続改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千代田区北の丸公園(1)

縦横混在させたくないのですが、我慢していただいて・・・<(_ _)>

PENTAX K-5 + SMC PENTAX-DA 50-200mm/F4-5.6 ED

_IGP1164.jpg

一昨日の撮影なのですが、千鳥ヶ淵のソメイヨシノはまさに満開でした。昼過ぎに九段下駅の階段を上がり地上に出たところでもの凄い人の数でした。歩道は狭いですし、樹木の間から狙うとなると撮影場所は限定されます。毎年のようにここに来ていますが、撮影ポイントはほぼ決まってしまいますね。なぜかこの日はボートが一艘も出ていなくて助かりました。皆さんサクラの下に入り込んで動かないのですよね (´ω`;)

_IGP1151.jpg

_IGP1204.jpg


スポンサーサイト
  1. 2015/04/02(木) 22:16:37|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

横浜駅東口(2)

また横浜に戻ります。横浜駅東口の国道1号線、上の高速は首都高速横羽線です。

馬車道から阪東橋まで歩き所用を済ませ、また海岸通りに戻りみなとみらいを撮り歩き横浜駅に近づく頃にはさすがに疲れを感じていました。地元でしたら自転車移動もできるのですが。

今日の写真、2枚目はカラーですとよくなかったです。混在してご覧に入れるのはあまり好きではないのですが。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL WR

20131123-IMGP1099-2.jpg

20131123-IMGP1119-2.jpg


  1. 2014/01/02(木) 06:30:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

横浜駅東口(1)

今年ご覧いただく最後の写真。日産本社ビルからスカイビル、そごうへ架かる通路から撮影しています。奥に見える商業施設がベイクォーター。横浜の方には説明が要らないでしょう。


今年は、というかこの数年同じなのですが、作品をつくる意識で撮影に出ることがあまりありませんでした。ほとんどが所用の前後で時間を遣り繰りして撮ったものばかりです。今日は一日撮るぞ、との意識で出かけられたのは数えるほどです。この横浜の撮影も阪東橋での所用を終えてから夜にかけて延々と撮り歩き、横浜駅近くまで来た最後のほうのカットです。

この1年をふりかえって強く感ずるのは眼の衰えです。同世代の方々はいかがでしょうか? 私は老眼が出るのはかなり早かったのですが、年々眼の衰えを感じます。最近でもいくつかの機材では合焦させるのに難儀しました。普通の見方ではまるでピントが出せず、覗き方を工夫してやっとの有り様。中判ですとルーペの視度もあるのでしょう。135判では視度調整が有る機種でないと厳しいですし、有ったところでファインダー倍率の低いAF機ですと話になりません。今後はAFで撮るしかないのかもしれませんね。それでも歩行困難で撮影にも行けないというような躯ではないことを感謝すべきでしょうか。記憶容量は年々小さくなっていますが、ボケは写真だけで済んでいますのでヾ(´▽`;)ゝ

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL WR

20131123-IMGP1093-2-3.jpg

20131123-IMGP1097-2-3.jpg


  1. 2013/12/31(火) 11:10:19|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:12

海岸通り

今日の写真ですが、柱やスラブに見える補修跡を少し前にKONDOHさんが撮られていて、私はまったく気づかなかったのですが、自分で撮った写真でもそれが鮮明に写っていました。レタッチしているときもまるで気がつきませんでしたね (^^:)

この写真は当初モノクロ化したものを掲載するつもりだったのですが、やはりカラーでないと面白くありませんでした。撮影時の意識はカラーです。それがレタッチしてモノクロのほうがフィットする場合もありますが、必ずしもすべてではないですね。両方で見せることのできる写真というのも実際にはなかなかありません。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL WR

20131123-IMGP0835-2_201312270023282e4.jpg


  1. 2013/12/27(金) 06:30:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

日本大通り(2)

以前もご覧いただいた横浜情報文化センターです。この日は午前中から撮影して昼に阪東橋に行き所用を済まし、夕方からまた戻ってきて大桟橋~象の鼻パークをスタートしてベイクォーターまでで撮り歩いたのでした。

今日の写真はどちらもかなり軟調に現像して、歪曲を補正しています。このレンズの解像度はSIGMAレンズのように先鋭ではありませんが十分なレベルです。歪曲も平均レベルで有るのですが、補正をすれば十分使えますね。K-5のボディ内手ブレ補正のおかげで暗めのレンズでも何とか夜の撮影が可能です。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL WR

20131123-IMGP0700-2.jpg

20131123-IMGP0695-2.jpg
  1. 2013/12/26(木) 06:30:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:4

馬車道~日本大通り

写真の正確な場所を記憶しておらず、ファイルナンバーからこのへんだろうと見当をつけていたのですが、2枚目にTVKの入ったURLが記載されているために所在地が判りました。最近は馬車道から日本大通りへと歩くことが多いのですが、この日は横浜公園へ結構入り込んで向かっています。

たまたま発見した昭和21年頃の横浜の写真。樹木のある部分が横浜公園。横浜税関や県庁が判ります。驚いたのは左側一帯で、かまぼこ型兵舎や軍用車両らしきものが見えますので接収地だと理解できます。

調べてみると「・・・山下公園には将校宿舎がつくられている。マッカーサーが宿舎としたホテル・ニューグランドも山下公園を前にした位置に見える。港に近い横浜税関ビルに全国の占領部隊を指揮する第8軍司令部が置かれたのをはじめ・・・めぼしい建物はほとんど接収された。繁華街である伊勢佐木町に見えるビルでは、松屋百貨店は病院、野沢屋はPX(米軍購買部)、不二家は第8軍ヨコハマクラブに当てられた。横浜公園野球場は兵士専用のゲーリック球場となった。伊勢佐木町裏には飛行場も造られた。・・・統計によると1946(昭和21)年9月現在横浜の接収地面積は921ha、接収建物は363件95haあり、1951年調査では沖縄を除く全国の米軍接収地の実に62%を横浜が占めた」(地図情報第109号「横浜の地図」・引用時に一部修正)とあります。

ニューグランドが接収されたのはうっすら記憶していますし、根岸の宿舎、瑞穂埠頭の港湾施設などが浮かびますが、関内周辺がごっそり接収されていたことは知りませんでした。返還に向けた多くの人びとの苦労・努力のおかげでいま一帯を散策することが可能なわけですね。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL WR

20131123-IMGP0639-2.jpg

20131123-IMGP0634-2-2.jpg



  1. 2013/12/25(水) 06:30:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

日本大通り(1)

横浜公園の北側にある旧関東財務局。以前、加藤法久さんのThe Dark Roomがここにありましたので、何度か中に入ったことがあります。昭和2年に完成した建物なので震災復興建築といってよいでしょうか。築86年ですね。全面的に耐震工事を実施して、その後は民間に賃貸するようなプランが立てられています。工事の終了は平成28年度以降になるようです。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL WR

20131123-IMGP0649-2.jpg

20131123-IMGP0653-2-2.jpg

20131123-IMGP0655-2-3.jpg


  1. 2013/12/24(火) 10:08:01|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

馬車道

石神井公園ばかり続けているので口直しの横浜。1カ月前に出かけたときの画像が相当数残っていて引っ張り出してきました。

写真はD’グラフォート横浜クルージングタワーの1F部分。ここは旧三菱銀行横浜支店の外壁を低層部に保存、復元した超高層マンションとのことです。いまはRC造21階建に生まれ変わっています。ところがマンションであることを知ったのはついさっきです。撮影中は上部まで丹念に見上げませんし、近くには歴史的建造物が多く残りますので、ここもそうだろうと疑ってもみませんでした。写真には歴史的建造物であることを示すプレートが見えますが、だいたいこういうものをまず読みません。写真展、絵画展でも入口付近にある作者の紹介、作品の説明ボードとか絶対に読みませんし(^^:)

往年の姿を伝える写真はないかと探したらここにありました。矢部又吉という建築家の設計です。旧川崎銀行の建物を多く手がけています。

いまはこういう形でしか歴史的建造物を残すのは難しいのでしょうかね。「外壁を低層部に保存、復元した」とありますので内装はマンション仕様に変更されているのでしょうか。ちなみに検索していたらこのマンションの販売物件があり90.4㎡、19F、2LDKで8,400万円とのことです。いかがですか? (; ̄ー ̄川

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL WR

20131123-IMGP0627.jpg


  1. 2013/12/23(月) 06:30:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:4

北仲通北再開発等促進地区

中区海岸通、北仲通で進行中の計画です。汽車道の南側対岸になります。以前の状態を撮っている写真があるはずですが、倉庫があったように記憶します。調べると帝蚕倉庫という名前がありました。計画図はこちらです。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL WR

20131123-IMGP0606.jpg

横浜市都市整備局の計画では「公共施設等の整備の方針」に、

「1. ウォーターフロントを活かした都市公園を整備し、歴史的土木遺構の保全とともに、水際線沿いのプロムナード(以下水際線プロムナードという。)や広場等、市民に開かれた魅力的な水辺空間を整備する。また、水際線プロムナードにおいては、魅力的な空間を形成するために適切な幅員を確保した上でその一部分について水際の賑わいを演出する施設を設けることは妨げない。
2. 地区内に区画道路を整備し、周辺の幹線道路とのネットワークに配慮しながら、再開発等に伴い発生する交通を円滑に処理するための施設を整備する。また、開発計画に合せて、みなとみらい馬車道駅付近に、周辺の放置自転車対策に寄与する自転車駐車場を整備する。
3. みなとみらい線馬車道駅や周辺地区との結びつきに配慮した、安全で快適な歩行者通行施設を整備する。
4. 都心型住宅の誘導にあわせて、居住者の生活の利便に供する広場・空地を整備する。
5. 区画道路を安全に横断する歩行者デッキを整備するとともに、馬車道駅や水際線プロムナードを結ぶ地上・地下・デッキレベルにおける多様な歩行者動線を地区内に確保することで、来街者にとって安全で魅力ある歩行者ネットワークの形成を図る」

「建築物等の整備の方針」では、

「○地区全体
1. 歴史的建造物を極力保全し、建築物の低層部については、都市計画道路3・1・7号栄本町線(以下「栄本町線」という。)、万国橋通沿いで、横浜第二合同庁舎(旧生糸検査所)(以下「旧生糸検査所」という。)の低層部の街並みを継承しつつ、旧帝蚕倉庫群の景観を保全し、地区周辺の街並みや歴史的建造物と調和の取れたものとする。また、賑わいのある商業施設などを配置し、周辺市街地や近接駅からの賑わいの連続性を確保する。
2. 建築物の高さについては、北仲通南地区と共に関内地区の玄関口(シティゲート)としての都市景観を形成するため超高層建築物を誘導し、計画図に示す横浜ランドマークタワーから既成市街地へなだらかなスカイラインを形成する。また、水際線及び幹線道路沿いでは、周囲への圧迫感の低減や既成市街地からの街並みの連続性の確保などのため低層の建築物を誘導する。
3. 水際線沿いでは、水際線プロムナードと一体となった水際の街並み空間を創出し、みなと横浜にふさわしい街並みの連続性や景観の形成を図る。
4. 関内地区とみなとみらい21地区との結節点にふさわしい建築物等を整備するため、建築物等の形態・意匠について魅力的なものとし、低層部については、周辺の歴史的景観と連続した街並みを形成するデザインとするものとする。
5. 地区内の建築物の配置及び形態については、周辺市街地から港を感じることが出来るよう、地区内及び周辺市街地からの通景、港からの眺望に配慮する。
6. 駐車施設については、地区内建築物相互の協力などにより、地区内及び地区周辺の交通負荷軽減のための動線を計画する」

要は景観を維持しながらも公園、商業・業務施設、住宅とすべてぶち込むみたいです。「超高層建築物を誘導」とあるのでやがては運河、汽車道が谷間になるのでしょうね。空間的には広く確保してもらいたい場所なのですが。


  1. 2013/11/26(火) 10:12:44|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

日本大通り(2)

最近、お気に入りの撮影ポイント。日本大通りの横浜情報文化センター1Fのレストラン、アルテリーベの脇のところです。デッキとチェアは毎回こんな感じで積まれていますが、きちんと配列されていないことで好ましく感じています。

ところで最近はLightroomでの現像が多いのですが、悩むのはディテールの滑らかさです。カラーですと粒子が乗るよりは滑らかなほうがよいと思えるシーンもあるのですが、モノクロ化したときは粒子が乗るか乗らないかでかなり印象が異なります。今日の写真では石の庇や奥の壁面の質感を考えると粒子を乗せたほうが正解のようです。ディスプレーでは判りにくいですが、プリントではかなり感じが異なるでしょうね。こういう処理をしているといままでナーバスになっていた高感度撮影時のノイズとは何だったのかと考えてしまいます。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL WR

20131123-IMGP0686-2.jpg




  1. 2013/11/25(月) 06:30:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

日本大通り(1)

昨日は午後に横浜で所用がありその前後に撮影してきました。午前はみなとみらい~石川町~阪東橋と歩き、夕方からその反対順路を進み勢いで横浜駅まで徒歩貫徹(-_-;)  意地で電車に乗らなかったような・・・さすがに歩き疲れて今朝も疲労が残っています。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL WR

20131123-IMGP0721-2.jpg


  1. 2013/11/24(日) 13:13:24|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

神代植物公園(9)

PENTAX K-5 + Super-Multi-Coated BELLOWS-TAKUMAR 100mm/F4 + HELICOID EXTENSION TUBE K + RING 1

IMGP0293.jpg

IMGP0319_1.jpg


CANON EOS 5D MarkII + Planar T* 100mm/F2 MMG

IMG_7522.jpg

IMG_7545.jpg


  1. 2013/07/21(日) 07:00:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

神代植物公園(8)

PENTAX K-5 + Super-Multi-Coated BELLOWS-TAKUMAR 100mm/F4 + HELICOID EXTENSION TUBE K + RING 1

IMGP0340_2.jpg

IMGP0406_1.jpg

IMGP0425_1.jpg

IMGP0433_1.jpg


  1. 2013/07/20(土) 09:14:06|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

神代植物公園(7)

PENTAX K-5 + Super-Multi-Coated BELLOWS-TAKUMAR 100mm/F4 + HELICOID EXTENSION TUBE K + RING 1

IMGP0413.jpg

IMGP0416.jpg

IMGP0419_20130718232138.jpg

IMGP0430_20130718232314.jpg


  1. 2013/07/19(金) 07:00:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

神代植物公園(6)

またBELLOWS-TAKUMAR 100/4に戻ります。P100/2と同じシーンもありますが悪くないですね。後ボケも見苦しくなく感じますし、結構使えるレンズかもしれません。

PENTAX K-5 + Super-Multi-Coated BELLOWS-TAKUMAR 100mm/F4 + HELICOID EXTENSION TUBE K + RING 1

IMGP0395.jpg

IMGP0404_1.jpg

IMGP0347.jpg

IMGP0349.jpg

IMGP0357.jpg


  1. 2013/07/18(木) 09:50:38|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

神代植物公園(2)

PENTAXの100/4ではSuper-Multi-Coated MACRO-TAKUMARがあります。どうもBELLOWS-TAKUMAR 100/4に1/2倍まで寄れるヘリコイドと開放測光連動絞りが搭載されているとのことなので、わざわざHELICOID EXTENSION TUBE Kを探すくらいならそちらのほうが楽かも・・・(; ̄ー ̄川

ところがHELICOID EXTENSION TUBE Kは他のレンズでも使用できますので、一つあると重宝するでしょう。使うならば、ですよ!ヾ(´▽`;)ゝ


BELLOWS-TAKUMAR 100/4、MACRO-TAKUMAR 100/4ともレンズ構成は3群5枚。M42マウントのBELLOWS-TAKUMAR 100/4はおそらくコーティング違いで3種類のモデルがあるようです。M42以降もM以前のKマウントでSMC PENTAX BELLOWS 100/4が製造されているようですので、実際は4タイプのモデルがあるようです。これら4本は光学系はおそらく同一でコーティング違いだけだと推測します。

PENTAX K-5 + Super-Multi-Coated BELLOWS-TAKUMAR 100mm/F4 + HELICOID EXTENSION TUBE K + RING 1

IMGP0237.jpg

IMGP0243.jpg

IMGP0249.jpg

IMGP0289.jpg

IMGP0335.jpg


  1. 2013/07/14(日) 07:00:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

神代植物公園(1)

ジャンクから救出したBELLOWS-TAKUMAR 100/4。

_MG_0541.jpg

レンズの状態もよく安価に救出したのはよいのですが、このレンズはベローズ使用が前提ですからヘリコイドがありません ヾ(´▽`;)ゝ ということで見つけてきたのがHELICOID EXTENSION TUBE K。この組み合わせでは最短がまだ長いためさらにK用の中間リング1を装着しています。これで合焦する距離は目測ですが約60cm~約5m。最短をさらに稼ぎたいときには中間リングを2・3に変えるか、増やせばよいわけです。

BELLOWS-TAKUMAR 100/4はM42ですのでボーグのM42ヘリコイドシステムを使うことも可能ですが、セットで揃えると値がはりますのでこちらのほうが安価でしょう。これにM39→M42アダプターを使えば引き伸ばしレンズでの接写も可能です。さらにK→m4/3、K→E用のアダプターにも装着可能ですので、選択できる機材は拡がります。


で、神代植物園で試してきました。開放F4ですので無理のない描写です。マクロゆえに解像も先鋭。ボケはやや古い個性を感じます。絞り値は開放~F5.6。絞り羽根は8枚ですが形状はY/CのAEタイプのように癖があります。最大絞り値では真円になりますが、F11までは手裏剣状です。ボケよりは解像度を期待するレンズですので、この点はやむを得ないところでしょうか。総じて印象は悪くありません。

PENTAX K-5 + Super-Multi-Coated BELLOWS-TAKUMAR 100mm/F4 + HELICOID EXTENSION TUBE K + RING 1

IMGP0162.jpg

IMGP0204_20130713100822.jpg

IMGP0171.jpg

IMGP0190.jpg

IMGP0222.jpg

IMGP0224.jpg


  1. 2013/07/13(土) 10:10:17|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:4

渋谷区神宮前(15)

在庫の関係で引っ張ってきましたが、RIKENON P 55/1.2もこれで終わり(笑)

4枚目のフリンジは強烈です。5枚目も等倍で見るとバッグの文字に合焦しているのですが、ハイライトが滲むのでボワッと見えますね。結論からするとこのレンズは処分ですね。3,150円のCOSINA 55mm/F1.2 MCがあればOKですヾ(´▽`;)ゝ

PENTAX K-5 + RIKENON P 55mm/F1.2

IMGP0022_1.jpg

IMGP0089.jpg

IMGP0093_1.jpg

IMGP0079.jpg

IMGP0005.jpg


  1. 2013/07/03(水) 07:00:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

渋谷区神宮前(14)

口径食、色収差。人間でも大口径レンズでも性格が悪いと敬遠されるのは同じです (; ̄ー ̄川

PENTAX K-5 + RIKENON P 55mm/F1.2

IMGP0051.jpg

IMGP0007.jpg

IMGP0012.jpg

IMGP0010.jpg
  1. 2013/07/02(火) 07:00:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:4

渋谷区神宮前(13)

ノーマルだと使えない写真の数々。メタリックのハイライトの場合は見事にフリンジが出現してくれます。色収差が大きいということですね。現代のデジタル対応したレンズですとここまで大きな出方はしませんので正直萎えます。

PENTAX K-5 + RIKENON P 55mm/F1.2

IMGP0111.jpg

IMGP0083.jpg

IMGP0113_1.jpg

IMGP9979.jpg

IMGP9981.jpg


  1. 2013/07/01(月) 07:00:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

渋谷区神宮前(12)

PENTAX K-5 + RIKENON P 55mm/F1.2

IMGP0109.jpg

IMGP9983.jpg

IMGP9988_1.jpg


  1. 2013/06/30(日) 07:20:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

渋谷区神宮前(11)

RIKENON P 55/1.2を続けます。

少し前にこのレンズはハイライトの滲みがあると記しました。1枚目の写真は時計の文字盤がボヤッとして見えますがこれでも合焦しているのです。古いモノコートのレンズで開いたときに、もっとハイライトの滲みが強く出るものがありますね。現代のレンズではまずここまで強くは出ませんが、これを味として積極的に狙うかどうか。まあそのへん次第で使用価値も出てくるのかもしれません。

PENTAX K-5 + RIKENON P 55mm/F1.2

IMGP0020_1.jpg

IMGP0014_1.jpg

IMGP0016.jpg

  1. 2013/06/29(土) 09:57:08|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

渋谷区神宮前(10)

PENTAX K-5 + RIKENON P 55mm/F1.2

IMGP0101_1.jpg

IMGP0096.jpg

IMGP0064_1.jpg


  1. 2013/06/28(金) 07:00:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

渋谷区神宮前(9)

そういえば都庁舎に出かけたのは運転免許証の更新が目的でした。府中の免許センターと較べると人も少なく手続きも早いです。何よりアクセスが楽です。区分が優良または一般のみですので違反があると都庁舎内で更新はできませんが。なお区分が優良の方は近隣(すべてではない)警察署で更新できますので、わざわざ都庁舎まで足を運ぶ必要はありませんヾ(´▽`;)ゝ

RIKENON P 55/1.2で撮る場合、今日のような背景ですと何とか見られます。できるだけ口径食が出現現しないよう、光源は入れないほうが賢明です。

PENTAX K-5 + RIKENON P 55mm/F1.2

IMGP0048_1.jpg

IMGP9978.jpg

IMGP0050.jpg


  1. 2013/06/27(木) 08:00:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

渋谷区神宮前(8)

PENTAX K-5 + RIKENON P 55mm/F1.2

IMGP0032.jpg

IMGP0046.jpg

IMGP0043.jpg

IMGP0106.jpg


  1. 2013/06/25(火) 07:00:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

渋谷区神宮前(7)

使ったことを忘れていたレンズ(-_-;)

RIKENON P 55mm/F1.2です。大口径ですから気になる向きもあるでしょうが、ヤフオクではたまに出品されています。私が入手したのは都内某店で、3万円ほどですからよくある価格です。

このレンズはCOSINA 55mm/F1.2 MCと同一ではないかと推測します。COSINAが3,150円だったので、絞り羽根が正常に動くだけで10倍の価格です!(; ̄ー ̄川

いまK10Dで撮った画像を見ると今回K-5で撮ったものよりよい感じですヾ(´▽`;)ゝ

開放では色収差が目立ちます。ハイライトはかなり滲みますね。白抜きの文字は合焦しているのにボヤッと滲みます。前回の記事で「ボケボケ」という評価を引き合いに出しているのはこの辺に起因しているように思えます。他には口径食が大きめです。背景を選んだほうが無難でしょう。わざわざ高値で入手する必要はないというのが自分の評価です。

PENTAX K-5 + RIKENON P 55mm/F1.2

IMGP0037.jpg

IMGP0029.jpg

IMGP0030.jpg

IMGP0027.jpg


  1. 2013/06/24(月) 09:11:46|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

渋谷区神宮前(6)

そういえばFC2ブログの管理画面で記事管理ができない状態が続いていたのですが、どうもFirefoxのAdblock Plusというアドオンが引っかかっていたようです。広告バナーのところに記事管理のカテゴリーが上がってきてクリックが効かなくなっていました。こういうバグはなかなか気がつかないですよ。とりあえず不具合は解消しましたが、広告は表示されてしまいます (; ̄ー ̄川

PENTAX K-5 + SMC PENTAX-FA 35mm/F2AL

IMGP9864.jpg

IMGP9855.jpg


  1. 2013/06/23(日) 07:00:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

渋谷区神宮前(5)

在庫が怪しくなってきたのでアップロードを節約・・・(; ̄ー ̄川

先日、トリプレットのTLRを入手したので、今日はそれを持ち出そうと思っています。ただし現像意欲が後退気味なのが問題ですが・・・(-_-;)

PENTAX K-5 + SMC PENTAX-FA 35mm/F2AL

IMGP9853.jpg

IMGP9843.jpg


  1. 2013/06/22(土) 07:42:25|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

渋谷区神宮前(4)

PENTAX K-5 + SMC PENTAX-FA 35mm/F2AL

IMGP9889.jpg

IMGP9891.jpg

IMGP9871.jpg

IMGP9885.jpg


  1. 2013/06/21(金) 07:00:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

吉祥寺(3)

PENTAX K-5 + SMC PENTAX-FA 35mm/F2AL

IMGP9711.jpg

IMGP9723.jpg

IMGP9750.jpg

IMGP9737.jpg


  1. 2013/06/20(木) 08:58:39|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

cucchi3143

Author:cucchi3143
前ブログ:改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿
前々ブログ:ふぁんき~な病人馬鹿一代記

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

時計

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

LENS

GR・LENS・A12・28mm/F2.5 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
SIGMA30mm/F2.8EX・DN 
E・PZ16-50mm/F3.5-5.6OSS 
LUMIX・G20mm/F1.7ASPH. 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
GR・LENS・A12・50mm/F2.5MACRO 
PlanarT*50mm/F1.4AEJ 
E50mm/F1.8OSS 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL・WR 
SIGMA・LENS16.6mm/F4 
SIGMA・Art30mm/F1.4DC・HSM 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
E18-55mm/F3.5-5.6OSS 
DT35mm/F1.8SAM 
XF18-55mm・F2.8-4R・LM・OIS 
PlanarT*35mm/F2(G) 
EF50mm/F1.2L・USM 
Elmar90mm/F4(L) 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
ULTRON40mm/F2SL 
CANON・LENS85mm/F1.9 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・HSM 
SIGMA・17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
EF50mm/F1.8II 
APO-LANTHAR90mm/F3.5SL 
M.ZUIKO・DIGITAL45mm/F1.8 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
SIGMA60mm/F2.8DN 
COLOR・HELIAR75mm/F2.5SL 
AUTO・REVUENON55mm/F1.4 
SIGMA30mm/F1.4EX・DG・HSM 
DistagonT*35mm/F2.8MMJ 
Ai・AF・NIKKOR35mm/F2D 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm/F1.4ASPH. 
EBC・FUJINON50mm/F1.4(前期型) 
SMC・PENTAX-F35-80mm/F4-5.6 
DT50mm/F1.8SAM 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
Lumaxar80mm/F3.5 
PENTAX・LENS5.0-50mm/F3.2-5.9 
SP・AF17-50mm/F2.8(A16P) 
Planar75mm/F3.5 
YASHINON・DS-M50mm/F1.7 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.7 
EF40mm/F2.8STM 
PlanarT*100mm/F2MMG 
PlanarT*45mm/F2(G) 
YASHICA・ML55mm/F2.8MACRO 
HEXANON・AR50mm/F1.7(前期型) 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6ALII 
SP・AF90mm/F2.8Di・MACRO1:1 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAM 
COSINON-S50mm/F2 
Makro-Planar・T*100mm/F2.8AEG 
RIKENON・P55mm/F1.2 
SP・AF17-50mm/F2.8XR・DiIIVC 
D・FA・MACRO100mm/F2.8WR 
NOKTON58mm/F1.4SLII 
SAMYANG35mm/F1.4Aspherical・IF 
XR・RIKENON50mm/F1.7 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
ZENZANON・MC75mm/F2.8 
ZENZANON・PS40mm/F4 
AUTO・RIKENON・EE50mm/F1.7 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5 
Biometar80mm/F2.8(MC?) 
Zunow・Zuminor75mm/F3.5 
LUMIX・G・VARIO14-45mm/F3.5-5.6ASPH.MEGA・O.I.S. 
EF35mm/F2 
Xenar75mm/F3.5 
Makro-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
AUTO・REVUENON50mm/F1.9 
NFD50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-FA43mm/F1.9Limited 
MC・FLEKTOGON20mm/F2.8 
CULTAGON・electric35mm/F2.8 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4(A05) 
SAMYANG14mm/F2.8ED・AS・IF・UMC 
SIGMA・ZOOM24-135mm/F2.8-4.5 
SMC・PENTAX-FA35mm/F2AL 
LEICA・DG・MACRO-ELMARIT45mm/F2.8ASPH./MEGA・O.I.S 
HEXANON・AR50mm/F1.7 
Mamiya・N65mm/F4L 
SonnarT*90mm/F2.8(G) 
Super-Takumar50mm/F1.4 
ZUIKO・AUTO-T100mm/F2 
TAMRON・SP・AF28-75mm/F2.8(A09) 
ROKKOR75mm/F3.5 
RICOH・LENS・S10・24-72mm/F2.5-4.4VC 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(前期型) 
ZENZANON・PS180mm/F4.5 
Super-Multi-Coated・BELLOWS-TAKUMAR100mm/F4 
XF14mm/F2.8R 
EF50mm/F1.8STM 
SMC・PENTAX-DA50-200mm/F4-5.6ED 
AUTO・REVUENON50mm/F1.8 
LUMIX・G14mm/F2.5ASPH. 
MC・BIOMETAR80mm/F2.8 
COSINA35-70mm/F3.5-4.8MC・MACRO 
M.ROKKOR40mm/F2 
S-Planar・T*60mm/F2.8AEG 
COLOR-ULTRON50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-A・ZOOM35-70mm/F3.5-4.5 
ULTRON40mm/F2SLII 
KONI-OMEGA・HEXANON90mm/F3.5 
TOMIOKA・AUTO・YASHINON55mm/F1.2 
Auto-Topcor58mm/F1.4 
BiogonT*28mm/F2.8(G) 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4SC 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX・DG 
PlanarT*50mm/F1.4ZS 
HEXANON85mm/F3.5 
COSINA24mm/F2.8MC・MACRO 
COLOR-YASHINON・DX45mm/F1.7 
SIGMA30mm/F1.4EX・DC・HSM 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(後期型) 
CF・Distagon・FLE50mm/F4 
AUTO・YASHINON-DS20mm/F3.3 
C・Biogon・T*21mm/F4.5ZM 
AF-S・NIKKOR24-85mm/F3.5-4.5G・ED・VR 
NIKKOR-T10.5cm/F4(改) 
Biometar80mm/F2.8(SC) 
EF50mm/F1.8 
SUMMICRON50mm/F2(II) 
PORST・COLOR・REFLEX・MC・AUTO50mm/F1.7 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(N) 
SMC・PENTAX67・45mm/F4 
ULTRA・WIDE-HELIAR12mm/F5.6Aspherical 
PlanarT*50mm/F1.4(N) 
E16mm/F2.8 
P.ANGENIEUX・PARIS・TYPE・X1・75mm/F3.5 
Planar・80mm/F2.8 
M.ZUIKO・DIGITAL25mm/F1.8 
PYCCAP20mm/F5.6 
W・NIKKOR-C35mm/F2.5 
FD35mm/F2 
NIKKOR-P・C75mm/F2.8 
YASHICA・ML21mm/F3.5 
XR・RIKENON45mm/F2.8 
XF18mm/F2R 
MC-JUPITER-9・85mm/F2 
ZENZANON・PS40mm/F4 
SUPER・WIDE-HELIAR15mm/F4.5ASPHERICAL 
TessarT*45mm/F2.8MMJ・100Jahre 
SUMMICRON-C40mm/F2 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
ZENZANON・PS110mm/F4.5MACRO(1:1) 
EF135mm/F2.8SOFTFOCUS 
RICONAR80mm/F3.5 
ARSAT30mm/F3.5 
SEKOR65mm/F6.3 
MINOLTA・AF50mm/F1.7(N) 
TOPCOR50mm/F3.5 
SUMMARON35mm/F3.5 
SMC・PENTAX-M50mm/F1.4 
ZUIKO・MC・AUTO-S50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
PlanarT*85mm/F1.4AEG 
SIGMA18-50mm/F2.8-4.5DC・OS・HSM 
AUTO・YASHINON・DS-M50mm/F1.4 
SMC・TAKUMAR55mm/F1.8 
SIGMA70mm/F2.8MACRO・EX・DG 
MD・ROKKOR-X45mm/F2 
ZENZANON150mm/F3.5 
XF35mm/F1.4R 
S-M-C・TAKUMAR55mm/F1.8 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
AF-S・NIKKOR・DX・ED18-55mm/F3.5-5.6GII 
Ai・NIKKOR28mm/F2.8S 
M.ZUIKO・DIGITAL・ED14-42mm/F3.5-5.6 
SIGMA 
AUTO・YASHINON-DS50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.9 
SUPER-KOMURA50mm/F3.5 
NORITAR80mm/F2 
ROKKOR-QF40mm/F1.7 
HEXANON・AR50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-A28mm/F2.8 
ZENZANON・PS65mm/F4 
SEKOR65mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.7 
G.ZUIKO・AUTO-S55mm/F1.2 
YASHICA・DSB50mm/F1.9 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F3.5-5.6 
COSINA55mm/F1.2MC 
FUJINON55mm/F1.8 
AUTO・GAF50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
30mm/F2.8 
AUTO-FLEX50mm/F1.7 
LENZ 
SERIES-E100mm/F2.8 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.4 
Distagon25m/F2.8MMJ 
YASHICA・ML50mm/F1.9c 
Vario-SonnarT*40-80mm/F3.5AEG 
XR・RIKENON50mm/F2(前期型) 
XR・RIKENON50mm/F2L 
AUTO・YASHINON50mm/F2 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F2 
SUPER-EBC・FUJINON・ZOOM28-56mm/F4.5-7.5 
YASHICA・ML50mm/F2 
PlanarT*50mm/F1.7MMJ 
AF-S・NIKKOR50mm/F1.8G・Special・Edition 
Sonnar100mm/F3.5AEJ 
NIKON・LENS28mm/F3.5 
CANON・TV・LENS50mm/F0.95 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAMII 
MACRO・SEKOR60mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF58mm/F1.4 
FD100mm/F2.8S.S.C. 
T-22・75mm/F4.5 
S-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
HEXAR35mm/F2 
SMC・PENTAX-DFA50mm/F2.8MACRO 
SP・AF70-300mm/F4-5.6Di・VC・USD 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F4-5.6 
iPhone4S 
Vario-SonnarT*28-80mm/F3.5-5.6 
HEXANON・AR35mm/F2.8 
AUTO・CHINON55mm/F1.7 
CHIYOKO・ROKKOR75mm/F3.5 
NFD135mm/F2.8 
Opton-Tessar75mm/F3.5 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
NFD70-210mm/F4 
SIGMA-Z24mm/F2.8 
SUMMILUX50mm/F1.4(II) 
CREATOR35mm/F2 
Auto-Takumar55mm/F1.8 
MINOLTA・AF24-50mm/F4 
PENTAX-M50mm/F1.7 
PENTAX645-A・35mm/F3.5 
SIGMA・APO70-300mm/F4-5.6DG・MACRO 
MINOLTA・AF28-80mm/F3.5-5.6 
ZENZANON-S105mm/F3.5 
SMC・PENTAX-A70-210mm/F4 
MINOLTA・AF35-105mm/F3.5-4.5 
MD・ROKKOR50mm/F1.4 
ZENZANON・MC40mm/F4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4Di・LD・ASP 
YASHICA・DSB55mm/F2 
COSINA20mm/F3.8MC 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
NFD100mm/F2 
F.Zuiko32mm/F1.7 
NFD28mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF50mm/F1.7 
D.Zuiko28mm/F3.5 
F.ZUIKO40mm/F1.7 
EF28-105mm/F3.5-4.5USM 
MC・W.ROKKOR-PF28mm/F2.8 
MC・TELE・ROKKOR-PF100mm/F2.8 
DistagonT*18mm/F4MMG 
Ai・NIKKOR50mm/F1.8S 
Super-Takumar105mm/F2.8 
SUPER-FUJINON8.3mm/F2.8 
G.ZUIKO・AUTO-S50mm/F1.4 
Super-Takumar50mm/F1.4(8枚玉) 
EF-S・18-55mm/F3.5-5.6IS/ 
70mm/F2.8 
MACRO 
M.ZUIKO・DIGITAL14-42mm/F3.5-5.6IIR 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH.POWER・O.I. 
EX 
OLYMPUS・BCL-1580 
MIR26B45mm/F3.5 
COLOR-HELIAR105mm/F3.5 
YASHIKOR80mm/F3.5 
DG 
SonnarT*85mm/F2.8AEJ 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm・F1.4ASPH. 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
Zeiss・Opton・Tessar80mm/F2.8 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5  
EF28mm/F2.8 
YASUHARA・MADOKA7.3mm・F4 
PENTAX-A645ZOOM80-160mm/F4.5 
・POWER・O.I.S. 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH. 
ZENZANON・PE75mm/F2.8 
Auto-Cintar55mm/F1.7 
XR・RIKENON・ZOOM35-70mm/F3.5MACRO 
AUTO・CHINON50mm/F1.9 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL 
ZUIKO・AUTO-MACRO90mm/F2 
Ai・NIKKOR85mm/F1.4S 
Tokina・SD70-210mm/F4-5.6 
OSAWA・MC28-50mm/F3.5-4.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F2 
CANON・LENS40mm/F1.7 
PlanarT*50mm/F1.4ZF 
NIKKOR-H・C75mm/F2.8 
SP・AF90mm/F2.8MACRO1:1(172E) 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
EBC・FUJINON・SW65mm/F5.6 
STM 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4MC 
Sonnar85mm/F2.8AEJ 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(I) 
COSINA70-210mm/F4・MC・MACRO 
YASHICA・ML・ZOOM35-105mm/F3.5-4.5 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX 
SMC・PENTAX-M120mm/F2.8 
XF18-55mm/F2.8-4R 

CAMERA

ROLLEIFLEX 2.8A (1)
ROLLEIFLEX 2.8C (4)
ROLLEIFLEX 3.5F (11)
ROLLEIFLEX AUTOMAT (6)
ROLLEICORD IV (1)
ROLLEICORD Vb (3)
MINOLTA AUTOCORD (7)
KONIFLEX (5)
YASHICAFLEX (2)
YASHICA MAT (12)
RICOHFLEX NEW DIA (3)
SEMFLEX (4)
LUBITEL 166B (2)
HASSELBLAD 500C/M (4)
BRONICA EC (22)
BRONICA SQ-A (20)
BRONICA SQ-Am (3)
PENTACON SIX TL (4)
NORITA66 (3)
MAMIYA C220 (3)
MINE SIX IIF (8)
PENTAX6X7 (4)
MAMIYA 7II (6)
KONICA PRESS (5)
FUJI GSW690 (1)
MAMIYA PRESS SUPER 23 (3)
BESSAII (1)
BRONICA ETR-Si (1)
CANON New F-1 (17)
CANON A-1 (2)
CANON EOS5 (8)
CANON EOS55 (1)
CANON EOS Kiss III L (2)
CANON CANONET QL17 (1)
NIKON F3HP (1)
NIKON EM (1)
NIKON AF600 (2)
PENTAX KX (5)
PENTAX MX (5)
PENTAX ME (1)
PENTAX ME SUPER (8)
MINOLTA XG-S (2)
MINOLTA New X-700 (8)
MINOLTA α-7 (10)
MINOLTA α-507Si (2)
MINOLTA α-SWEET (2)
MINOLTA Hi-MATIC E (3)
CONTAX RTS (2)
CONTAX RTSII (4)
CONTAX RX (5)
CONTAX N1 (6)
CONTAX G1 (9)
OLYMPUS SIX RIIB (1)
OLYMPUS OM-4 (4)
OLYMPUS OM-2SP (7)
OLYMPUS OM10 (1)
OLYMPUS 35DC (1)
OLYMPUS PEN EE2 (1)
OLYMPUS PEN EED (1)
YASHICA ELECTRO 35 GTN (4)
VOIGHTLÄNDER BESSA R (2)
VOIGHTLÄNDER BESSA R3A (1)
KONICA FTA (2)
KONICA HEXAR (2)
FUJI TIARA ZOOM (2)
FUJI FinePix4500 (1)
PENTAX K10D (13)
PENTAX K-5 (180)
PENTAX K-5 IIs (13)
PENTAX K-3 (15)
PENTAX Optio RZ10 (12)
SONY α300 (22)
SONY α350 (6)
SONY α550 (10)
SONY α33 (8)
SONY α77 (4)
SONY NEX-5 (120)
SONY NEX-5N (184)
SONY α6000 (110)
PANASONIC LUMIX GF2 (14)
PANASONIC LUMIX GX1 (15)
PANASONIC LUMIX GX7 (9)
OLYMPUS E-PL5 (74)
OLYMPUS OM-D EM-5 (4)
RICOH GXR (113)
RICOH GXR MOUNT A12 (17)
FUJI X-E1 (26)
FUJI X-E2 (7)
FUJI X-A1 (3)
FUJI X-M1 (5)
SIGMA SD15 (24)
SIGMA DP1x (25)
SIGMA DP2 Merrill (61)
SIGMA DP3 Merrill (31)
NIKON D200 (12)
NIKON D7100 (30)
NIKON D810 (4)
CANON EOS 40D (11)
CANON EOS 50D (49)
CANON EOS 60D (2)
CANON EOS 7D (28)
CANON EOS 5D MarkII (300)
iPhone 4S (3)
iPhone 6 (5)
未分類 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。