続改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石神井公園(5)

BRONICAのSQ用レンズにPS180mm/F4.5がありますがこのレンズの最短は1mです。しかも中間リング使用時とは異なり最短~∞まで合焦しますので、同じ6X6でしたらこちらのほうが使いやすいですね。

またSQにはS-18、S-36という中間リングがありますので、合焦域が限定されるとはいえさらなる近接も可能です。ということで最短2mというZENZANON 150/3.5をなかなか使わなかった理由がお判りかと思います(^^:) 

ちなみにS・EC用にはNikkor、ZENZANONの200mmがありますがどちらも最短は3.3mです。昔は寄りにくかったのですね。

BRONICA EC + ZENZANON 150mm/F3.5 RING(C-A) 400TMY-2

15_20131214122718e98.jpg

14_20131214122520ab1.jpg

17_20131214122518991.jpg

16_201312141225187d4.jpg


スポンサーサイト
  1. 2013/12/15(日) 06:30:00|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:0

石神井公園(4)

12月5日の記事でZENZANON 150/3.5のノーマル使用の写真を掲載しましたが、今日の写真はこのアクセサリーを使用して撮りました。

20131214-_MG_8916-1.jpg

BRONICA S・EC用の中間リングです。上から時計回りにC-D、C-B、C-A、C-Cです。各リングはレンズ側・マウント側の形状が異なります。C-Aはレンズ側・マウント側ともバヨネット、C-Bはレンズ側がバヨネットでマウント側はスクリュー(ねじ込み)、C-C・C-Dは両端ともスクリューです。

S・EC系のヘリコイドユニットはレンズ側がバヨネットとスクリューの二重構造となっていますので、C-A・C-Bは単体もしくは連結しての使用がが可能です。C-C・C-Dは両端がスクリューですのでレンズを受けられないため、C-A・C-Bとの併用になります。つまりより近接したいときに使用します。

4つ全部を繋げるとこのようになります。

20131214-_MG_8910-1.jpg

ZENZANON 150/3.5に4つ全部を繋げ、ヘリコイドをいっぱいに繰り出しています。4つ使用時の最短です。

ZENZANON 150/3.5の最短は2mですが、4つ全部を繋げた状態ではフィルム面から60~65cmといったところですので約1/3の最短距離となります。リング・チューブ使用時の平均的なところでしょうか。とはいえ露出倍数もかかりますので使用はそれなりに手がかかります。

今回撮影したものはC-A単体での撮影です。ZENZANON 150/3.5の最短が約1.2m程度になります。露出倍数が判りませんのでおそらく1/2段程度だろうとして露出を決めています。極端なシーンでなければネガでは無視できる値かもしれません。やや開き気味で撮れば問題ないでしょうか。

4枚目の後ボケは乱れていますが、最後の写真のように綺麗におさめることが可能ですので、背景は整理しないといけないでしょうね。手持ちでは薄いピントの扱いが面倒ですし、実際には使っても2つくらいが現実的かもしれません。

BRONICA EC + ZENZANON 150mm/F3.5 RING(C-A) 400TMY-2

9_20131214092836f33.jpg

8_20131214092835868.jpg

11_201312140928330bf.jpg

7_201312140928345a1.jpg

13_20131214092832cfa.jpg


  1. 2013/12/14(土) 10:07:31|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:6

道場寺・三宝寺

このレンズはずいぶん前から所有していたのですが、実はこれで撮ったことがありませんでした。それというのも最短が2m!(ブロニカの資料に基づく)いくらなんでも使いづらいですよね。で、中間リングを使って撮ることにしたわけですが、まずはノーマルの画像からご覧ください。

4群5枚構成。巷間ノリタ光学製とされています。150mmはこの後にMC表記の鏡胴がコンパクトになったものがあるのですが、こちらは富岡製とされています。最短は不明ですがまず2mということはないでしょう。もし狙うのであればMC表記の後期型が無難だと思います。

撮影結果ですが、さすがに最短が長いので「えっ! ここまでしか寄れないの?」という局面ばかりでした。やはり中間リングがないと厳しいですね。

描写はコントラストが低めで時代を感じさせます。解像感は普通ですね。悪くはないです。1枚目はバッチリ撮れたと思って現像したら鳥が写っていました!(//∇//)

BRONICA EC + ZENZANON 150mm/F3.5 400TMY-2

19_2013120317184982f.jpg

21_20131203171848b38.jpg

18_20131203171846202.jpg

17_20131203171845cf9.jpg


  1. 2013/12/05(木) 06:30:00|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:6

石神井公園(1)

このところ石神井公園によく出かけています。以前は裏道を使っていたため頻繁に信号で停められ、到着までそれなりの時間がかかっていたのですが、潔く環八で井荻トンネルを使ったところ自宅から20分弱で到着することが判ったためです。駐車場も平日はガラガラですし、出かけて行きやすいところですね。

撮影は1カ月前。ZENZANON MC 40/4での近接です。SQにPS40mmという装備と較べると嵩張りますし重いのですが、これはこれで悪くない描写だと思います。


そういえば一昨日が申込期限であったPhotoshop CC + Lightroom 5(12月9日まで延長されたようです)をサインインしたので、今日の写真をさっそく処理してみました。CSからガラッと変わったわけではありませんがかゆいところに手が届くような変更がされていて助かります。問題は既にライセンスを供与されていたLightroom 5です。使うPCは1つですし2つのライセンスが勿体ないのですが・・・。

BRONICA EC + ZENZANON MC 40mm/F4 400TMY-2

1_20131203194607ea8.jpg

2_20131203101429706.jpg

4_2013120310142802d.jpg

8_20131203101427684.jpg


  1. 2013/12/04(水) 06:30:00|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:4

井の頭自然文化園(5)

Nikon Df!

Nikon-Df-blakc-and-silver.jpg

本日、正式発表と噂されています。正面から見ると高さがあるのでやや不格好ですね。ペンタ部のデザインはFM2とよく似ています。ペンタ部には皮が貼られ、軍艦部に速度ダイヤル、感度設定・露出補正ダイヤルを備え、レリースボタンにはケーブル用に螺子穴が切れています。わざわざ計器に針を使用した28Ti、35Tiのコンセプトを感じますね。価格はD800とD610の間のようなので実売20万円前後でしょうか。まずは正式発表を待ちましょう。


写真はZENZANON MC 40/4、昨日と同じアングルです。3枚目の手前の蛇口、合焦面からフォーカスアウトしていくところはなかなか迫力があります。逆光時がどうなのか? 要検証です。

BRONICA EC + ZENZANON MC 40mm/F4 400TMY-2

15-1.jpg

13_20131104231024efe.jpg

21-1.jpg


  1. 2013/11/05(火) 09:50:24|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:6

井の頭自然文化園(4)

そういえば撮影日は朝早かったのですが、幼稚園・保育園児の入園が多く、それを避けようとすると北村西望氏の作品が並ぶ一帯に行かざるをえないのですが、考えればいつもここに来るので園児の存在に影響されたわけではなかったのでした (´ω`;) 1カ所よい光線のシーンがあったのですが母親たちが立ち去らず撮影断念。勝てない相手からはすぐに退散します (//∇//)

BRONICA EC + ZENZANON MC 75mm/F2.8 400TMY-2

1_1.jpg

10_2013110312274340a.jpg


  1. 2013/11/04(月) 06:30:00|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:4

井の頭自然文化園(3)

再びZENZANON MC 75/2.8。1枚目はかなりの近接撮影ですので合焦部の先鋭さは判っていただけるものの、ボケすぎて訳の判らない写真になっていますね (´ω`;) ここでは2枚目の艶っぽい描写が好みです。

BRONICA EC + ZENZANON MC 75mm/F2.8 400TMY-2

7_201311030052425bd.jpg

5_201311030052430fd.jpg


  1. 2013/11/03(日) 10:02:45|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:2

井の頭自然文化園(2)

昨日の記事と同じ写真を貼ったわけではありません。ECのボディもシルバーですし、レンズ銘板を見ていただければ40mmレンズということがお判りでしょう。

BRONICA S・EC系の40mmレンズといえばNIKKOR D(D・C) 40mm/F4がポピュラーです。写真のZENZANON MC 40mm/F4はEC-TLの時代にごく短期間だけ販売されていたようです。生産本数も少ないと思われます。私も実物を見たのは初めてでした。製造はノリタ光学ということです。

NIKKOR D(D・C) 40/4はフィルター径が90mmという大きいレンズなのですが、ZENZANON MC 40/4は67mm径と標準レンズ並みにコンパクトにつくられています。実際に軽快に取り回せるのは嬉しいです。

WEBでは日浦慎作さんのサイト以外では詳しい情報は拾えません。NIKKORに較べて逆光耐性がやや劣るという評価もあるようですがどうなのでしょうか。ちなみにフードはCONTAXの67/86 RINGにMETALHOOD NO.1を装着して撮影しています。これでケラレはありません。

撮影日はやや雲が多かったので逆光を試しにくかったのですが、3・4枚目の写真を見る限りでは絞った(F5.6~8)シーンでもわずかにハロを感じますね。それでもかなり緻密に描写していると思います。BRONICA SQ用のPS40mmと撮り較べてみると性格が理解しやすいように思いますので、近々試してみるつもりです。

_MG_8741.jpg

BRONICA EC + ZENZANON MC 40mm/F4 400TMY-2

16_20131026000401ba1.jpg

18_20131026000400dab.jpg

20_20131026000359a63.jpg

24_2013102600035826e.jpg


  1. 2013/10/26(土) 06:30:00|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:2

井の頭自然文化園(1)

NIKONの新型カメラ(レトロスタイルFX機?)

これ、マジですかね? 2番目の音は? 最後の音はシャッターを切った音ですが、センサーは本当にFXフォーマットなの? という印象(最近はNIKONのデジタル機を使っていないのであてになりませんが)。画期的な機能、デザインだったらショックです。


で、BRONICAのZENZANON MC 75mm/F2.8をまだ使っていなかったと思い込んで撮った紹介写真。

_MG_8728-2.jpg

カテゴリーを括ったらしっかりこちらで記事にしていました (´ω`;) 半年も経つとまるで忘れる自分がいることに愕然!(^^:)

で、インプレは先の記事と変わりません。開放ではややコントラストが落ちます。それがF5.6~8まで絞るとグッと締まります。開いたときと絞ったときで結構表情を変えるレンズのように思います。F8まで絞たっときの描写はかなり力強いものがありますね。それが開くと艶やかさが出ますので、BRONICA用標準レンズのなかでも個性的なように思います。

1・2枚目が開放。3・4枚目はF5.6~8。

BRONICA EC + ZENZANON MC 75mm/F2.8 400TMY-2

11_2013102416392479f.jpg

2_20131024163923b2d.jpg

9_20131024163922cef.jpg

4_20131024163921aeb.jpg


  1. 2013/10/25(金) 06:30:00|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:2

大宮八幡神社(13)

BRONICA EC + ZENZANON MC 75mm/F2.8 400TMY-2

7_20130502232352.jpg

11_20130502232352.jpg

12_20130502232351.jpg


  1. 2013/05/03(金) 07:00:00|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:0

大宮八幡神社(12)

CARL ZEISS Touit

Touitとされていますがシリーズ名でしょうか? レンズ銘板にはPlanar T* 35/1.8、Distagon T* 18/2.8とあります。Eマウント用とXマウント用があるみたいです。どこが製造したのでしょうかね? サンプル画像を見ると35/1.8は解像度も高そうですし、ボケも自然で悪くないですね。あとは価格ですが、1000ユーロ(1300ドル)前後のようなので結構と高価です。


写真はZENZANON MC 75/2.8の続き。

3枚目はF8くらいだったと思います。絞ったときの後ボケはまあ普通ですね。近接して開くときは注意が必要でしょうか。しかしこういうことを次に撮るときには忘れているのですよね (//∇//)

BRONICA EC + ZENZANON MC 75mm/F2.8 400TMY-2

3_20130502094031.jpg

8_20130502094030.jpg

6_20130502094030.jpg

2_20130502094030.jpg


  1. 2013/05/02(木) 10:06:35|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:0

大宮八幡神社(11)

BRONICA EC + ZENZANON MC 75mm/F2.8 400TMY-2

15_20130430230301.jpg

1_20130430230300.jpg

11_20130430230301.jpg


  1. 2013/05/01(水) 07:00:00|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:4

大宮八幡神社(10)

ZENZANON MC 75/2.8の続き。

合焦部はよく解像しています。ただし2枚目のように開いたときの後ボケは綺麗ではない、というより気持ち悪いですね (//∇//)

BRONICA EC + ZENZANON MC 75mm/F2.8 400TMY-2

5_20130429184220.jpg

8_20130429184219.jpg

10_20130429184219.jpg

6_20130429184220.jpg


  1. 2013/04/30(火) 07:00:00|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:0

大宮八幡神社(9)

このECを入手したのはZENZANON MC 75mm/F2.8が付いていたからで、レンズを買ったらボディが付いてきたみたいな展開ですね。レンズ狙いだったわけです。

レンズ発表時期の資料がないので推測ですが、BRONICA初期のレンズはNIKKORが軸で、後に他社供給のレンズがラインアップされていったのだと推測しています。初期のNIKKORはモノコートであったわけですが、ZENZANONが冠されたレンズはほとんどがマルチコート化されています(ノリタ光学が供給した150mm・300mmを除く)。ZENZANON MC 75/2.8もMCという表記どおりマルチコート化されたものですが、どうもこの時代のマルチコートなのでヌケはそれほどよくないと感じました。ヌケに関してはNIKKOR-P・Cのほうがよい感じです。

このレンズは東京光学製とされ4群5枚構成です。BRONICAの標準域レンズは先のNIKKOR-P、P・C、H・C、ZENZANON MC 75mm/F2.8以外にもZENZANON MC 80mm/F2.4(富岡光学製)、ZENZANON MC 80mm/F2.8(CARL ZEISS JENA DDRのダブルネーム)があり、80/2.8は外装が異なるヴァージョンがあります(光学系は同じ?) 製造期間が長かったため、結果的に多くの標準域レンズが用意されたのでしょうか。性能面での向上に関して詳しいことは判りません。

今回の撮影はP・Cと同じ日ではありませんが、それほど相違のある光線状態ではなくフィルムや現像条件も同じですので、差異があるとすればレンズに起因するものと考えてよいでしょう。ネガをスキャンしてはっきりと判ったのはコントラストの差です。P・Cのほうが高いですね。ZENZANON MC 75/2.8の開放はコントラストはやや低く、ハロを感じますし、柔らかい描写です。開放でも合焦部の解像は十分ですが、コントラストが低いために少し落ちる印象を受けます。少し絞るだけでこれらの問題は改善するように感じました。逆に開放で柔らかい描写を狙うのもアリでしょう。

1・2枚目がF8~11。3・5枚目は開放です。絞ってもコントラストはP・Cより低いですね。硬調のP・C、軟調のZENZANON MCという印象です。

BRONICA EC + ZENZANON MC 75mm/F2.8 400TMY-2

1_20130429100959.jpg

3_20130429100958.jpg

4_20130429100958.jpg

9_20130429100957.jpg


  1. 2013/04/29(月) 10:53:45|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:2

大宮八幡神社(8)

試写ですから強引に撮っている感がありますが、NIKKOR P・Cはシャープですね。こんなによいとは思ってもいなかったので処分せずに使いましょう (//∇//)

BRONICA EC + NIKKOR-P・C 75mm/F2.8 400TMY-2

11_20130427205513.jpg

8_20130427205514.jpg

9_20130427205513.jpg

10_20130427205512.jpg


  1. 2013/04/28(日) 07:00:00|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:2

大宮八幡神社(7)

BRONICAの標準レンズで生産本数がいちばん多いのはモノコートのNIKKOR-Pでしょう。市場でいちばん多く見かける玉です。その次に多いのがマルチコート化されたNIKKOR-P・C。レア玉とされるのがDX(デラックス)と称されるNIKKOR-H・Cです。この他にも75mm、80mmが何本かありますがそれについては後日に記します。

このNIKKOR-P・Cは割と状態がよく撮影結果も良好でしたので、処分するECからは外そうか、とか考えたり(//∇//) ECは高値にはなりませんから微妙なところです。 

BRONICA EC + NIKKOR-P・C 75mm/F2.8 400TMY-2

3_20130427100109.jpg

7_20130427100108.jpg

2_20130427100107.jpg


  1. 2013/04/27(土) 10:14:40|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:2

和田堀公園(2)

BRONICA EC + NIKKOR-P・C 75mm/F2.8 400TMY-2

19_20130425234933.jpg

20_20130425234933.jpg

15_20130425234932.jpg


  1. 2013/04/26(金) 07:00:00|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:0

和田堀公園(1)

GXRがディスコンのようです。

例によってデジカメinfo情報ですが、B&Hではいくつかのキットとともにディスコン表示のようです。時期的には後継機の発表が順当なところですが、後継機が本当に出るのか?(//∇//)


今日の写真です。撮影したのは処分しようと思っているBRONICA EC。EC本体はこの他に2台あります。あるレンズ付で売りに出ていたので入手。レンズは残します。本体は状態がよくなかったのでメンテナンスしています。この日の撮影はメンテ後の試写です。

相変わらずデカイし、重たいし、動作音は大きいしと使い勝手はよいとはいえませんが、撮れた写真には納得します。P・Cはマルチコート化されたレンズですが、この時代のマルチコートですのでヌケのよさはほどほどです。開くとわずかにハロを感じますが、まあこのハロが味でしょうね。大きく出るとゲンナリしますが、ほどほどであればフレーバーとなりえます。ハイライトがスコーンと抜けるのは勘弁してもらいたいので、これくらいが無難なところかもしれませんね。

BRONICA EC + NIKKOR-P・C 75mm/F2.8 400TMY-2

13_20130425084314.jpg

16_20130425084034.jpg

18_20130425084033.jpg

22_20130425084033.jpg


  1. 2013/04/25(木) 09:01:42|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:2

善福寺川緑地(3)

ここのところ夜の降雨をかわして帰宅できています。水曜日は市ヶ谷、新宿で雷の音を聞き、東中野~阿佐ヶ谷はそれなりの雨。荻窪に着くと空はまだ堪えている。一部で雨男などと揶揄されているのですが、根拠のない噂ということが立証されました(笑) 昨日も東伏見で空が光りポツっときたのですが、青梅街道を東に進むと雨との遭遇はナシ。

明日は王子~池袋。土曜日の王子は傘持参が多く、まあ自転車では出向きませんからそれもよしかと。今日の日中は昨日より12℃も気温が低いとのこと。それでも湿度はそれなりに高いので蒸すのは変わりがありません。

日々の空模様を気にしているうちに夏は去っていきそうな・・・(-_-;)


写真はSUPER-KOMURA 50/3.5の最後。2本撮ってこれだけお見せできるカットが残せました。1・2枚目はF8。3枚目がF5.6。1・2枚目などは嫌みのない描写です。が、絞ればどのレンズも同じような描写になりますから、特段・・・ということになりますかね。

BRONICA EC + SUPER-KOMURA 50mm/F3.5

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記:キヤノンのミラーレス機EOS MとEF-M 22mm F2 STMの画像
センサーは1.5型高感度CMOS(約1,500万画素)つまりG1X搭載のものと同じと予測してみる。でもそうであれば私はスルーします(笑)


5_20120720083220.jpg

9_20120720083220.jpg

1_20120720083547.jpg

10_20120720083220.jpg

  1. 2012/07/20(金) 10:44:37|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:0

善福寺川緑地(2)

BRONICAはSQ系だけにして他は処分しようと思いながら後ろ髪を惹かれて、というか処分してもたいして値がつかないので積極的になれないことも理由の一つなのですが、ずっと有ります。

今回、久しぶりに持ち出して感じたのはやはり大きさと重量です。だんだんこれが鬱陶しく思えるようになってきました。残せたネガに納得がいくのであれば、あばたもえくぼになるようには思いますが。まずは持ち出さないと始まりません(-_-;)

BRONICA EC + SUPER-KOMURA 50mm/F3.5

6_20120719083721.jpg

4_20120719083720.jpg

5_20120719085833.jpg

  1. 2012/07/19(木) 08:52:34|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:0

善福寺川緑地(1)

1年半ぶりにBRONICA ECを持ち出しました。装着したレンズはSUPER-KOMURA 50/3.5。レアなレンズではありません。中玉大きめのクモリありでジャンクで転がっていたものです。クモリは簡単にクリーニングできました。

BRONICAには日本光学、東京光学、ノリタ光学、Carl Zeiss Jenaなどがレンズを供給していましたが、三協光機製も何本かあります。50/3.5はよく見かけるレンズで、100/2、135/2.3などが割とレアな部類かもしれません。

撮影日は雲の多い日でした。積極的に狙える光が乏しかったので、珍しく昔のスタイル風に開いて、かつ近接で撮ったりしています。

このレンズの製造年代は60年代後半~70年代前半でしょうが、ファインダーで覗いても背景の流れはよく判ります。たまにはそれを楽しむのも・・・みたいな感じでの撮影ですね。コマも割と目立ちますので、背景を考えないといけません。作例を見るとNikkor 50/3.5のほうがコマも抑えられています。まず普通はNikkorでしょう。

BRONICA EC + SUPER-KOMURA 50mm/F3.5

F3.5
1_20120718101441.jpg

F3.5
13_20120718101440.jpg

F3.5
2_20120718101440.jpg

F5.6で流れも収まり、コマも目立たなくなります。実用的にはF5.6以上に絞る必要がありそうです。
3_20120718101440.jpg

  1. 2012/07/18(水) 10:20:48|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:0

武蔵野の森公園

新機材がいくつかあるのですが、一部の方の期待を裏切ってまずBRONICA ECです(笑) カメラの写真はありません。いまさら・・・なものですから割愛。

BRONICA S・EC系はS2しか持っていませんでした。2年ほど前にK様所有のECを使わせてもらったことがありますが、メンテナンスされた個体で巻き上げも非常にスムース、ファインダーのクリアさはS2より上という印象でした。その後、EC-TLIIを入手したのですがスクリーンのモルト劣化で無限遠が出ないため返品しています。

今回入手したECはジャンクです。ボディが4,200円、引き蓋なしのフォルダが2,100円。安いと思うかもしれませんが微妙です(^^;) レンズがないのはよいとしてヘリコイドもありません。幸いヘリコイドはこれまでジャンクで何本も救出してきたので困らないのですが、引き蓋とヘリコイドを別に探すと3~4,000円ほどします。レンズなしで計10,000円ほどになるわけです。かつスクリーン部のモルト、ミラー部モルトも劣化していますので自分で貼り替える必要がありました。そういう状態・価格でもジャンクで発見すると冷静な判断ができなくなって、つい・・・(爆)

実は同じ日に新宿でEC+75mmセットで12,600円が既に売れていたことを知りました。ジャンクより安いじゃん(^^;) 新宿は中野より高いくせにたまにハッとするような出物があるので怖いですね。

そういうわけで足りない部品はストックから回し、モルトを貼り替えて試写してきました。装着レンズはNIKKOR H・C 75mm。75mmのなかではレア玉ですが以前に中野で3~4,000円ほどで入手しています。どうも中野は75mmに関しては無頓着なようなのでプライスタグに「NIKKOR 75mm」と書かれていてもチェックするとH・Cがあるかもしれません。以前にも「NIKKOR-P」と書かれながらH・Cが装着されたS2を見ています。

出かけたのは調布飛行場に隣接する武蔵野の森公園です。この日は野川公園で行われた芋煮会に誘われていましたので集まりの前に1本だけ試写しました。

ECの巻き上げは軽やかではなく(笑) S2と大きく変わりません。S2とは反対側にある速度ダイヤルが巻き上げクランクのすぐ上に位置しているのにとまどいました。操作の流れからはこの位置のほうが合理的だと思いますが、保持姿勢によっては当初使いにくさを感じます。要は慣れだと思いますが。

ジャンクなボディとフォルダは特に異常もなく、ほどほどに快調です(^^;) 写真のほうは強引に12枚を撮りきったレベルですから冴えませんが、たまには都市風景ではなく田園地帯の広がりを味わっていただければと。

BRONICA EC + NIKKOR-H・C 75mm/F2.8 400TMY-2


15_20101113094306.jpg

17_20101113094305.jpg

20_20101113094305.jpg

21_20101113094305.jpg

18_20101113094304.jpg

24_20101113094304.jpg

  1. 2010/11/13(土) 09:49:34|
  2. BRONICA EC
  3. | コメント:2

プロフィール

cucchi3143

Author:cucchi3143
前ブログ:改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿
前々ブログ:ふぁんき~な病人馬鹿一代記

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

時計

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

LENS

GR・LENS・A12・28mm/F2.5 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
SIGMA30mm/F2.8EX・DN 
E・PZ16-50mm/F3.5-5.6OSS 
LUMIX・G20mm/F1.7ASPH. 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
GR・LENS・A12・50mm/F2.5MACRO 
PlanarT*50mm/F1.4AEJ 
E50mm/F1.8OSS 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL・WR 
SIGMA・LENS16.6mm/F4 
SIGMA・Art30mm/F1.4DC・HSM 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
E18-55mm/F3.5-5.6OSS 
DT35mm/F1.8SAM 
XF18-55mm・F2.8-4R・LM・OIS 
PlanarT*35mm/F2(G) 
EF50mm/F1.2L・USM 
Elmar90mm/F4(L) 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
ULTRON40mm/F2SL 
CANON・LENS85mm/F1.9 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・HSM 
SIGMA・17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
EF50mm/F1.8II 
APO-LANTHAR90mm/F3.5SL 
M.ZUIKO・DIGITAL45mm/F1.8 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
SIGMA60mm/F2.8DN 
COLOR・HELIAR75mm/F2.5SL 
AUTO・REVUENON55mm/F1.4 
SIGMA30mm/F1.4EX・DG・HSM 
DistagonT*35mm/F2.8MMJ 
Ai・AF・NIKKOR35mm/F2D 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm/F1.4ASPH. 
EBC・FUJINON50mm/F1.4(前期型) 
SMC・PENTAX-F35-80mm/F4-5.6 
DT50mm/F1.8SAM 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
Lumaxar80mm/F3.5 
PENTAX・LENS5.0-50mm/F3.2-5.9 
SP・AF17-50mm/F2.8(A16P) 
Planar75mm/F3.5 
YASHINON・DS-M50mm/F1.7 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.7 
EF40mm/F2.8STM 
PlanarT*100mm/F2MMG 
PlanarT*45mm/F2(G) 
YASHICA・ML55mm/F2.8MACRO 
HEXANON・AR50mm/F1.7(前期型) 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6ALII 
SP・AF90mm/F2.8Di・MACRO1:1 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAM 
COSINON-S50mm/F2 
Makro-Planar・T*100mm/F2.8AEG 
RIKENON・P55mm/F1.2 
SP・AF17-50mm/F2.8XR・DiIIVC 
D・FA・MACRO100mm/F2.8WR 
NOKTON58mm/F1.4SLII 
SAMYANG35mm/F1.4Aspherical・IF 
XR・RIKENON50mm/F1.7 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
ZENZANON・MC75mm/F2.8 
ZENZANON・PS40mm/F4 
AUTO・RIKENON・EE50mm/F1.7 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5 
Biometar80mm/F2.8(MC?) 
Zunow・Zuminor75mm/F3.5 
LUMIX・G・VARIO14-45mm/F3.5-5.6ASPH.MEGA・O.I.S. 
EF35mm/F2 
Xenar75mm/F3.5 
Makro-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
AUTO・REVUENON50mm/F1.9 
NFD50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-FA43mm/F1.9Limited 
MC・FLEKTOGON20mm/F2.8 
CULTAGON・electric35mm/F2.8 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4(A05) 
SAMYANG14mm/F2.8ED・AS・IF・UMC 
SIGMA・ZOOM24-135mm/F2.8-4.5 
SMC・PENTAX-FA35mm/F2AL 
LEICA・DG・MACRO-ELMARIT45mm/F2.8ASPH./MEGA・O.I.S 
HEXANON・AR50mm/F1.7 
Mamiya・N65mm/F4L 
SonnarT*90mm/F2.8(G) 
Super-Takumar50mm/F1.4 
ZUIKO・AUTO-T100mm/F2 
TAMRON・SP・AF28-75mm/F2.8(A09) 
ROKKOR75mm/F3.5 
RICOH・LENS・S10・24-72mm/F2.5-4.4VC 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(前期型) 
ZENZANON・PS180mm/F4.5 
Super-Multi-Coated・BELLOWS-TAKUMAR100mm/F4 
XF14mm/F2.8R 
EF50mm/F1.8STM 
SMC・PENTAX-DA50-200mm/F4-5.6ED 
AUTO・REVUENON50mm/F1.8 
LUMIX・G14mm/F2.5ASPH. 
MC・BIOMETAR80mm/F2.8 
COSINA35-70mm/F3.5-4.8MC・MACRO 
M.ROKKOR40mm/F2 
S-Planar・T*60mm/F2.8AEG 
COLOR-ULTRON50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-A・ZOOM35-70mm/F3.5-4.5 
ULTRON40mm/F2SLII 
KONI-OMEGA・HEXANON90mm/F3.5 
TOMIOKA・AUTO・YASHINON55mm/F1.2 
Auto-Topcor58mm/F1.4 
BiogonT*28mm/F2.8(G) 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4SC 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX・DG 
PlanarT*50mm/F1.4ZS 
HEXANON85mm/F3.5 
COSINA24mm/F2.8MC・MACRO 
COLOR-YASHINON・DX45mm/F1.7 
SIGMA30mm/F1.4EX・DC・HSM 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(後期型) 
CF・Distagon・FLE50mm/F4 
AUTO・YASHINON-DS20mm/F3.3 
C・Biogon・T*21mm/F4.5ZM 
AF-S・NIKKOR24-85mm/F3.5-4.5G・ED・VR 
NIKKOR-T10.5cm/F4(改) 
Biometar80mm/F2.8(SC) 
EF50mm/F1.8 
SUMMICRON50mm/F2(II) 
PORST・COLOR・REFLEX・MC・AUTO50mm/F1.7 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(N) 
SMC・PENTAX67・45mm/F4 
ULTRA・WIDE-HELIAR12mm/F5.6Aspherical 
PlanarT*50mm/F1.4(N) 
E16mm/F2.8 
P.ANGENIEUX・PARIS・TYPE・X1・75mm/F3.5 
Planar・80mm/F2.8 
M.ZUIKO・DIGITAL25mm/F1.8 
PYCCAP20mm/F5.6 
W・NIKKOR-C35mm/F2.5 
FD35mm/F2 
NIKKOR-P・C75mm/F2.8 
YASHICA・ML21mm/F3.5 
XR・RIKENON45mm/F2.8 
XF18mm/F2R 
MC-JUPITER-9・85mm/F2 
ZENZANON・PS40mm/F4 
SUPER・WIDE-HELIAR15mm/F4.5ASPHERICAL 
TessarT*45mm/F2.8MMJ・100Jahre 
SUMMICRON-C40mm/F2 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
ZENZANON・PS110mm/F4.5MACRO(1:1) 
EF135mm/F2.8SOFTFOCUS 
RICONAR80mm/F3.5 
ARSAT30mm/F3.5 
SEKOR65mm/F6.3 
MINOLTA・AF50mm/F1.7(N) 
TOPCOR50mm/F3.5 
SUMMARON35mm/F3.5 
SMC・PENTAX-M50mm/F1.4 
ZUIKO・MC・AUTO-S50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
PlanarT*85mm/F1.4AEG 
SIGMA18-50mm/F2.8-4.5DC・OS・HSM 
AUTO・YASHINON・DS-M50mm/F1.4 
SMC・TAKUMAR55mm/F1.8 
SIGMA70mm/F2.8MACRO・EX・DG 
MD・ROKKOR-X45mm/F2 
ZENZANON150mm/F3.5 
XF35mm/F1.4R 
S-M-C・TAKUMAR55mm/F1.8 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
AF-S・NIKKOR・DX・ED18-55mm/F3.5-5.6GII 
Ai・NIKKOR28mm/F2.8S 
M.ZUIKO・DIGITAL・ED14-42mm/F3.5-5.6 
SIGMA 
AUTO・YASHINON-DS50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.9 
SUPER-KOMURA50mm/F3.5 
NORITAR80mm/F2 
ROKKOR-QF40mm/F1.7 
HEXANON・AR50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-A28mm/F2.8 
ZENZANON・PS65mm/F4 
SEKOR65mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.7 
G.ZUIKO・AUTO-S55mm/F1.2 
YASHICA・DSB50mm/F1.9 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F3.5-5.6 
COSINA55mm/F1.2MC 
FUJINON55mm/F1.8 
AUTO・GAF50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
30mm/F2.8 
AUTO-FLEX50mm/F1.7 
LENZ 
SERIES-E100mm/F2.8 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.4 
Distagon25m/F2.8MMJ 
YASHICA・ML50mm/F1.9c 
Vario-SonnarT*40-80mm/F3.5AEG 
XR・RIKENON50mm/F2(前期型) 
XR・RIKENON50mm/F2L 
AUTO・YASHINON50mm/F2 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F2 
SUPER-EBC・FUJINON・ZOOM28-56mm/F4.5-7.5 
YASHICA・ML50mm/F2 
PlanarT*50mm/F1.7MMJ 
AF-S・NIKKOR50mm/F1.8G・Special・Edition 
Sonnar100mm/F3.5AEJ 
NIKON・LENS28mm/F3.5 
CANON・TV・LENS50mm/F0.95 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAMII 
MACRO・SEKOR60mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF58mm/F1.4 
FD100mm/F2.8S.S.C. 
T-22・75mm/F4.5 
S-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
HEXAR35mm/F2 
SMC・PENTAX-DFA50mm/F2.8MACRO 
SP・AF70-300mm/F4-5.6Di・VC・USD 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F4-5.6 
iPhone4S 
Vario-SonnarT*28-80mm/F3.5-5.6 
HEXANON・AR35mm/F2.8 
AUTO・CHINON55mm/F1.7 
CHIYOKO・ROKKOR75mm/F3.5 
NFD135mm/F2.8 
Opton-Tessar75mm/F3.5 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
NFD70-210mm/F4 
SIGMA-Z24mm/F2.8 
SUMMILUX50mm/F1.4(II) 
CREATOR35mm/F2 
Auto-Takumar55mm/F1.8 
MINOLTA・AF24-50mm/F4 
PENTAX-M50mm/F1.7 
PENTAX645-A・35mm/F3.5 
SIGMA・APO70-300mm/F4-5.6DG・MACRO 
MINOLTA・AF28-80mm/F3.5-5.6 
ZENZANON-S105mm/F3.5 
SMC・PENTAX-A70-210mm/F4 
MINOLTA・AF35-105mm/F3.5-4.5 
MD・ROKKOR50mm/F1.4 
ZENZANON・MC40mm/F4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4Di・LD・ASP 
YASHICA・DSB55mm/F2 
COSINA20mm/F3.8MC 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
NFD100mm/F2 
F.Zuiko32mm/F1.7 
NFD28mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF50mm/F1.7 
D.Zuiko28mm/F3.5 
F.ZUIKO40mm/F1.7 
EF28-105mm/F3.5-4.5USM 
MC・W.ROKKOR-PF28mm/F2.8 
MC・TELE・ROKKOR-PF100mm/F2.8 
DistagonT*18mm/F4MMG 
Ai・NIKKOR50mm/F1.8S 
Super-Takumar105mm/F2.8 
SUPER-FUJINON8.3mm/F2.8 
G.ZUIKO・AUTO-S50mm/F1.4 
Super-Takumar50mm/F1.4(8枚玉) 
EF-S・18-55mm/F3.5-5.6IS/ 
70mm/F2.8 
MACRO 
M.ZUIKO・DIGITAL14-42mm/F3.5-5.6IIR 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH.POWER・O.I. 
EX 
OLYMPUS・BCL-1580 
MIR26B45mm/F3.5 
COLOR-HELIAR105mm/F3.5 
YASHIKOR80mm/F3.5 
DG 
SonnarT*85mm/F2.8AEJ 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm・F1.4ASPH. 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
Zeiss・Opton・Tessar80mm/F2.8 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5  
EF28mm/F2.8 
YASUHARA・MADOKA7.3mm・F4 
PENTAX-A645ZOOM80-160mm/F4.5 
・POWER・O.I.S. 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH. 
ZENZANON・PE75mm/F2.8 
Auto-Cintar55mm/F1.7 
XR・RIKENON・ZOOM35-70mm/F3.5MACRO 
AUTO・CHINON50mm/F1.9 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL 
ZUIKO・AUTO-MACRO90mm/F2 
Ai・NIKKOR85mm/F1.4S 
Tokina・SD70-210mm/F4-5.6 
OSAWA・MC28-50mm/F3.5-4.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F2 
CANON・LENS40mm/F1.7 
PlanarT*50mm/F1.4ZF 
NIKKOR-H・C75mm/F2.8 
SP・AF90mm/F2.8MACRO1:1(172E) 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
EBC・FUJINON・SW65mm/F5.6 
STM 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4MC 
Sonnar85mm/F2.8AEJ 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(I) 
COSINA70-210mm/F4・MC・MACRO 
YASHICA・ML・ZOOM35-105mm/F3.5-4.5 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX 
SMC・PENTAX-M120mm/F2.8 
XF18-55mm/F2.8-4R 

CAMERA

ROLLEIFLEX 2.8A (1)
ROLLEIFLEX 2.8C (4)
ROLLEIFLEX 3.5F (11)
ROLLEIFLEX AUTOMAT (6)
ROLLEICORD IV (1)
ROLLEICORD Vb (3)
MINOLTA AUTOCORD (7)
KONIFLEX (5)
YASHICAFLEX (2)
YASHICA MAT (12)
RICOHFLEX NEW DIA (3)
SEMFLEX (4)
LUBITEL 166B (2)
HASSELBLAD 500C/M (4)
BRONICA EC (22)
BRONICA SQ-A (20)
BRONICA SQ-Am (3)
PENTACON SIX TL (4)
NORITA66 (3)
MAMIYA C220 (3)
MINE SIX IIF (8)
PENTAX6X7 (4)
MAMIYA 7II (6)
KONICA PRESS (5)
FUJI GSW690 (1)
MAMIYA PRESS SUPER 23 (3)
BESSAII (1)
BRONICA ETR-Si (1)
CANON New F-1 (17)
CANON A-1 (2)
CANON EOS5 (8)
CANON EOS55 (1)
CANON EOS Kiss III L (2)
CANON CANONET QL17 (1)
NIKON F3HP (1)
NIKON EM (1)
NIKON AF600 (2)
PENTAX KX (5)
PENTAX MX (5)
PENTAX ME (1)
PENTAX ME SUPER (8)
MINOLTA XG-S (2)
MINOLTA New X-700 (8)
MINOLTA α-7 (10)
MINOLTA α-507Si (2)
MINOLTA α-SWEET (2)
MINOLTA Hi-MATIC E (3)
CONTAX RTS (2)
CONTAX RTSII (4)
CONTAX RX (5)
CONTAX N1 (6)
CONTAX G1 (9)
OLYMPUS SIX RIIB (1)
OLYMPUS OM-4 (4)
OLYMPUS OM-2SP (7)
OLYMPUS OM10 (1)
OLYMPUS 35DC (1)
OLYMPUS PEN EE2 (1)
OLYMPUS PEN EED (1)
YASHICA ELECTRO 35 GTN (4)
VOIGHTLÄNDER BESSA R (2)
VOIGHTLÄNDER BESSA R3A (1)
KONICA FTA (2)
KONICA HEXAR (2)
FUJI TIARA ZOOM (2)
FUJI FinePix4500 (1)
PENTAX K10D (13)
PENTAX K-5 (180)
PENTAX K-5 IIs (13)
PENTAX K-3 (15)
PENTAX Optio RZ10 (12)
SONY α300 (22)
SONY α350 (6)
SONY α550 (10)
SONY α33 (8)
SONY α77 (4)
SONY NEX-5 (120)
SONY NEX-5N (184)
SONY α6000 (110)
PANASONIC LUMIX GF2 (14)
PANASONIC LUMIX GX1 (15)
PANASONIC LUMIX GX7 (9)
OLYMPUS E-PL5 (74)
OLYMPUS OM-D EM-5 (4)
RICOH GXR (113)
RICOH GXR MOUNT A12 (17)
FUJI X-E1 (26)
FUJI X-E2 (7)
FUJI X-A1 (3)
FUJI X-M1 (5)
SIGMA SD15 (24)
SIGMA DP1x (25)
SIGMA DP2 Merrill (61)
SIGMA DP3 Merrill (31)
NIKON D200 (12)
NIKON D7100 (30)
NIKON D810 (4)
CANON EOS 40D (11)
CANON EOS 50D (49)
CANON EOS 60D (2)
CANON EOS 7D (28)
CANON EOS 5D MarkII (300)
iPhone 4S (3)
iPhone 6 (5)
未分類 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。