続改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カラー(4)

PENTAX K10D + SMC PENTAX-M 100mm/F2.8


IMGP1901_1.jpg



まだK10Dを所有していたときの撮影です。レンズは100mm/F2.8。PENTAXの中望遠はM42・TAKUMARの時代から105mm/F2.8が定番で、最終型のSuper-Multi-Coated TAKUMARでは4群5枚、最短1.2mというスペックです。Kマウント化されたときに設計が変わり7群7枚、最短1mになっています。このレンズはMタイプですがAになっても設計の変更はないようです。

各社個性的なレンズがひしめく100mmですが、このレンズは図抜けた解像力はないものの、そこそこきちんと写ります。言ってしまえば並のレンズですが、癖もなく淡々と仕事をこなすには適当かもしれません。もっと寄りたい方は0.31mまで寄れるマクロを選択ください。ただし価格差は7~8倍もあります(^^;)

スポンサーサイト
  1. 2011/01/24(月) 11:15:52|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:0

新宿~代々木駅間

11月下旬の撮影です。この写真をイルミネーションと一緒に出すのもバランスが悪く、在庫を気にすることもあって1枚勝負!(^^;)

撮影データはISO800・F5.6・1/2ss。手持ちで切っています。何気なく絞り優先モードで撮りましたが、RAW現像段階で-0.7EV補正していますのでマニュアルモードで撮ったほうがよかったです。

ところがK10Dの背面液晶では露出確認を正確にできません。ヒストグラム表示にしていますが夜のシーンでは極端に左寄りの山となるため判断ができません。このへんは旧機種ゆえの使いにくさですね。

手持ちで1/2secで切れているのはボディ内手ブレ補正の効果ですが、大きいサイズで見るとわずかにブレていて精細感はもう一つです。WEBで使うサイズであればとりあえずは見られる状態。作品づくりですとボディ内手ブレ補正があるとはいえ、こうした乱暴な撮影は通用しませんね。

レンズはII型導入で手放したDA18-55mmのI型。このレンズの一部機能省略モデルでDAL18-55mm・F3.5-5.6というレンズもありますので、正確にはDA18-55mmは4タイプあることが判明。

PENTAX K10D + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL


IMGP1590-3.jpg

  1. 2010/12/18(土) 09:16:04|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:4

洗濯ハンガー

ココアシガレットを撮っていて、何となくよいなあと感じたシルエット。

洗濯物は2階ベランダに干すのですが、これまでは隣地に中学校旧校舎がありましたのでこの季節は午前中の3時間ほどしか陽が差しませんでした。旧校舎が解体されてから陽が差す時間が長くなり、かつ部屋の奥まで差し込みますので日中の室温も確保できています。冬の洗濯物は乾きにくいので室内干しが多かったのですが、それから解放され生活にも潤いが出てきたような・・・(^^;)


そういえばDA18-55mm・F3.5-5.6ALIIですがI型とは設計が異なるようです。I型が9群12枚、II型は8群11枚ですが異常低分散ガラスが加わっています。コーティングも異なりI型はグリーン、II型がパープル。現行のWRはII型と同じ8群11枚ですが簡易防滴構造になり、コーティングもフッ素系物質を蒸着させているようです。最短も0.25mと近接にも強く、軽く取り回しも楽ですのでII型かWRが1本あると重宝します。

PENTAX K10D + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6ALII


4_20101213095348.jpg

  1. 2010/12/13(月) 10:27:22|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:0

ココアシガレット

地名・施設名以外のタイトルが付くのは初めてです。ろくに撮りに行けていませんので窮余の策でブツ撮り。


2_20101212114400.jpg



先日、スーパーのレジ前に置かれていて懐かしさから買ったココアシガレット。中を開けるとココアシガレットが6本入っているのですが、これって昔は白い紙に巻かれていませんでしたでしょうか? 記憶ですとその白い紙を破りながら食べたような・・・。大人の真似をしてさもタバコを吸っているようなポーズをとったりと、たぶん5~6歳の頃でしょうが、そんな思い出があります。

1951年から製造販売されていて、「味とパッケージは基本的に当時と変わらない」をWikipediaにあるので私の記憶が怪しいのかもしれません。来年で60年。還暦ですから息の長い商品です。

1枚目・・・PENTAX K10D + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6ALII + オート接写リングK50mm
2枚目・・・PENTAX K10D + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6ALII

KマウントのAFレンズを1本も持っていなかったので入手したDA18-55mm。現行のWRまで3タイプが製造されています。最初にI型を入手したのですが、解像度が低いだの、ビネッティングが目立つなどという評判に動揺し(笑) 売却。すぐにII型を入手。中古価格はI型が3,150円程度、II型が6,300円、WRが12,600円と2倍の図式で判りやすいのですが、描写の違いは判りにくいかも(^^;) I型は1回しか使わなかったので具体的な描写はよく判りません。II型も現行のWRとどう違うのでしょうか?


2_20101212112759.jpg

  1. 2010/12/12(日) 12:58:00|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:8

新宿サザンテラス(8)

今日の写真はコレで撮りました。


2_20101207231540.jpg



XR RIKENON 50mm/F2。RICOHのKマウントレンズです。このレンズはいくつかのヴァージョンがあるのですが、これは初期型です。後期型との違いは最短が0.45m、鏡筒に「50mm」という刻印があることですね。後期型よりも重量があります。これもLとS、さらに短い鏡筒のXRが付かないRIKENONもあったりします。下の写真で左が前期型、右が後期型のL。


3_20101207231539.jpg



このなかで評判がよいのが前期型なのですが、実はこれまでフィルムで撮っていてそのよさがまるで判りませんでした。普通によく写りますが、ことさら・・・という感じですね。モノクロフィルムですとその程度しか判りません。

今回はAUTO CHINON 50mm/F1.9と一緒に撮っていますので、性格の一部が垣間見えました。シャープです。これだけか(^^;) ハイコントラストでカリカリだと言われていますが、そこまでは感じませんで、まあ結構シャープというくらいですね。いつものように近接は開放、引いてF8ですが、AUTO CHINONが甘く感じます。

RIKENONに関してはほとんどOEM製品だという話があります。実際、「XR RIKENON OEM」で検索するとCOSINA、SIGMA、富岡などのメーカー名がヒットします。55/1.2などはスペックからしてCOSINA製だろうと思われますが、この50/2はよく判りません。同じF2があるYASHINONとはヘリコイドの動きが逆ですし、最短も異なります。

実はこのレンズは何本か持っているのですが(^^;) 後玉の貼り合わせに難があるようで、バルサムが劣化したものが多いです。所有のものもバルサム剥離で1,000~2,000円ほどで救出したものばかりで、まともなものは1本のみ。それでも剥離箇所が広範囲でなければ普通に写ります。

発売当時の価格が9,000円。いまでも中古カメラ店では8,000円くらいで売られていますからほとんど価格が下がっていない?(笑) PENTAXのデジタルで撮れますからいまでも人気がありますね。探せば4,000円くらいで良品が入手できると思います。

PENTAX K10D + XR RIKENON 50mm/F2(前期型)


1_20101208095310.jpg

2_20101208095310.jpg

3_20101208095310.jpg

4_20101208095310.jpg

5_20101208095310.jpg

6_20101208095321.jpg

7_20101208095321.jpg

  1. 2010/12/08(水) 10:04:09|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:2

新宿サザンテラス(7)

今日の写真はコレで撮りました。


1_20101207095815.jpg



AUTO CHINON 50mm/F1.9。Kマウントレンズです。富岡製だろうと言われていますがレンズ構成などは不明です。F1.9ですからYASHICAのF1.9と同じ設計ではないかと推測したのですが、最短が0.45mでYASHICAの0.5mと異なります。ヘリコイドの回転方向も逆ですね。コーティングも濃いパープルでこれもグリーンのMLとは異なります。ということでその他はよく判りません。

昨日と同様の新宿サザンテラスですが、近接は開放、引いてF8といつもと同じ撮り方です。これまでのレンズとは異なるところがあるのかと見比べると・・・もう何がなんだか判らなくなっています (; ̄ー ̄川 F1.9のなかでも割と新しめのレンズだろうと思いますが、自分としてはモノコートのYASHICA DSB 50mm/F1.9のほうがしっくりきますかね。

K10DではISO上限を640にしてボディ内手ブレ補正が効くように撮っていますが、5~7枚目は1/10secで切れていました。拡大してみるとほんの僅かにブレているのが判るので、1/15~20secくらいなら安全圏でしょうか。換算75mmとして2段程度の効果と見ておけばよさそうに思います。

PENTAX K10D + AUTO CHINON 50mm/F1.9


1_20101207115348.jpg

2_20101207115348.jpg

3_20101207115348.jpg

4_20101207115348.jpg

5_20101207115406.jpg

6_20101207115406.jpg

7_20101207115406.jpg

  1. 2010/12/07(火) 12:00:00|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:2

新宿サザンテラス(4)

新宿サザンテラスは地の利がよいのと光源ボケを拾いやすいので便利な場所なのですが、さすがに飽きてきました。12月になれば各地でイルミネーションが点灯しだすでしょうからいましばらくの我慢でしょうか。雨が降らなければ今夜も撮る予定です・・・(-_-;)

もう何がなんだか判らなくなっているYAHINON・・・(-。-;) 光源ボケのエッジが強調される件でですが、この現象は詳しい方に講釈をお願いするとして(笑) LEDでは魚の目状になるときがあります。以前に撮ったSEKOR C 80mm/F1.9Nなどはこの描写の典型で、最近夜の撮影で持ち出さないのはこの描写を敬遠しているためだったりします。やはり綺麗に滲むレンズが使いやすいです。

今日の写真は寄ったシーンが開放、引いたシーンはF5.6。F8まで絞ると周辺の流れも落ち着くでしょうね。

PENTAX K10D + AUTO YASHINON 50mm/F2


18_20101125121505.jpg

14_20101125121503.jpg

12_20101125121502.jpg

13_20101125121459.jpg

15_20101125121457.jpg

16_20101125121456.jpg

17_20101125121514.jpg

  1. 2010/11/25(木) 12:19:30|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:2

新宿サザンテラス(3)

AUTO YASHINON-DS 50mm/F1.9で撮った夜のシーン。

K10Dは前回ISO1600で撮って懲りていますので今回はISO640。これなら何とか見られるレベルです。ボディ内手ブレ補正が装備されていますので低速でもOKなのですが、F5.6で1/80secくらいで切れています。もう1絞り絞っても問題なかったですね。

レンズの差よりもカメラの差のほうが大きいかもしれませんが。Planar T* 50mm/F1.4 ZFZUIKO AUTO-T 100mm/F2とはそれなりの違いがありますね・・・(; ̄ー ̄川 

PENTAX K10D + AUTO YASHINON-DS 50mm/F1.9


23_20101123214612.jpg

22_20101123214613.jpg

21_20101123214614.jpg

24_20101123214611.jpg

25_20101123214609.jpg

26_20101123214608.jpg

  1. 2010/11/24(水) 08:11:34|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:4

神宮前(3)

休日なのに雨ですね。昨日は所用の後に撮れるかなと考えて機材を入れたバッグを携行していましたが、夕方以降のポツポツと落ちてくる雨に早々と降参しました。

いまの時季は日照時間が短いので夜の撮影が多くなりますが、あと1週間もすれば都内のいたるところでクリスマスに向けたイルミネーションの点灯が始まるでしょうから、それまでじっと我慢です。

と書いていたら雨がやんで空も少し明るくなってきました(^^;) 午後からでしたら撮れるかもしれませんね。


写真は昨日の続き。久しぶりに神宮前の細い路地での撮影です。F1.9ですから大ボケはしてくれませんが、開放での合焦のしやすさとトレードオフでしょう。

PENTAX K10D + AUTO YASHINON-DS 50mm/F1.9


4_20101122220228.jpg

6_20101122220226.jpg

7_20101122220224.jpg

8_20101122220223.jpg

9_20101122220222.jpg

10_20101122220329.jpg

11_20101122220328.jpg

12_20101122220326.jpg

13_20101122220324.jpg

15_20101122220322.jpg

  1. 2010/11/23(火) 09:00:02|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:6

表参道~原宿

YASHINONの混乱はまだまだ続く(笑) 今日の写真はコレで撮りました。


2_20101122084058.jpg



AUTO YASHINON-DS 50mm/F1.9(2枚目写真左上)。F1.9ではYASHICA DSB 50mm/F1.9(右上)、YASHICA ML 50mm/F1.9(下)に続く3本目。3本を並べてみると鏡筒デザインは異なるものの、同じ設計のレンズである可能性が高いと推測します。たぶん3本とも4群6枚構成。最短はいずれも0.5mです。異なる点はコーティング。AUTO YASHINON-DS 50mm/F1.9がアンバー、YASHICA DSB 50mm/F1.9がパープル、YASHICA ML 50mm/F1.9がグリーンです。


1_20101122104330.jpg



F1.9にはこの他にY/CマウントのML50mm/F1.9cがあるのですが未入手です。このレンズはCOSINA製と言われています。コーティングは時代が後になるほど強化されているでしょうから、ハロ、光源の滲みを好むならM42マウントのAUTO YASHINON-DS 50mm/F1.9。現代的な写りを好むなら最後期Y/CマウントのML 50mm/F1.9かなあと・・・実際はそれほどの差がないようにも思えたりします(^^;)

昨日と同じような写真が続きますが、これは最初にAUTO YASHINON 50mm/F2で原宿駅からスタートして撮影。表参道駅でUターンしてレンズをAUTO YASHINON-DS 50mm/F1.9に交換して撮っています。時間差はありながらも往路で撮ったシーンを復路で再度撮るだけですから楽なのでした(^^;) すべて開放です。描写に関してはもう訳が判らなくなっています(笑)

PENTAX K10D + AUTO YASHINON-DS 50mm/F1.9


1_20101122095626.jpg

2_20101122095626.jpg

3_20101122095625.jpg

16_20101122095625.jpg

17_20101122095625.jpg

18_20101122095625.jpg

19_20101122095709.jpg

20_20101122095709.jpg

  1. 2010/11/22(月) 10:52:44|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:6

表参道(7)

今日の写真はこのレンズで撮りました。


IMG_2410.jpg



AUTO YASHINON 50mm/F2。しかしYASHINONはどのレンズがどういう性格なのか、もはや訳が判らなくなってきました・・・(-_-;)

鏡筒デザインはAUTO YASHINON-DX 50mm/F2と同様です。DXが付くか付かないかの違いです。最短も0.5mと同じ。Wikipediaでは「レンズコーティングを採用したヤシノンDX」という記述がありますが、DXのないAUTO YASHINONもDXと同様のアンバーのコーティングが施されています。絞りリングのデザインが異なるくらいで、おそらくレンズ構成からコーティングまでまったく同じレンズなのではないかと思います。

ところがWEBで検索していたらローレットのデザインが微妙に異なるものを発見。最短も0.55mと記されていて、これは別物の可能性があります。もうさっぱり判らなくなってきました。これがLEITZですとシリアルごとに区分されたサイトがあるのですが、YASHICAでは・・・(; ̄ー ̄川

売却予定で綺麗に元箱にしまったK10Dをまた出して装着(笑) APS-Cでも無限遠では後玉がミラーと干渉します。YASHICA純正ボディかPENTAXのSV・S2、あるいはアダプター装着でMINOLTAのXDが問題なく撮れるボディのようです。 

描写です。APS-CにF2ですから開放でも大ボケはしてくれませんが、まあまあ楽しめるボケ味です。色にじみは目立ちます。4枚目ではハイライトにまとわりつくフリンジがかなりありますね。このへんはYASHICA後期のMLレンズのほうが優れています。ただし光源の滲みなどを考えるとどちらを取るのか評価が分かれそうです。

PENTAX K10D + AUTO YASHINON 50mm/F2


1_20101121104349.jpg

2_20101121104347.jpg

3_20101121104347.jpg

4_20101121104346.jpg

5_20101121104345.jpg

6_20101121104345.jpg

7_20101121104418.jpg

8_20101121104416.jpg

9_20101121104415.jpg

10_20101121104414.jpg

11_20101121104414.jpg

  1. 2010/11/21(日) 11:14:19|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:0

表参道(4)

COSINA 55mm/F1.2 MCについては検索でヒットはするものの判らないことが多いです。


IMG_2045.jpg



昨日はXR RIKENON 55mm/F1.2と同じレンズと記しましたが、RIKENON P 55mm/F1.2が同じというサイトもあって、某店に出ている写真を見ると鏡筒のつくりや指標のプリント、コーティングの色など相似点が多く、こちらのほうが正しいのかもしれません。しっかし35,000円とは・・・(; ̄ー ̄川

どうもルーツは富岡の55mm/F1.2のようです。TOMIOKA銘のあるAUTO YASHINON 55mm/F1.2みたいですね。COSHINON AUTO 55mm/F1.2、REVUENON 55mm/F1.2など同一(あるいはルーツが同じだろう)と思われるレンズがいくつもありますし、かつ微妙に設計変更がされているようですが真相は不明です。おそらく6群7枚構成のようです。

写りはボケボケとか言われていますが、特にボケ方が変だということもなく大口径らしい描写です。ハロも少ないです。後ボケは二線傾向ですが醜くはないですね。なにせ3,150円ですから非常にコスト・パフォーマンスは高いです(笑)

PENTAX K10D + COSINA 55mm/F1.2 MC


11_20101115205601.jpg

12_20101115205601.jpg

10_20101115205600.jpg

9_20101115205559.jpg

8_20101115205557.jpg

7_20101115205557.jpg

  1. 2010/11/16(火) 08:00:00|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:6

表参道(3)

一部ブログをお騒がせしていましたが(^^;) お待たせしました。新しいDSLRです。


IMG_2057.jpg



PENTAX K10D。2006年11月発売のエントリー機です。スペックはAPS-C・1020万画素CCD、ISO100~1600、ペンタプリズム、2.5インチ・21万ドット液晶、ダストリダクション、ボディ内手ブレ補正機能搭載という感じです。5D MKIIに装着できないKマウントレンズと一部のM42レンズ用に入手してみました。これでPENTAX-M、A、XR RIKENON、AUTO-YASHINON-DXなどがデジタルで制限なしに撮れます。

使用して判ったのはファインダーの見やすさ。スクリーンにキレがあるのでMFレンズでも合焦は辛くありません。さらにフォーカスエイドが効きます。弱点は背面液晶の視認性。日中屋外ですと露出の確認はあてになりません。輝度調整をしてもダメで、せいぜいアングル確認どまりですね。もう一点は高感度耐性。4年前の機種ですのでまだ対策が十分にとられていません。ISO1600まで堪えてくれるかと期待しましたが、5D MKIIのISO3200よりもノイジーな画像でした。私の許容度ではD200同様にISO800まで、安全を見込めばISO640でしょう。

テストで使ったレンズはKマウント大口径レンズ、COSINA 55mm/F1.2 MC! 入手価格は3,150円!!!!! 実は絞り羽根がありません(笑) かつローレットのラバーもなかったりします(^^;) まあ絞らないので羽根は要らないでしょうし、ラバーはいずれ対策しましょう。

このレンズはXR RIKENON 55mm/F1.2と同じもののようです。COSINAのOEMだったのでしょうね。以前、新宿では30,000円ほどで委託商品がありました。オークションでは最近でも16,000~20,000円で落札されていますが、遊ぶには3,150円で十分です。

撮影時、背面液晶は輝度を最高に上げても暗く見辛かったですね。露出確認にはほとんど使えません。RAW+AVで撮っていますがJPEG+Mですと使えない画像を量産しそうです。大口径ですのでMFでの合焦は危うさがありますが、フォーカスエイドがアシストしてくれることで安心感があります。

とりあえず撮った写真は以下のとおり。絞り値は開放・・・当たり前です(^◇^;) 色はレンズなのかK10Dのデフォルトなのか判りませんがやや黄色が強い感じ。付属のRAW現像ソフトで現像してTIFF保存。使い慣れたDPPで細部調整してJPEG変換しています。

PENTAX K10D + COSINA 55mm/F1.2 MC


1_20101115094845.jpg

2_20101115094844.jpg

3_20101115094843.jpg

4_20101115094841.jpg

5_20101115094839.jpg

6_20101115094838.jpg

  1. 2010/11/15(月) 10:08:06|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:8

プロフィール

cucchi3143

Author:cucchi3143
前ブログ:改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿
前々ブログ:ふぁんき~な病人馬鹿一代記

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

時計

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

LENS

GR・LENS・A12・28mm/F2.5 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
SIGMA30mm/F2.8EX・DN 
E・PZ16-50mm/F3.5-5.6OSS 
LUMIX・G20mm/F1.7ASPH. 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
GR・LENS・A12・50mm/F2.5MACRO 
PlanarT*50mm/F1.4AEJ 
E50mm/F1.8OSS 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL・WR 
SIGMA・LENS16.6mm/F4 
SIGMA・Art30mm/F1.4DC・HSM 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
E18-55mm/F3.5-5.6OSS 
DT35mm/F1.8SAM 
XF18-55mm・F2.8-4R・LM・OIS 
PlanarT*35mm/F2(G) 
EF50mm/F1.2L・USM 
Elmar90mm/F4(L) 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
ULTRON40mm/F2SL 
CANON・LENS85mm/F1.9 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・HSM 
SIGMA・17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
EF50mm/F1.8II 
APO-LANTHAR90mm/F3.5SL 
M.ZUIKO・DIGITAL45mm/F1.8 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
SIGMA60mm/F2.8DN 
COLOR・HELIAR75mm/F2.5SL 
AUTO・REVUENON55mm/F1.4 
SIGMA30mm/F1.4EX・DG・HSM 
DistagonT*35mm/F2.8MMJ 
Ai・AF・NIKKOR35mm/F2D 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm/F1.4ASPH. 
EBC・FUJINON50mm/F1.4(前期型) 
SMC・PENTAX-F35-80mm/F4-5.6 
DT50mm/F1.8SAM 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
Lumaxar80mm/F3.5 
PENTAX・LENS5.0-50mm/F3.2-5.9 
SP・AF17-50mm/F2.8(A16P) 
Planar75mm/F3.5 
YASHINON・DS-M50mm/F1.7 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.7 
EF40mm/F2.8STM 
PlanarT*100mm/F2MMG 
PlanarT*45mm/F2(G) 
YASHICA・ML55mm/F2.8MACRO 
HEXANON・AR50mm/F1.7(前期型) 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6ALII 
SP・AF90mm/F2.8Di・MACRO1:1 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAM 
COSINON-S50mm/F2 
Makro-Planar・T*100mm/F2.8AEG 
RIKENON・P55mm/F1.2 
SP・AF17-50mm/F2.8XR・DiIIVC 
D・FA・MACRO100mm/F2.8WR 
NOKTON58mm/F1.4SLII 
SAMYANG35mm/F1.4Aspherical・IF 
XR・RIKENON50mm/F1.7 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
ZENZANON・MC75mm/F2.8 
ZENZANON・PS40mm/F4 
AUTO・RIKENON・EE50mm/F1.7 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5 
Biometar80mm/F2.8(MC?) 
Zunow・Zuminor75mm/F3.5 
LUMIX・G・VARIO14-45mm/F3.5-5.6ASPH.MEGA・O.I.S. 
EF35mm/F2 
Xenar75mm/F3.5 
Makro-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
AUTO・REVUENON50mm/F1.9 
NFD50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-FA43mm/F1.9Limited 
MC・FLEKTOGON20mm/F2.8 
CULTAGON・electric35mm/F2.8 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4(A05) 
SAMYANG14mm/F2.8ED・AS・IF・UMC 
SIGMA・ZOOM24-135mm/F2.8-4.5 
SMC・PENTAX-FA35mm/F2AL 
LEICA・DG・MACRO-ELMARIT45mm/F2.8ASPH./MEGA・O.I.S 
HEXANON・AR50mm/F1.7 
Mamiya・N65mm/F4L 
SonnarT*90mm/F2.8(G) 
Super-Takumar50mm/F1.4 
ZUIKO・AUTO-T100mm/F2 
TAMRON・SP・AF28-75mm/F2.8(A09) 
ROKKOR75mm/F3.5 
RICOH・LENS・S10・24-72mm/F2.5-4.4VC 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(前期型) 
ZENZANON・PS180mm/F4.5 
Super-Multi-Coated・BELLOWS-TAKUMAR100mm/F4 
XF14mm/F2.8R 
EF50mm/F1.8STM 
SMC・PENTAX-DA50-200mm/F4-5.6ED 
AUTO・REVUENON50mm/F1.8 
LUMIX・G14mm/F2.5ASPH. 
MC・BIOMETAR80mm/F2.8 
COSINA35-70mm/F3.5-4.8MC・MACRO 
M.ROKKOR40mm/F2 
S-Planar・T*60mm/F2.8AEG 
COLOR-ULTRON50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-A・ZOOM35-70mm/F3.5-4.5 
ULTRON40mm/F2SLII 
KONI-OMEGA・HEXANON90mm/F3.5 
TOMIOKA・AUTO・YASHINON55mm/F1.2 
Auto-Topcor58mm/F1.4 
BiogonT*28mm/F2.8(G) 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4SC 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX・DG 
PlanarT*50mm/F1.4ZS 
HEXANON85mm/F3.5 
COSINA24mm/F2.8MC・MACRO 
COLOR-YASHINON・DX45mm/F1.7 
SIGMA30mm/F1.4EX・DC・HSM 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(後期型) 
CF・Distagon・FLE50mm/F4 
AUTO・YASHINON-DS20mm/F3.3 
C・Biogon・T*21mm/F4.5ZM 
AF-S・NIKKOR24-85mm/F3.5-4.5G・ED・VR 
NIKKOR-T10.5cm/F4(改) 
Biometar80mm/F2.8(SC) 
EF50mm/F1.8 
SUMMICRON50mm/F2(II) 
PORST・COLOR・REFLEX・MC・AUTO50mm/F1.7 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(N) 
SMC・PENTAX67・45mm/F4 
ULTRA・WIDE-HELIAR12mm/F5.6Aspherical 
PlanarT*50mm/F1.4(N) 
E16mm/F2.8 
P.ANGENIEUX・PARIS・TYPE・X1・75mm/F3.5 
Planar・80mm/F2.8 
M.ZUIKO・DIGITAL25mm/F1.8 
PYCCAP20mm/F5.6 
W・NIKKOR-C35mm/F2.5 
FD35mm/F2 
NIKKOR-P・C75mm/F2.8 
YASHICA・ML21mm/F3.5 
XR・RIKENON45mm/F2.8 
XF18mm/F2R 
MC-JUPITER-9・85mm/F2 
ZENZANON・PS40mm/F4 
SUPER・WIDE-HELIAR15mm/F4.5ASPHERICAL 
TessarT*45mm/F2.8MMJ・100Jahre 
SUMMICRON-C40mm/F2 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
ZENZANON・PS110mm/F4.5MACRO(1:1) 
EF135mm/F2.8SOFTFOCUS 
RICONAR80mm/F3.5 
ARSAT30mm/F3.5 
SEKOR65mm/F6.3 
MINOLTA・AF50mm/F1.7(N) 
TOPCOR50mm/F3.5 
SUMMARON35mm/F3.5 
SMC・PENTAX-M50mm/F1.4 
ZUIKO・MC・AUTO-S50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
PlanarT*85mm/F1.4AEG 
SIGMA18-50mm/F2.8-4.5DC・OS・HSM 
AUTO・YASHINON・DS-M50mm/F1.4 
SMC・TAKUMAR55mm/F1.8 
SIGMA70mm/F2.8MACRO・EX・DG 
MD・ROKKOR-X45mm/F2 
ZENZANON150mm/F3.5 
XF35mm/F1.4R 
S-M-C・TAKUMAR55mm/F1.8 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
AF-S・NIKKOR・DX・ED18-55mm/F3.5-5.6GII 
Ai・NIKKOR28mm/F2.8S 
M.ZUIKO・DIGITAL・ED14-42mm/F3.5-5.6 
SIGMA 
AUTO・YASHINON-DS50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.9 
SUPER-KOMURA50mm/F3.5 
NORITAR80mm/F2 
ROKKOR-QF40mm/F1.7 
HEXANON・AR50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-A28mm/F2.8 
ZENZANON・PS65mm/F4 
SEKOR65mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.7 
G.ZUIKO・AUTO-S55mm/F1.2 
YASHICA・DSB50mm/F1.9 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F3.5-5.6 
COSINA55mm/F1.2MC 
FUJINON55mm/F1.8 
AUTO・GAF50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
30mm/F2.8 
AUTO-FLEX50mm/F1.7 
LENZ 
SERIES-E100mm/F2.8 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.4 
Distagon25m/F2.8MMJ 
YASHICA・ML50mm/F1.9c 
Vario-SonnarT*40-80mm/F3.5AEG 
XR・RIKENON50mm/F2(前期型) 
XR・RIKENON50mm/F2L 
AUTO・YASHINON50mm/F2 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F2 
SUPER-EBC・FUJINON・ZOOM28-56mm/F4.5-7.5 
YASHICA・ML50mm/F2 
PlanarT*50mm/F1.7MMJ 
AF-S・NIKKOR50mm/F1.8G・Special・Edition 
Sonnar100mm/F3.5AEJ 
NIKON・LENS28mm/F3.5 
CANON・TV・LENS50mm/F0.95 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAMII 
MACRO・SEKOR60mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF58mm/F1.4 
FD100mm/F2.8S.S.C. 
T-22・75mm/F4.5 
S-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
HEXAR35mm/F2 
SMC・PENTAX-DFA50mm/F2.8MACRO 
SP・AF70-300mm/F4-5.6Di・VC・USD 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F4-5.6 
iPhone4S 
Vario-SonnarT*28-80mm/F3.5-5.6 
HEXANON・AR35mm/F2.8 
AUTO・CHINON55mm/F1.7 
CHIYOKO・ROKKOR75mm/F3.5 
NFD135mm/F2.8 
Opton-Tessar75mm/F3.5 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
NFD70-210mm/F4 
SIGMA-Z24mm/F2.8 
SUMMILUX50mm/F1.4(II) 
CREATOR35mm/F2 
Auto-Takumar55mm/F1.8 
MINOLTA・AF24-50mm/F4 
PENTAX-M50mm/F1.7 
PENTAX645-A・35mm/F3.5 
SIGMA・APO70-300mm/F4-5.6DG・MACRO 
MINOLTA・AF28-80mm/F3.5-5.6 
ZENZANON-S105mm/F3.5 
SMC・PENTAX-A70-210mm/F4 
MINOLTA・AF35-105mm/F3.5-4.5 
MD・ROKKOR50mm/F1.4 
ZENZANON・MC40mm/F4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4Di・LD・ASP 
YASHICA・DSB55mm/F2 
COSINA20mm/F3.8MC 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
NFD100mm/F2 
F.Zuiko32mm/F1.7 
NFD28mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF50mm/F1.7 
D.Zuiko28mm/F3.5 
F.ZUIKO40mm/F1.7 
EF28-105mm/F3.5-4.5USM 
MC・W.ROKKOR-PF28mm/F2.8 
MC・TELE・ROKKOR-PF100mm/F2.8 
DistagonT*18mm/F4MMG 
Ai・NIKKOR50mm/F1.8S 
Super-Takumar105mm/F2.8 
SUPER-FUJINON8.3mm/F2.8 
G.ZUIKO・AUTO-S50mm/F1.4 
Super-Takumar50mm/F1.4(8枚玉) 
EF-S・18-55mm/F3.5-5.6IS/ 
70mm/F2.8 
MACRO 
M.ZUIKO・DIGITAL14-42mm/F3.5-5.6IIR 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH.POWER・O.I. 
EX 
OLYMPUS・BCL-1580 
MIR26B45mm/F3.5 
COLOR-HELIAR105mm/F3.5 
YASHIKOR80mm/F3.5 
DG 
SonnarT*85mm/F2.8AEJ 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm・F1.4ASPH. 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
Zeiss・Opton・Tessar80mm/F2.8 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5  
EF28mm/F2.8 
YASUHARA・MADOKA7.3mm・F4 
PENTAX-A645ZOOM80-160mm/F4.5 
・POWER・O.I.S. 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH. 
ZENZANON・PE75mm/F2.8 
Auto-Cintar55mm/F1.7 
XR・RIKENON・ZOOM35-70mm/F3.5MACRO 
AUTO・CHINON50mm/F1.9 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL 
ZUIKO・AUTO-MACRO90mm/F2 
Ai・NIKKOR85mm/F1.4S 
Tokina・SD70-210mm/F4-5.6 
OSAWA・MC28-50mm/F3.5-4.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F2 
CANON・LENS40mm/F1.7 
PlanarT*50mm/F1.4ZF 
NIKKOR-H・C75mm/F2.8 
SP・AF90mm/F2.8MACRO1:1(172E) 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
EBC・FUJINON・SW65mm/F5.6 
STM 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4MC 
Sonnar85mm/F2.8AEJ 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(I) 
COSINA70-210mm/F4・MC・MACRO 
YASHICA・ML・ZOOM35-105mm/F3.5-4.5 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX 
SMC・PENTAX-M120mm/F2.8 
XF18-55mm/F2.8-4R 

CAMERA

ROLLEIFLEX 2.8A (1)
ROLLEIFLEX 2.8C (4)
ROLLEIFLEX 3.5F (11)
ROLLEIFLEX AUTOMAT (6)
ROLLEICORD IV (1)
ROLLEICORD Vb (3)
MINOLTA AUTOCORD (7)
KONIFLEX (5)
YASHICAFLEX (2)
YASHICA MAT (12)
RICOHFLEX NEW DIA (3)
SEMFLEX (4)
LUBITEL 166B (2)
HASSELBLAD 500C/M (4)
BRONICA EC (22)
BRONICA SQ-A (20)
BRONICA SQ-Am (3)
PENTACON SIX TL (4)
NORITA66 (3)
MAMIYA C220 (3)
MINE SIX IIF (8)
PENTAX6X7 (4)
MAMIYA 7II (6)
KONICA PRESS (5)
FUJI GSW690 (1)
MAMIYA PRESS SUPER 23 (3)
BESSAII (1)
BRONICA ETR-Si (1)
CANON New F-1 (17)
CANON A-1 (2)
CANON EOS5 (8)
CANON EOS55 (1)
CANON EOS Kiss III L (2)
CANON CANONET QL17 (1)
NIKON F3HP (1)
NIKON EM (1)
NIKON AF600 (2)
PENTAX KX (5)
PENTAX MX (5)
PENTAX ME (1)
PENTAX ME SUPER (8)
MINOLTA XG-S (2)
MINOLTA New X-700 (8)
MINOLTA α-7 (10)
MINOLTA α-507Si (2)
MINOLTA α-SWEET (2)
MINOLTA Hi-MATIC E (3)
CONTAX RTS (2)
CONTAX RTSII (4)
CONTAX RX (5)
CONTAX N1 (6)
CONTAX G1 (9)
OLYMPUS SIX RIIB (1)
OLYMPUS OM-4 (4)
OLYMPUS OM-2SP (7)
OLYMPUS OM10 (1)
OLYMPUS 35DC (1)
OLYMPUS PEN EE2 (1)
OLYMPUS PEN EED (1)
YASHICA ELECTRO 35 GTN (4)
VOIGHTLÄNDER BESSA R (2)
VOIGHTLÄNDER BESSA R3A (1)
KONICA FTA (2)
KONICA HEXAR (2)
FUJI TIARA ZOOM (2)
FUJI FinePix4500 (1)
PENTAX K10D (13)
PENTAX K-5 (180)
PENTAX K-5 IIs (13)
PENTAX K-3 (15)
PENTAX Optio RZ10 (12)
SONY α300 (22)
SONY α350 (6)
SONY α550 (10)
SONY α33 (8)
SONY α77 (4)
SONY NEX-5 (120)
SONY NEX-5N (184)
SONY α6000 (110)
PANASONIC LUMIX GF2 (14)
PANASONIC LUMIX GX1 (15)
PANASONIC LUMIX GX7 (9)
OLYMPUS E-PL5 (74)
OLYMPUS OM-D EM-5 (4)
RICOH GXR (113)
RICOH GXR MOUNT A12 (17)
FUJI X-E1 (26)
FUJI X-E2 (7)
FUJI X-A1 (3)
FUJI X-M1 (5)
SIGMA SD15 (24)
SIGMA DP1x (25)
SIGMA DP2 Merrill (61)
SIGMA DP3 Merrill (31)
NIKON D200 (12)
NIKON D7100 (30)
NIKON D810 (4)
CANON EOS 40D (11)
CANON EOS 50D (49)
CANON EOS 60D (2)
CANON EOS 7D (28)
CANON EOS 5D MarkII (300)
iPhone 4S (3)
iPhone 6 (5)
未分類 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。