうが、神田はバブル期に地上げで街がかなり変わりましたので、昭和を感じさせるものも随分少なくなっています。


この日の機材はEOS 7D。現行のMarkIIではなく初代です。そろそろ初代も程度のよいものが少なくなるだろうということで先日入手しました。外観はかなりの美品だったのですが、シャッター枚数は5,000カットを超えていましたので、連写する人が使っていたのでしょうか? やはりそういう使われ方をする機種なのですね。

50Dとは異なりしっかりとした造りであると聞き及んでいましたが、いまのところそれを強く感じません (^^:) センサーもローパスレスを見慣れていますから、数年前のベイヤー配列センサーに驚くことはありません。連写もしませんし。となると私にとって7Dのメリットとは何でしょうか?ヾ(´▽`;)ゝ

CANON EOS 7D + SIGMA 17-70mm/F2.8-4 DC MACRO OS HSM

_MG_9361.jpg

_MG_9363.jpg

_MG_9368.jpg

_MG_9374.jpg

_MG_9377.jpg

_MG_9387.jpg

_MG_9388.jpg


  1. 2015/05/05(火) 23:01:51|
  2. CANON EOS 7D
  3. | コメント:0

プロフィール

cucchi3143

Author:cucchi3143
前ブログ:改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿
前々ブログ:ふぁんき~な病人馬鹿一代記

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

時計

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

LENS

GR・LENS・A12・28mm/F2.5 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
SIGMA30mm/F2.8EX・DN 
E・PZ16-50mm/F3.5-5.6OSS 
LUMIX・G20mm/F1.7ASPH. 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
GR・LENS・A12・50mm/F2.5MACRO 
PlanarT*50mm/F1.4AEJ 
E50mm/F1.8OSS 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL・WR 
SIGMA・LENS16.6mm/F4 
SIGMA・Art30mm/F1.4DC・HSM 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
E18-55mm/F3.5-5.6OSS 
DT35mm/F1.8SAM 
XF18-55mm・F2.8-4R・LM・OIS 
PlanarT*35mm/F2(G) 
EF50mm/F1.2L・USM 
Elmar90mm/F4(L) 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
ULTRON40mm/F2SL 
CANON・LENS85mm/F1.9 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・HSM 
SIGMA・17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
EF50mm/F1.8II 
APO-LANTHAR90mm/F3.5SL 
M.ZUIKO・DIGITAL45mm/F1.8 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
SIGMA60mm/F2.8DN 
COLOR・HELIAR75mm/F2.5SL 
AUTO・REVUENON55mm/F1.4 
SIGMA30mm/F1.4EX・DG・HSM 
DistagonT*35mm/F2.8MMJ 
Ai・AF・NIKKOR35mm/F2D 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm/F1.4ASPH. 
EBC・FUJINON50mm/F1.4(前期型) 
SMC・PENTAX-F35-80mm/F4-5.6 
DT50mm/F1.8SAM 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
Lumaxar80mm/F3.5 
PENTAX・LENS5.0-50mm/F3.2-5.9 
SP・AF17-50mm/F2.8(A16P) 
Planar75mm/F3.5 
YASHINON・DS-M50mm/F1.7 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.7 
EF40mm/F2.8STM 
PlanarT*100mm/F2MMG 
PlanarT*45mm/F2(G) 
YASHICA・ML55mm/F2.8MACRO 
HEXANON・AR50mm/F1.7(前期型) 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6ALII 
SP・AF90mm/F2.8Di・MACRO1:1 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAM 
COSINON-S50mm/F2 
Makro-Planar・T*100mm/F2.8AEG 
RIKENON・P55mm/F1.2 
SP・AF17-50mm/F2.8XR・DiIIVC 
D・FA・MACRO100mm/F2.8WR 
NOKTON58mm/F1.4SLII 
SAMYANG35mm/F1.4Aspherical・IF 
XR・RIKENON50mm/F1.7 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
ZENZANON・MC75mm/F2.8 
ZENZANON・PS40mm/F4 
AUTO・RIKENON・EE50mm/F1.7 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5 
Biometar80mm/F2.8(MC?) 
Zunow・Zuminor75mm/F3.5 
LUMIX・G・VARIO14-45mm/F3.5-5.6ASPH.MEGA・O.I.S. 
EF35mm/F2 
Xenar75mm/F3.5 
Makro-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
AUTO・REVUENON50mm/F1.9 
NFD50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-FA43mm/F1.9Limited 
MC・FLEKTOGON20mm/F2.8 
CULTAGON・electric35mm/F2.8 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4(A05) 
SAMYANG14mm/F2.8ED・AS・IF・UMC 
SIGMA・ZOOM24-135mm/F2.8-4.5 
SMC・PENTAX-FA35mm/F2AL 
LEICA・DG・MACRO-ELMARIT45mm/F2.8ASPH./MEGA・O.I.S 
HEXANON・AR50mm/F1.7 
Mamiya・N65mm/F4L 
SonnarT*90mm/F2.8(G) 
Super-Takumar50mm/F1.4 
ZUIKO・AUTO-T100mm/F2 
TAMRON・SP・AF28-75mm/F2.8(A09) 
ROKKOR75mm/F3.5 
RICOH・LENS・S10・24-72mm/F2.5-4.4VC 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(前期型) 
ZENZANON・PS180mm/F4.5 
Super-Multi-Coated・BELLOWS-TAKUMAR100mm/F4 
XF14mm/F2.8R 
EF50mm/F1.8STM 
SMC・PENTAX-DA50-200mm/F4-5.6ED 
AUTO・REVUENON50mm/F1.8 
LUMIX・G14mm/F2.5ASPH. 
MC・BIOMETAR80mm/F2.8 
COSINA35-70mm/F3.5-4.8MC・MACRO 
M.ROKKOR40mm/F2 
S-Planar・T*60mm/F2.8AEG 
COLOR-ULTRON50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-A・ZOOM35-70mm/F3.5-4.5 
ULTRON40mm/F2SLII 
KONI-OMEGA・HEXANON90mm/F3.5 
TOMIOKA・AUTO・YASHINON55mm/F1.2 
Auto-Topcor58mm/F1.4 
BiogonT*28mm/F2.8(G) 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4SC 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX・DG 
PlanarT*50mm/F1.4ZS 
HEXANON85mm/F3.5 
COSINA24mm/F2.8MC・MACRO 
COLOR-YASHINON・DX45mm/F1.7 
SIGMA30mm/F1.4EX・DC・HSM 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(後期型) 
CF・Distagon・FLE50mm/F4 
AUTO・YASHINON-DS20mm/F3.3 
C・Biogon・T*21mm/F4.5ZM 
AF-S・NIKKOR24-85mm/F3.5-4.5G・ED・VR 
NIKKOR-T10.5cm/F4(改) 
Biometar80mm/F2.8(SC) 
EF50mm/F1.8 
SUMMICRON50mm/F2(II) 
PORST・COLOR・REFLEX・MC・AUTO50mm/F1.7 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(N) 
SMC・PENTAX67・45mm/F4 
ULTRA・WIDE-HELIAR12mm/F5.6Aspherical 
PlanarT*50mm/F1.4(N) 
E16mm/F2.8 
P.ANGENIEUX・PARIS・TYPE・X1・75mm/F3.5 
Planar・80mm/F2.8 
M.ZUIKO・DIGITAL25mm/F1.8 
PYCCAP20mm/F5.6 
W・NIKKOR-C35mm/F2.5 
FD35mm/F2 
NIKKOR-P・C75mm/F2.8 
YASHICA・ML21mm/F3.5 
XR・RIKENON45mm/F2.8 
XF18mm/F2R 
MC-JUPITER-9・85mm/F2 
ZENZANON・PS40mm/F4 
SUPER・WIDE-HELIAR15mm/F4.5ASPHERICAL 
TessarT*45mm/F2.8MMJ・100Jahre 
SUMMICRON-C40mm/F2 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
ZENZANON・PS110mm/F4.5MACRO(1:1) 
EF135mm/F2.8SOFTFOCUS 
RICONAR80mm/F3.5 
ARSAT30mm/F3.5 
SEKOR65mm/F6.3 
MINOLTA・AF50mm/F1.7(N) 
TOPCOR50mm/F3.5 
SUMMARON35mm/F3.5 
SMC・PENTAX-M50mm/F1.4 
ZUIKO・MC・AUTO-S50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
PlanarT*85mm/F1.4AEG 
SIGMA18-50mm/F2.8-4.5DC・OS・HSM 
AUTO・YASHINON・DS-M50mm/F1.4 
SMC・TAKUMAR55mm/F1.8 
SIGMA70mm/F2.8MACRO・EX・DG 
MD・ROKKOR-X45mm/F2 
ZENZANON150mm/F3.5 
XF35mm/F1.4R 
S-M-C・TAKUMAR55mm/F1.8 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
AF-S・NIKKOR・DX・ED18-55mm/F3.5-5.6GII 
Ai・NIKKOR28mm/F2.8S 
M.ZUIKO・DIGITAL・ED14-42mm/F3.5-5.6 
SIGMA 
AUTO・YASHINON-DS50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.9 
SUPER-KOMURA50mm/F3.5 
NORITAR80mm/F2 
ROKKOR-QF40mm/F1.7 
HEXANON・AR50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-A28mm/F2.8 
ZENZANON・PS65mm/F4 
SEKOR65mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.7 
G.ZUIKO・AUTO-S55mm/F1.2 
YASHICA・DSB50mm/F1.9 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F3.5-5.6 
COSINA55mm/F1.2MC 
FUJINON55mm/F1.8 
AUTO・GAF50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
30mm/F2.8 
AUTO-FLEX50mm/F1.7 
LENZ 
SERIES-E100mm/F2.8 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.4 
Distagon25m/F2.8MMJ 
YASHICA・ML50mm/F1.9c 
Vario-SonnarT*40-80mm/F3.5AEG 
XR・RIKENON50mm/F2(前期型) 
XR・RIKENON50mm/F2L 
AUTO・YASHINON50mm/F2 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F2 
SUPER-EBC・FUJINON・ZOOM28-56mm/F4.5-7.5 
YASHICA・ML50mm/F2 
PlanarT*50mm/F1.7MMJ 
AF-S・NIKKOR50mm/F1.8G・Special・Edition 
Sonnar100mm/F3.5AEJ 
NIKON・LENS28mm/F3.5 
CANON・TV・LENS50mm/F0.95 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAMII 
MACRO・SEKOR60mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF58mm/F1.4 
FD100mm/F2.8S.S.C. 
T-22・75mm/F4.5 
S-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
HEXAR35mm/F2 
SMC・PENTAX-DFA50mm/F2.8MACRO 
SP・AF70-300mm/F4-5.6Di・VC・USD 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F4-5.6 
iPhone4S 
Vario-SonnarT*28-80mm/F3.5-5.6 
HEXANON・AR35mm/F2.8 
AUTO・CHINON55mm/F1.7 
CHIYOKO・ROKKOR75mm/F3.5 
NFD135mm/F2.8 
Opton-Tessar75mm/F3.5 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
NFD70-210mm/F4 
SIGMA-Z24mm/F2.8 
SUMMILUX50mm/F1.4(II) 
CREATOR35mm/F2 
Auto-Takumar55mm/F1.8 
MINOLTA・AF24-50mm/F4 
PENTAX-M50mm/F1.7 
PENTAX645-A・35mm/F3.5 
SIGMA・APO70-300mm/F4-5.6DG・MACRO 
MINOLTA・AF28-80mm/F3.5-5.6 
ZENZANON-S105mm/F3.5 
SMC・PENTAX-A70-210mm/F4 
MINOLTA・AF35-105mm/F3.5-4.5 
MD・ROKKOR50mm/F1.4 
ZENZANON・MC40mm/F4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4Di・LD・ASP 
YASHICA・DSB55mm/F2 
COSINA20mm/F3.8MC 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
NFD100mm/F2 
F.Zuiko32mm/F1.7 
NFD28mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF50mm/F1.7 
D.Zuiko28mm/F3.5 
F.ZUIKO40mm/F1.7 
EF28-105mm/F3.5-4.5USM 
MC・W.ROKKOR-PF28mm/F2.8 
MC・TELE・ROKKOR-PF100mm/F2.8 
DistagonT*18mm/F4MMG 
Ai・NIKKOR50mm/F1.8S 
Super-Takumar105mm/F2.8 
SUPER-FUJINON8.3mm/F2.8 
G.ZUIKO・AUTO-S50mm/F1.4 
Super-Takumar50mm/F1.4(8枚玉) 
EF-S・18-55mm/F3.5-5.6IS/ 
70mm/F2.8 
MACRO 
M.ZUIKO・DIGITAL14-42mm/F3.5-5.6IIR 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH.POWER・O.I. 
EX 
OLYMPUS・BCL-1580 
MIR26B45mm/F3.5 
COLOR-HELIAR105mm/F3.5 
YASHIKOR80mm/F3.5 
DG 
SonnarT*85mm/F2.8AEJ 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm・F1.4ASPH. 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
Zeiss・Opton・Tessar80mm/F2.8 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5  
EF28mm/F2.8 
YASUHARA・MADOKA7.3mm・F4 
PENTAX-A645ZOOM80-160mm/F4.5 
・POWER・O.I.S. 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH. 
ZENZANON・PE75mm/F2.8 
Auto-Cintar55mm/F1.7 
XR・RIKENON・ZOOM35-70mm/F3.5MACRO 
AUTO・CHINON50mm/F1.9 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL 
ZUIKO・AUTO-MACRO90mm/F2 
Ai・NIKKOR85mm/F1.4S 
Tokina・SD70-210mm/F4-5.6 
OSAWA・MC28-50mm/F3.5-4.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F2 
CANON・LENS40mm/F1.7 
PlanarT*50mm/F1.4ZF 
NIKKOR-H・C75mm/F2.8 
SP・AF90mm/F2.8MACRO1:1(172E) 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
EBC・FUJINON・SW65mm/F5.6 
STM 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4MC 
Sonnar85mm/F2.8AEJ 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(I) 
COSINA70-210mm/F4・MC・MACRO 
YASHICA・ML・ZOOM35-105mm/F3.5-4.5 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX 
SMC・PENTAX-M120mm/F2.8 
XF18-55mm/F2.8-4R 

CAMERA

ROLLEIFLEX 2.8A (1)
ROLLEIFLEX 2.8C (4)
ROLLEIFLEX 3.5F (11)
ROLLEIFLEX AUTOMAT (6)
ROLLEICORD IV (1)
ROLLEICORD Vb (3)
MINOLTA AUTOCORD (7)
KONIFLEX (5)
YASHICAFLEX (2)
YASHICA MAT (12)
RICOHFLEX NEW DIA (3)
SEMFLEX (4)
LUBITEL 166B (2)
HASSELBLAD 500C/M (4)
BRONICA EC (22)
BRONICA SQ-A (20)
BRONICA SQ-Am (3)
PENTACON SIX TL (4)
NORITA66 (3)
MAMIYA C220 (3)
MINE SIX IIF (8)
PENTAX6X7 (4)
MAMIYA 7II (6)
KONICA PRESS (5)
FUJI GSW690 (1)
MAMIYA PRESS SUPER 23 (3)
BESSAII (1)
BRONICA ETR-Si (1)
CANON New F-1 (17)
CANON A-1 (2)
CANON EOS5 (8)
CANON EOS55 (1)
CANON EOS Kiss III L (2)
CANON CANONET QL17 (1)
NIKON F3HP (1)
NIKON EM (1)
NIKON AF600 (2)
PENTAX KX (5)
PENTAX MX (5)
PENTAX ME (1)
PENTAX ME SUPER (8)
MINOLTA XG-S (2)
MINOLTA New X-700 (8)
MINOLTA α-7 (10)
MINOLTA α-507Si (2)
MINOLTA α-SWEET (2)
MINOLTA Hi-MATIC E (3)
CONTAX RTS (2)
CONTAX RTSII (4)
CONTAX RX (5)
CONTAX N1 (6)
CONTAX G1 (9)
OLYMPUS SIX RIIB (1)
OLYMPUS OM-4 (4)
OLYMPUS OM-2SP (7)
OLYMPUS OM10 (1)
OLYMPUS 35DC (1)
OLYMPUS PEN EE2 (1)
OLYMPUS PEN EED (1)
YASHICA ELECTRO 35 GTN (4)
VOIGHTLÄNDER BESSA R (2)
VOIGHTLÄNDER BESSA R3A (1)
KONICA FTA (2)
KONICA HEXAR (2)
FUJI TIARA ZOOM (2)
FUJI FinePix4500 (1)
PENTAX K10D (13)
PENTAX K-5 (180)
PENTAX K-5 IIs (13)
PENTAX K-3 (15)
PENTAX Optio RZ10 (12)
SONY α300 (22)
SONY α350 (6)
SONY α550 (10)
SONY α33 (8)
SONY α77 (4)
SONY NEX-5 (120)
SONY NEX-5N (184)
SONY α6000 (110)
PANASONIC LUMIX GF2 (14)
PANASONIC LUMIX GX1 (15)
PANASONIC LUMIX GX7 (9)
OLYMPUS E-PL5 (74)
OLYMPUS OM-D EM-5 (4)
RICOH GXR (113)
RICOH GXR MOUNT A12 (17)
FUJI X-E1 (26)
FUJI X-E2 (7)
FUJI X-A1 (3)
FUJI X-M1 (5)
SIGMA SD15 (24)
SIGMA DP1x (25)
SIGMA DP2 Merrill (61)
SIGMA DP3 Merrill (31)
NIKON D200 (12)
NIKON D7100 (30)
NIKON D810 (4)
CANON EOS 40D (11)
CANON EOS 50D (49)
CANON EOS 60D (2)
CANON EOS 7D (28)
CANON EOS 5D MarkII (300)
iPhone 4S (3)
iPhone 6 (5)
未分類 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。