続改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

副都心線渋谷駅(1)

新宿御苑で撮っていて表参道、渋谷方面へと移動するときは新宿四丁目から都バスに乗ることが多いので、明治通りの地下を走る副都心線に乗車したことはありませんでした。ところが駅構内の設計が安藤忠雄さんの設計だということをいまごろ知って (; ̄ー ̄川 ぬくぬくとした空間で撮れるだろうと予測して出かけてみました。

平日の日中ですから乗降客は多くありません。撮影もしやすかったです。まずステンレス製の扉、赤と白に塗られた柱などが目につきますが、意匠のポイントはエスカレーター上のドーム、それとホームから改札階への吹き抜けでしょう。直線と曲線を巧く使って見せています。写真的にはホーム北側が美味しいところなのですが、これは明日の記事で。

ホームの上階は2012年度開業予定の東急東横線の乗り入れ工事がされていますが、東急文化会館跡地の再開発事業と相俟って渋谷駅東口の人の流れも変わりそうです。


PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6ALII


IMGP0658.jpg

IMGP0668.jpg

IMGP0670.jpg

IMGP0675.jpg

IMGP0751_1.jpg

IMGP0756.jpg

IMGP0777.jpg

IMGP0736.jpg

IMGP0720.jpg

IMGP0743_2.jpg

スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) 12:23:02|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

羽田空港国際線ターミナル(3)

年末にズーム搭載コンパクトカメラの所有を問われたのですが、有るのは単焦点ばかりでズームとなると古いタイプのものしかありませんでした。そこでジャンクからまずFUJIのTIARA ZOOMを救出。

SUPER-EBC FUJINON ZOOM 28-56mm/F4.5-7.5搭載の2倍ズームです。ワイド端の28mmは判るとしてテレ端が56mmという割り切り方が素晴らしい(^^;) 頑張って24-50mmでおさめたら評価が変わっていたかもしれません。

外装はプラ製ではなくアルミ合金製ですが、はっきりと金属に見えないことで損をしているかもしれません。AFの合焦率は高く迷いや外れはありません。MF切替も可能ですが、距離ステップ式ですのであまり現実的ではないでしょう。ISO感度設定はDXコード対応なのはよいとして、マニュアル設定ができないのが惜しいところ。±2EV(0.5EVステップ)の露出補正を積極的に利用してしのぐことになります。

写りは納得できます。ワイド側の樽型歪曲もこの程度なら許容でしょうか。積極的に画角を変えたい方ですと28-56mmは不満があるでしょうが、28mmあるいは56mm固定のくせに実は画角を変えられると考えればそれで納得します。ところがTIARAには28mm/F3.5という単焦点レンズ搭載モデルがあるので、しっかり撮りたいと思う人ですとそちらを選択するでしょう。画角と明るさのバランスが悪い見本のようにも思えます。

そうはいいながらも割と納得できる写りです。展望台の暗いシーンではさすがにISO1600では厳しかったですが、フラッシュ使用を前提にしているのでしょうから、こういうシーンは諦めたほうがよさそうです。

使用フィルムは年末にディスコンが発表されたSUPER PRESTO 1600。いま手元に10数本あるのですが、追加で仕込もうと買いに出かけたところヨドバシの店頭からは姿を消しました。残るは流通在庫だけのようです。見かけたら入手したいところですが、400TMY-2の増感現像に長けたほうが懸命かもしれません。

FUJI TIARA ZOOM (SUPER-EBC FUJINON ZOOM 28-56mm/F4.5-7.5) 1600-PR


106.jpg

90_20110130112014.jpg

108_20110130112014.jpg

87_20110130112013.jpg

79.jpg

  1. 2011/01/30(日) 11:30:34|
  2. FUJI TIARA ZOOM
  3. | コメント:0

日本橋

SMC PENTAX DA18-55mmは使いやすい画角でありながらF値がF3.5-5.6と暗めです。もう少し大きめのボケを期待して導入したのがTAMRONのSP AF 17-50mm/F2.8 XR LD Aspherikcal (IF)。35mm換算で26~78mm相当で全域F2.8通し、かつ新品価格が23,000円程度と安価です。

ピントの前後ズレが多いという指摘があり、かつかなりズレが大きいという報告もあるので購入時点でチェックしたほうがよさそうです。

この日、開放で撮ったのは2枚目と5枚目。他はF7.1です。2枚目の背後のボケをみると使えそうな印象ですが、まだ描写がよく判りませんのでしばらく使いこんでみます。

PENTAX K-5 + SP AF 17-50mm/F2.8 (A16)


IMGP0806.jpg

IMGP0822.jpg

IMGP0816.jpg

IMGP0818.jpg

IMGP0831.jpg

  1. 2011/01/29(土) 08:35:20|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

ガネーシャ

PENTAX K-5 + XR RIKENON 50mm/F2(前期型)


IMGP0076_1.jpg



神社仏閣に出かけてもめったに手を合わせることのない私が、唯一身近に感じるのがこの障害を取り去り、また財産をもたらすと言われるヒンドゥーの神(笑)

花、果実を撮り、いずれもわざわざ買い求めなければいけない現状を打開すべく、部屋にある置物で乗り切ってみまみました(^^;) たしかに撮影用に散財はしませんが、財産がをもたらされるかどうかは不明です。これまでの人生はすべて裏に出ていますし (; ̄ー ̄川

今日の写真は硬調に仕上げています。軟調に仕上げるとご利益がないこの和製SUMMICRONのよさが出ていないような気がします。といいながらその「よさ」を相変わらず判らず仕舞いでいますが。

  1. 2011/01/28(金) 08:21:32|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

井の頭池~七井橋通り

K-5にはPENTAX Digital Camera Utility 4というSILKYPIXベースのソフトがバンドルされているのですが、操作に慣れているSILKYPIXのほうが使い勝手がよく、ほとんどこちらでRAW現像をしています。昨日の写真もそうですが軟調処理をしているのでシャープさに物足りなさを感ずるかもしれませんが、解像度も十分にありますし性能的には問題ないと思っています。

5枚目は太陽をわずかにかわしていますが、フレアの出方が気になりました。ひょっとして逆光に弱いのではないかと疑ったのですが、その後の撮影でそれほど弱くはないことを確認しています。フードは植毛されていませんので手を入れたほうがよいかもしれません。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL WR


IMGP0603.jpg

IMGP0596_1.jpg

IMGP0595_1.jpg

IMGP0609.jpg

IMGP0625.jpg

IMGP0630.jpg

IMGP0641.jpg

IMGP0645.jpg

IMGP0648.jpg



そういえば昨日の写真の1枚目のゾウの花子ですが、1月に64歳の誕生日を迎えました。1949年にタイから上野動物園に来園し、1954年から井の頭自然文化園で飼育されています。私が子どものころから変わらずにいるわけですが、64歳になったいまも食欲旺盛で健康上の問題はないようです。たまたま園内で花子の子どものころの写真を見つけました。さすがに小さいですねえ(^^;)


IMGP0575_1.jpg

  1. 2011/01/27(木) 08:21:36|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

井の頭自然文化園

PENTAXの標準ズームはDA18-55mm/F3.5-5.6AL、同ALII、と使ってきましたが、今度は簡易防滴構造となったDA 18-55mm F3.5-5.6AL WRを試してみました。キットレンズにもなっていますが単品でも販売されていて新品の相場は23,000円くらいです。入手したのは中玉小クモリありで9,450円のもの。光線にかざしてもほとんど判らない程度のクモリですが、このクモリがAL、ALIIでも非常に多いです。なかには製造段階での汚れとしか思えないものもあり、アセンブリ=ヴェトナムに関しては信用していません。私は。

まあそれでも軽度であれば普通に写るわけで、今回は井の頭公園で試してみました。APS-Cでは換算27.5mm~84.5mm相当になります。普及版ズームなのでF値に関しては仕方がないとしても、広角から中望遠までカバーしてくれるのは有り難く、これ1本でたいていのシーンは用が足ります。ALIIと同様の設計のようですが、簡易防滴構造になっていること、コーティングもフッ素系物質を蒸着させたSP(Super Protect)コーティングが施されているようです。最短も0.25mですのでF値が大きくとも最短付近ならば後ボケも楽しめそうです。

試写結果はまずまずでした。逆光に弱い? と疑ったシーンもありましたが、かなり強い光線のだったようで、その後の撮影でそれほど弱くないと確認できています。AFも早いですし、ピントの前後ズレもありません。18-55mmは各社が力を入れているだけあって基本性能は価格以上と思います。中古相場はALが3,150円、ALIIが6,300円、WRが12,600円と倍々で判りやすい構図です。使うのであれば設計変更され解像度が向上したALIIでしょう。雨天時などハードな使い方をされる場合は簡易防滴構造のWRが有効でしょうか。いずれも安価でタマ数も多いです。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6AL WR


IMGP0494.jpg

IMGP0487.jpg

IMGP0500.jpg

IMGP0503.jpg

IMGP0508.jpg

IMGP0517.jpg

IMGP0528.jpg

IMGP0546.jpg

IMGP0554.jpg

IMGP0563.jpg

IMGP0566.jpg

IMGP0581_1.jpg

  1. 2011/01/26(水) 08:37:09|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:0

王林

CANON EOS 5D MarkII + Sonnar 100mm/F3.5 AEJ


IMG_7082.jpg



新宿区戸山にあるCONTAX専門店相場の半額程度だったので思わず手が伸びたSonnar 100mm/F3.5。Y/C単焦点のなかでは暗めのレンズです。85mmのようにF2.8でしたらもっと人気が出たかもしれません。レンズ構成は4群5枚。かさばらず、取り回しに長けたレンズです。

モデルは王林(笑) めったに果実など買いませんが、花は鮮度が落ちるのが早いため、果実ならもう少し撮影期間を引っ張れるのではないかと意図してのことです。しかしいざ撮ろうとすると花よりも難しい (; ̄ー ̄川 あがいても直球写真しか撮れなかったです。

  1. 2011/01/25(火) 08:14:07|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:8

カラー(4)

PENTAX K10D + SMC PENTAX-M 100mm/F2.8


IMGP1901_1.jpg



まだK10Dを所有していたときの撮影です。レンズは100mm/F2.8。PENTAXの中望遠はM42・TAKUMARの時代から105mm/F2.8が定番で、最終型のSuper-Multi-Coated TAKUMARでは4群5枚、最短1.2mというスペックです。Kマウント化されたときに設計が変わり7群7枚、最短1mになっています。このレンズはMタイプですがAになっても設計の変更はないようです。

各社個性的なレンズがひしめく100mmですが、このレンズは図抜けた解像力はないものの、そこそこきちんと写ります。言ってしまえば並のレンズですが、癖もなく淡々と仕事をこなすには適当かもしれません。もっと寄りたい方は0.31mまで寄れるマクロを選択ください。ただし価格差は7~8倍もあります(^^;)

  1. 2011/01/24(月) 11:15:52|
  2. PENTAX K10D
  3. | コメント:0

カラー(3)

背景を変えると雰囲気も大きく変わります。なんとなく花弁の開き方がエロティックに見えてきて・・・受粉して結実するのは生殖ですからそのように感じるのかもしれません。

CANON EOS 5D MarkII + TAMRON SP AF 28-75mm/F2.8 (A09)


IMG_6687_1.jpg



使ったレンズはTAMRONのSP AF 28-75mm/F2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (A09)。長い商品名です(^^;) 実は暮れにやっと入手しました。Aランクで18,900円。以前から注目していたレンズですが、そもそもズームを重視していないのと、2003年発売ですから後継モデルが出るだろうと入手を控えていました。中野では1年くらい前の時点で新宿よりかなり安価な中古ABランクで12,000~14,000円くらいで売られていました。新宿では24,000~27,000円くらいでしょうか。ですので棚に並ぶとアッという間に売れていき、3~4回買い損ねていました。ところが半年くらい前に商品の買取価格改定があって、一気に倍近い価格、28,000~30,000円という価格帯へと暴騰しました(^^;) さすがにこの価格帯では高すぎると感ずるユーザーが多かったようで、一時は20本くらい在庫がありました。徐々に下がってきていまはABランクで17,000円前後になっていますが、気がつくとあれほど在庫があったものが1本もない!(^◇^;) 今回は発見して即購入です。PENTAX用にKAマウントでもう1本あってもよいかも。

今回は少し奥行きのあるアングルなので開き気味よりは絞ったほうが結果はよかったです。花弁上部にピントを置いていますが、先端部のボケ具合を配慮して選んだのはF9の写真でした。私にしてはかなり絞っています。開けばよいということが通用しない例です。なお開放でも先端部はしっかり描写しています。

CANONにはEF24-70mm/F2.8L USMというレンズがありますが、新品の実売価格は150,000円もします。こちらは画角が異なりますがF2.8通しでありながら新品でも30,000円を切ります。価格差は5倍。かつ写りも必要にして十分。積極的にズームを使うことはありませんが、ロケハン感覚で街を彷徨くときには便利です。このレンズで試してから改めて単焦点で撮る、みたいな使い方になるのでしょうね。

  1. 2011/01/23(日) 08:55:33|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:10

カラー(2)

昨日はプロ写真家のSNさん撮影の写真を教えてもらいましたが、実は白いカラーは最初に撮っていました。ほとんど同じアングルでびっくり!(^^;)  以前に見て刷り込まれていたのかもしれませんねえ。

レンズは久しぶりに持ち出したTAMRONのSP AF 90mm/F2.8 MACRO。これはNIKONマウントですが、MFでも十分使用可能です。古いモデルですのでたしかAFはモーター音がうるさかったように記憶しています。現行の272EはDiと表記されるデジタル対応で、コーティングの強化がされているのと外装が変わっています。旧型でもシビアなシーンでなければそれほどの差が出ないでしょう。

TAMRON渾身のレンズですし描写への不満はありません。実はこの前のモデルであるMFの072Bも持っているのですが、こちらはまったく稼働しなくなりました。アダプトール2なのでFDやSRマウントにしてフィルム撮影での使用も可能なので、そういう使い方をしてやれば少しは稼働するようになるかもしれません。

CANON EOS 5D MarkII + SP AF 90mm/F2.8 MACRO 1:1 (172E)


IMG_6409.jpg

  1. 2011/01/22(土) 08:27:42|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:6

カラー(1)

CANON EOS 5D MarkII + Ai NIKKOR 85mm/F1.4S + EF12II


IMG_6873.jpg



最近はこのレンズはほとんど稼働していませんでした。NIKONのMFでは定番のレンズで、中古相場を見るとこの数年でもほとんど変化がないように思います。

今回の花の撮影では中望遠でZUIKO AUTO-MACRO 90mm/F2、同100mm/F2、EF100mm/2.8L MACRO IS USM、TAMRONのSP AF 90mm/F2.8 MACRO 1:1 (172E)、Y/CのPlanar 85mm/F1.4、それとこのレンズなどで撮ったのですが、ライブビューで背面液晶から見た場合、マクロレンズやZUIKOの100mmなどはかなりしっかりピントが確認できます。反対に山を掴むのがやっというレンズの典型がPlanar 85mmで、開放ではボケボケです。記憶ではこのNIKKORもそれほどビシッとしていなかったように思います。

カラーの先端にピントを置き、曲線の美しい花ですからある程度の柔らかさを出そうと意図しています。SSからするとたぶん1絞りしぼったF2ではないかと思います。こういう撮影でしたらいまでも十分に使えますね。残念なのはポートレートで使う機会がないことです(^^;)

  1. 2011/01/21(金) 10:51:35|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:2

羽田空港国際線ターミナル(2)

こちらが最上階にある展望台。この時季は冷え込みますから長時間いるのは辛いので、撮っては屋内に入り、また展望台に出て撮影するパターンを繰り返しています。フェンスにはレンズを差し込める程度の穴が設けられており、そこにレンズを突っ込んで滑走路を狙っています。

暗部の面積が大きいのでISO3200でのノイズを警戒しISO1600~2500で撮影。F7.1程度に絞って1/4~1/13secくらいで切ることになりますが、見られる程度には手ブレも抑えられます。

携行の問題から飛行機を望遠で狙わないと決めていましたが、やはり70-200mm程度のズームがあると便利でしょうね。ところがPENTAXのAFレンズはこのDA18-55mmしか持っていません(^^;) 次回はMFの80-200mm、70-200mmあたりを持っていこうと思います。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6ALII


IMGP0409.jpg

IMGP0398.jpg

IMGP0412.jpg

IMGP0430.jpg

  1. 2011/01/20(木) 09:11:50|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:8

羽田空港国際線ターミナル(1)

突然思い立って出かけました。これまで羽田に行くときは浜松町からモノレールで出かけていましたが、今回は運賃の安い(だろう)京急で出かけてみました。

大江戸線を大門駅で都営浅草線に乗り換えればそのまま羽田空港まで直行できます。ホームに到着したときにエアポート快特のドアが閉まって残念 (; ̄ー ̄川 日中ですと20分間隔でエアポート快特が運行されているようですが、待つのは馬鹿らしいので次の急行に乗車。

品川を過ぎると青物横丁~平和島~立会川~京急蒲田と停車して羽田方面へ向かいます。途中の駅はいかにも昔からの京急らしさを醸し出していて懐かしくもあるのですが、お洒落な雰囲気のモノレールには押されているような印象があります。とはいえ新設の羽田空港国際線ターミナル駅は綺麗でした。ターミナルへのアクセスも改札からエスカレーターですぐですし、こういう連携のよさは大事です。

国際線ターミナルですが、オープンした頃の見物客で溢れるニュースを見ていますが、もうかなり落ち着いていましたね。この日は出国手続をする人もそれほど多くはなく、少し拍子抜けしましたが、レストランやショップはそれなりに賑わっていました。

ターミナルの意匠はとくに目新しさを感ずるものではなく、開放感はありますが、もっと個性的な仕上げにしてもよかったのではないでしょうか。寒さの厳しいこの時季、暖房が効いた空間で撮影できるということが何よりも嬉しかったです(^^;)

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6ALII


IMGP0252.jpg

IMGP0259.jpg

IMGP0375.jpg

IMGP0269.jpg

IMGP0276.jpg

IMGP0368.jpg

IMGP0419.jpg

  1. 2011/01/19(水) 08:00:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:4

都内城西地域の夕焼け

ベランダから何気なく南のほうを見るといつもの煙突にネットが張りめぐらされています。解体でしょうか? 無限遠を確認するのに格好の建造物なのですが・・・。しかし空が広い面積で入るたびにセンサーの汚れが気になります。時間が経つと忘れてしまって・・・(-_-;)

CANON EOS 5D MarkII + EF100mm/F2.8L MACRO IS USM


IMG_7925.jpg

  1. 2011/01/18(火) 08:00:00|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:4

シンビジウム(4)

今日の写真はずっと以前から所有していて、時々撮影をしながらどうも納得のいく描写が得られず「このク○レンズ!」と罵倒し(笑) かつ処分を考えていたEF135mm/F2.8 SOFTFOCUSです。鏡筒には0・1・2の切り替えボタンがあります。0はノーマルでソフト効果がはたらきません。1・2でソフト効果が現れますが2のほうが強くなります。かつ絞り値との組み合わせによっても効果が変化しますので、落としどころを探らないとボケボケの画像しか残せなかったり、そういう意味ではデジタルで撮るほうが確実です。

写真は開放(F2.8)・F3.2・F3.5・F4・F4.5と並べています。背面液晶で見るとソフト効果が大きく現れる2の開放を選びがちですが、実際の画像を見るとボケボケで何がなんだか判りません。1絞りか2絞り絞ったところかなと見当をつけていましたが、いま見るとF3.5~4くらいが自然に見えます。おそらくF5でごくわずかに効果が残っているように見えて、F5.6でレンズ本来の描写に戻るのではないでしょうか。絞ると普通の135mmレンズになるわけです。

このレンズは0・1・2と切り替えると焦点も移動するのが使いにくいところで、それと最短距離が1.3mですので接写をするにはチューブが必要です。今回はEF用チューブの短い方、EF12IIを装着して近接を可能にしています。

ソフト効果の感じ方には個人差があると思います。人それぞれでよいのではないでしょうか。一時は処分も考えていたこのレンズですが、今回の撮影ですっかり気に入ってしまいました(^^;)

CANON EOS 5D MarkII + EF135mm/F2.8 SOFTFOCUS + EF12II


F2.8
IMG_7256 F28

F3.2
IMG_7257 F32

F3.5
IMG_7258 F35

F4
IMG_7259 F4

F4.5
IMG_7260 F45

  1. 2011/01/17(月) 13:02:47|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:4

シンビジウム(3)

CANON EOS 5D MarkII + EF100mm/F2.8L MACRO IS USM


IMG_7225.jpg



ZUIKO AUTO-MACRO 90mm/F2と同じパラメータで現像しています。画角の違いはあるものも、どちらも納得できる描写でした。ライブビューで拡大したときにピントがきちんと出るレンズは気持ちがよいものです。

CANONの中望遠、望遠単焦点レンズでIS(手ブレ補正機構)を搭載しているのはこのレンズだけですが、135mmや200mmにISが搭載されると嬉しいです。手ブレ補正を重要視するユーザーは70-200mmのF2.8やF4に走るのでしょうね。一方でISユニットが及ぼす描写の低下を懸念するユーザーもいるのだろうと思います。来月開催のCP+では新しい単焦点レンズが発表されることを期待します。

  1. 2011/01/16(日) 08:53:40|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:2

シンビジウム(2)

年末から年明けまで寒さの厳しい日が多かったので、果敢に花と格闘していました (; ̄ー ̄川

幾種類か花を買ってきて、それもたくさん有っても無駄なので1輪だけとか花屋を悩ませる買い方をしたり(^^;) しかしふだんこういう写真を撮りませんから撮影自体は新鮮で面白かったのですが、ライティングも判らないしというか道具もないのでまったくの自然光で撮影しています。

nsn_snsさんからは背景紙はやめてロール状のキャンバスがよいと教えてもらいましたが、WEBで見ると1万円近くもしているし(^^;) 気合いが入れば揃えてもよいでしょうが、まずは安価にいこうということで竹尾の四六判の紙を何種類か揃えて背景に使っています。今日の写真で背景に使ったのは白い紙なのですが、光をうまく回せないのでやや赤味が残っています。

レンズも都合20本くらい取り替えて描写の違いを較べようとしたのですが、ほとんど違いが判りません(-_-;) ライブビューで撮っていますが、さすがにマクロレンズはピントがしっかり出るものも、50mmのF1.2~1.8クラスはどれもビシッと出ませんね。85mmではY/CのP85/1.4が巷間言われているようにボケボケ状態で、ところがこれが画像となるとグッとくるものになるのが不思議なところです。

ZUIKO 90mm/F2 MACROは背面液晶で見てもピントがビシッと出ますし合焦部は非常にシャープです。写真のほうは軟調に仕上げていますので先鋭さが物足りないかもしれませんが、まあこういう仕上げでも自分は納得しています。

CANON EOS 5D MarkII + ZUIKO AUTO-MACRO 90mm/F2


IMG_7273-3.jpg

  1. 2011/01/15(土) 08:22:00|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:8

三鷹駅南口

昨晩の撮影です。拡張ISO51200の検証で撮影。

まずはF7.1・1/50sec・ISO12800、やや軟調、モノクロ2、シャープは高感度除去優先(ピュアディテール)。モノクロ化することでノイズが目立たなくなっています。こういう使い方もアリかもしれません。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6ALII


IMGP0215.jpg



2枚目がF10.1・1/160sec・ISO51200、やや軟調、フィルム調A(アスティア風)、シャープは高感度除去優先(ピュアディテール)。さすがにISO51200は厳しいですね。撮れないよりは撮れたほうがよい場合もありますが、記録としては有効であっても作品としては独創的なものでないと使えないだろうと思います。


IMGP0223.jpg



最後はF11・1/100sec・ISO6400、やや軟調、フィルム調A(アスティア風)、シャープは高感度除去優先(ピュアディテール)、デジタルシフト修正あり。


IMGP0232.jpg



昨日、CLASS10・16GBのSDHCカードが届き早速それを使いました。RAWで468枚撮影可能なので私ですとこれ1枚で用が足ります。再生は収差補正ON・OFFとも気持ち速くなりました。連写したときの書込も速くなっているように感じます。他の設定が再生表示を遅くしている可能性があるかもしれませんので、もう少しチェックしてみようと思います。

  1. 2011/01/14(金) 10:55:01|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:2

外濠

昨夕の写真です。移動中に1時間弱撮影。高感度のチェックが目的です。

昨日のコメント返信では「ISO6400は少し厳しそう」と記しました。現像前のデータはノイズが目立つのですが、SILKYPIXでシャープを「高感度除去優先」にしたところ劇的に改善しました。ISO12800でもシーンによっては使えると思います。

まずは写真をご覧ください。1枚目がF11・1/60sec・ISO12800。2枚目はF11・1/50sec・ISO12800。3枚目はF7.1・1/30sec・ISO6400。WB昼光夕方、やや軟調、フィルム調A(アスティア風)、シャープは高感度除去優先(ピュアディテール)。3枚とも同じパラメータで現像しています。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX DA18-55mm・F3.5-5.6ALII


IMGP0148.jpg

IMGP0159.jpg

IMGP0183.jpg



3枚目はISO6400ですが、さすがに空の部分にノイズが目立ちます。シャドウが多いシーンでしたらISO3200でボディ内手ブレ補正に依拠したほうがよさそうです。

4枚目はF7.1・1/10sec・ISO3200。


IMGP0204.jpg



感度をISO3200にしてもSSは1/10secで切れますしF7.1まで絞れます。いまのところこのへんが落としどころかなあと感じています。それにしても5D MKIIではここまで絞れませんからK-5導入のメリットが少しはあったかなと思います。

ところで書込と再生表示のスピードですが、レンズ収差補正(ディストーション・倍率色収差)をONにすると劇的に遅くなることが判りました。収差補正ONですと再生まで4~5秒、OFFでも1秒ほどかかっています。RAWであるかJPEGであるかは関係ないようです。とりあえずメディアを速度の速いものに替えてみますが、収差補正に関してはRAW現像時にソフトウェアで処理したほうがよさそうです。

  1. 2011/01/13(木) 09:35:10|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:4

シンビジウム(1)

つい先日PENTAX K-10DからK-5に乗り換えました。当初は今年の後半くらいに中古で購入しようと思っていたのですが、年明けの値落ちが大きかったこともありK-10Dや他の機材を処分しての導入です。

乗り換えのポイントは2つ。1つは高感度が強化されていること。常用ISO12800、拡張51200まで可能なうえにボディ内手ブレ補正があるので夜間の撮影ではかなり有利だろうということ。2つ目はK10Dのファインダーと背面液晶が辛かったことです。

ファインダー視野率100%、倍率0.92倍であってもAPS-Cのファインダーですからそれほど見え方がよくなっているわけではありませんが、合焦に関してはマウント接合面に接点のないMFレンズでもフォーカスエイドが効くのが大きいです(PENTAXではスーパーインポーズと呼称)。PENTAX-MやA、RIKENONだけでなくアダプター装着のM42でもフォーカスエイドが効きます。

高感度に関してはまだ試せていませんが、ISO12800でのノイズは厳しいとしてもISO3200で納得できるならば、ボディ内手ブレ補正を効かせてEOS 5D MKIIより2~3段有利になります。MKIIでF2.8~4がいっぱいなところでF8までは絞れるでしょうしF11も可能かもしれません。夜景ですと絞りたい場合が多いので、私にとっては三脚なしに撮影が可能になる(であろう)ことは大きなアドバンテージです。

この数日の寒さで外に出かけられていませんが・・・それとK-5の機能が豊富すぎてマニュアルを読むのに時間がかったということもあって・・・とりあえず年末から励んでいる(笑) 花の撮影で試してみました。

RAWで撮ってSILKYPIXで現像しています。WB色温度指定・やや軟調・シャープなし・フィルム調A(アスティア風)で処理。

PENTAX K-5 + SMC PENTAX-M 100mm/F2.8


IMGP0071-2.jpg



こちらがEOS 5D MKIIにEF100mm/F2.8L MACRO IS USMで撮った写真。SILKYPIXで同じパラメータで現像。


IMG_7762-2.jpg



背景は白でなく桃色なのですがK-5のほうが少し赤が強く、かつ彩度が高い印象を受けます。まあわずかな違いですし調整次第で差はなくなると思います。同じ100mmでもセンサーの大きさで深度がかなり違いますね。

K-10Dは直感で操作してもあまり問題がなかったのですが、K-5は機能が豊富すぎるので覚えるのが大変です。K-7と機能的に同一なところも多いと思いますが、ファインダーはクロス9点であるのが嬉しいです。背面液晶も3型92.1万ドットですから見え方も悪くないです。反面不満であったのが撮影後の再生表示が遅いこと。カードの読み書き速度のせいでしょうか? K10Dでは問題のなかったCLASS4のSDHCカードでは表示まで4秒ほどかかります。これでは使いものにならないのでCLASS10を発注。とりあえず試しましょう。有効1,628万画素になっているのでRAWでは4GBで115枚ほどです。有効1,020万画素のK10Dでは200枚強でしたので、私でも8~16GBのものが必要になります。

フルHD動画はもちろん搭載されていますし電子水準器もあります。クロスプロセスやHDRも可能と機能は満載ですが、つくりは中級機です。CANONですと60Dくらいの感じでしょうか。所有する充実感はそれなりです。

  1. 2011/01/12(水) 08:12:00|
  2. PENTAX K-5
  3. | コメント:6

勝どき(2)

今日はカラー(笑) 勝鬨橋から西が勝ちどき、その西が豊海になります。勝どき駅を出てまず隅田川に向かい、そこから西の埠頭を目指し東京湾を眺めながらまた戻るという撮影パターンを繰り返しています。タイトルは撮影地一帯を表しているだけなので、実は昨日の豊海の撮影が後だったりします。今日の勝どきを撮ってから豊海に向かっているのでした。

昨日に続きEF50mm/F1.8IIせの撮影ですが、このときはかなり逆光で撮っています。2枚目の写真は左上に太陽がありますが、ほとんどゴーストが判らないですね。実は某モノコートレンズで同様のシーンを撮った結果、フレアがたっぷりな結果となっています。EF50mm/F1.8IIは現行商品とはいえ発売が1990年ですから20年前のモデルです。コーティングに関しては途中で変更がされているのかもしれませんが、これで1万円以下で購入できるのですからコストパフォーマンスは非常に高いですね。

ところでこの日もそれなりに寒かったのですが、風はそれほど強くなかったことで助かりました。この時季、北風が強いと体感温度はかなり低く感じるでしょうし、高層マンションがいくつもあるのでビル風が厄介です。かつDSLRでレンズ交換をしなければならないとなると注意が必要ですね。今日の写真は空の面積が多いので拡大してみてセンサーに付着しているゴミがかなり増えていることに気づきました。ダストクリーニング機構に頼るだけでまる2年センサーの清掃をしていませんので、そろそろサービスに頼んだほうがよさそうです。時間稼ぎにダストデリートデータ化して凌ぎますか。なお3枚目で奥のビルの間にある黒い点は鳥ですので(^^;)

CANON EOS 5D MarkII + EF50mm/F1.8II


12_20110111100634.jpg

13_20110111101018.jpg

11_20110111100632.jpg

  1. 2011/01/11(火) 10:18:40|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:4

豊海(2)

先日、図書館で今月号の『日本カメラ』を見ていたら渡部さとるさんの「traverse-Mongolia 2010」が掲載されていて、Hasselblad SWCにPhase One P20で撮られているのですがトーンが見事でした。こういう作品ですとフィルムだとかデジタルだとか議論するのも馬鹿らしくなります。作品がすべてという典型です。

今日の写真はカラーで載せるべきかモノクロで載せるべきか迷った結果、モノクロを採用。しかし判っていることとはいえフィルムとは異なりますね。単にRAW現像でモノクロ化しただけですから(コントラストは落とし、シャドウは持ち上げています)。時間をかけて加工するか、あるいはフィルムテイスト処理を使うかしないとまずいですね。そこまでやるくらいならフィルムで撮るほうがいまは手っ取り早いです。まあ遅かれ早かれデジタルでそういう処理を行うのが常態化するときがくるでしょう。

それにしてもハッセルにデジバッグは気になる・・・(^^;)

CANON EOS 5D MarkII + EF50mm/F1.8II


4_20110110113117.jpg

3_20110110113117.jpg

2_20110110113117.jpg

1_20110110113118.jpg

  1. 2011/01/10(月) 11:32:43|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:2

豊海(1)

中央区豊海町。隅田川の河口に位置しますがここは全域が埋立地です。江戸期には石川島や佃島しかなかった東京湾ですが、隅田川を越えて埋立がすすんだわけです。西南部は水産埠頭として機能していますが、その手前、運動公園の周辺には高層マンションが建ち並んでいます。いまの臨海部では見慣れたパターンですね。

元旦はいくつかの船が係留されていましたが、こういう巨大船舶は格好の被写体です。陽が沈むころがいちばんでしょうが、少し時間が早かったようです。それでも映える船体を何とかおさめました。

しかし海はよいです。この時季は風があると寒さが辛いですが、巨大建造物が林立する東京湾であっても潮の香りにはホッとします。今年になってから出かけるのはここばかりなのでした。

ROLLEIFLEX 3.5F Planar 75mm/F3.5 400TMY-2


22_20110109091624.jpg

19_20110109091625.jpg

  1. 2011/01/09(日) 09:17:52|
  2. ROLLEIFLEX 3.5F
  3. | コメント:8

勝どき(1)

大江戸線が開通してからここに行くのが便利になりました。勝どき駅を地上に上がり2~3分も歩けば隅田川の一番下流に架けられた勝鬨橋に着きます。1968年を最後に跳開していませんが、古いだけが取り柄の私もさすがに生で跳開するのを見たことはありません。

今日の写真は元旦に撮影したものです。元旦からわざわざここに来る人は多くないようで(^^;) リバーウォークも閑散としていました。

久しぶりに手にした3.5F。DSLRでの撮影が続くと無性にフィルムで撮りたくなります。120で12カットというのは無理なく撮れる枚数です。135で36カット撮らなければならないのはこの時季ですと気が重いです。

中判の中古価格ははいまボロボロになっていますが、Rolleiだけは堅調なようで2.8Fや3.5Fは10~20数万円の値札を付けてかつ売れています。この3.5Fは裏蓋凹みあり、レンズ拭き傷ありで50,000円という格安の価格でしたが、片ボケするわけでもなく快調そのものです。所有する中判のなかでは一番稼働しているカメラでしょうね。

ROLLEIFLEX 3.5F Planar 75mm/F3.5 400TMY-2


3_20110108082847.jpg

5_20110108082847.jpg

11_20110108082847.jpg

  1. 2011/01/08(土) 08:45:41|
  2. ROLLEIFLEX 3.5F
  3. | コメント:4

都内城西地域の朝焼け(2)

昨日の朝の空です。東に流れる雲はおそらくかなりの高層雲でしたが、それを撮ろうとカメラをセッティングしたときには大半が流れた後でした(-_-;) 仕方なく南の雲で妥協。見たときが勝負ですね。変化を待つのはこの寒さでは辛いものがあります。撮れたらラッキー、撮れなくても目に焼き付けることはできます。


そういえば各社からコンデジがかなり発表されたなあと思ったらアメリカ最大のハイテク見本市である「2011 International CES」が開催されるのでした。年末にE-PL1sを発売したばかりのオリンパスがE-PL2を発表していますね。噂では春にE-P3が登場するということですし、少し異常な製品展開です。

CASIOは21mm/F2.8の超広角単焦点レンズ搭載の「TRYX」を発表。CASIOらしいです。アメリカでは4月に249.99ドルで発売とのことですが、明るい超広角単焦点なので面白いかもしれません。

この後、2月9日から横浜ではCP+が開催されますが、NIKONやCANONのDSLRはここで発表されるでしょう。NIKONからはミラーレスのNIKON版とD700後継機を期待、CANONはKiss X5はどうでもよいから(笑) 1Ds MKIVを期待します。1Ds MKIVが発表されると5D MKIIIも見えてくるというCANONの判りやすさがあります。

CANON EOS 5D MarkII + EF50mm/F1.2L USM


IMG_6797.jpg

  1. 2011/01/07(金) 12:10:46|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:2

明治生命館(2)

ここはその日のメンタル次第でよく撮れるときとそうでないときがあります。12月に2回出向きましたがそのどちらも撮影枚数を重ねられたのは幸いでした。じっくりと・・・それでも2時間程度が限界ですが・・・撮れる暖かい空間は貴重です。

私は4枚目にこのレンズのよさがあるように感じています。F2.8ですが肘掛けの先鋭さは見事ですし、後ボケも綺麗です。机のエッジが左から右にボケるさまにも唸ってしまいます。

SIGMAのレンズはこれまであまり関心を持ちませんでした。どちらかといえばTAMRONのほうに好印象があります。50mmでこれだけやってくれると85/1.4も気になりますね。試してみたい気持ちがあります。

CANON EOS 5D MarkII + SIGMA 50mm/F1.4 EX DG HSM


IMG_5780.jpg

IMG_5801.jpg

IMG_5807.jpg

IMG_5810.jpg

IMG_5830.jpg

IMG_5857.jpg

IMG_5869.jpg

  1. 2011/01/06(木) 09:35:18|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:4

明治生命館(1)

ビル全体に暖房が行き渡り、かつ見学も無料。寒いこの時季にピッタリな施設(笑) 撮影地に困っていることもあって年末に2回出向きました。機材をたくさん持っていけば何時間いても楽しめるところです(^^;) 

正直1枚目の合焦部のシャープさを見て唸ったのですが(F2.8)、現代のレンズだからでしょうかここまで先鋭なのは見事です。私のなかではシャープさが○の部分、×なのが色にじみとディストーション。そういう意味では個性的なレンズですね。あとは所有者がどうするかの判断です(笑) 私は高値で手放せるうちに・・・ヾ(~∇~;) コレコレ 

実は本体はスレやすい外装なのですが、最近になってスレにくいものに改良されたようです。入手するならそちらのほうがよいかもしれません。

CANON EOS 5D MarkII + SIGMA 50mm/F1.4 EX DG HSM


IMG_5732.jpg

IMG_5744.jpg

IMG_5771.jpg

IMG_5764.jpg

IMG_5745.jpg

IMG_5760.jpg

  1. 2011/01/05(水) 08:46:57|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:6

丸の内

このレンズ、色にじみの他に気になるのがディストーションです。少し強引に修正した感もありますが、次の写真が修正前と後です。

CANON EOS 5D MarkII + SIGMA 50mm/F1.4 EX DG HSM

IMG_5873-2.jpg

IMG_5873.jpg



色にじみとディストーションが許容できれば買いですね。この2つがダメな場合はパスしたほうがよいかもしれません。中古ではEF50mm/F1.4 USMと価格帯が被りますので、レンズ収差補正を簡便に行いたい場合は純正のほうがよいかもしれません。ただしEF50mm/F1.4 USMは古い設計のレンズですのでそのことを許容する必要があります。

今日の写真は寄って開き気味、引いて絞っていますが、シャープさはやはり際立ちます。純正では単焦点レンズの新旧交代がなかなか行われませんので、現代の単焦点レンズを試したい場合はこれが選択肢の一つになるのでしょうね。


IMG_5924.jpg

IMG_5911-2.jpg

IMG_5885.jpg

IMG_5882.jpg

IMG_5877.jpg

  1. 2011/01/04(火) 08:57:12|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:6

新宿サザンテラス(10)

西新宿で夕方に撮るということは、当然ここにも足を伸ばすわけで・・・(笑) これがシーズン最後の撮影だと思います。

1枚目は少し絞ってF2.8。2枚目がもっと絞ってF8。

CANON EOS 5D MarkII + SIGMA 50mm/F1.4 EX DG HSM


IMG_5619.jpg

IMG_5616.jpg




F2.8(左)では点光源の色にじみがまだあり、F8(右)ではかなり収束しています。光源は大ボケ狙い以外は絞ったほうがよさそうです。F2.8では左端にはコマも出ています。


5_20110103103128.jpg



3枚目は開放ですが割と綺麗におさまってくれました。ただし下の写真のように等倍ではボケの内部に幾重もの円が見られます。鬼太郎の親父さんみたいだし(^^;)


IMG_5621.jpg


6_20110103103911.jpg



それでもF8まで絞れば問題のない描写です。今日の画像もシャープ処理は一切していません。素でもかなり先鋭な描写ということが判ります。


IMG_5585_20110103103128.jpg

IMG_5603.jpg

  1. 2011/01/03(月) 10:58:52|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:10

西新宿

まずは入手直後に西新宿で試写したものをご覧ください。4枚目は開放、それ以外はF4~8。2枚目以外はリサイズのみ。2枚目だけSILKYPIXでデジタルシフト調整しています。シャープは素のまま、アンシャープマスクはかけていません。

CANON EOS 5D MarkII + SIGMA 50mm/F1.4 EX DG HSM


IMG_5455.jpg

IMG_5562.jpg

IMG_5566.jpg

IMG_5577.jpg



非常にシャープですね。これにアンシャープマスクをかけるとかなり硬調な画像ができそうです。樽型の歪みが少々ありますが標準レベルです。色にじみは大きめです。1枚目の奥の窓にかなり強く出ています。

4枚目は開放、5枚目がF2.8。開放でも非常にシャープですが、輝度差の大きい部分の色にじみが大きく出ます。これもF2.8まで絞ればかなり解消します。


IMG_5520.jpg

IMG_5524.jpg



上が開放、下がF2.8の等倍切り出し。


1_20110102091059.jpg

2_20110102091059.jpg



WEBではこのレンズの妙味は開放での描写にあるとコメントするユーザーが多いですが、開放ではシーンを選びます。夜間の光源が入るシーンではF2.8以上に絞ると安心です。 

試しに点光源がどのように描写されるか何カットか撮ってみました。7枚目の写真は開放でピントは右の木の枝に置いています。口径食は仕方がないとして少し流れますね。F2くらいまではダメでF2.2で落ち着きだし、F2.5でなんとかというところです。8枚目はF2.8ですがここまで絞ればほぼ問題なしです。上部の枝を見るとF2.8ではかなり先鋭に描写しています。


IMG_5468.jpg

IMG_5476.jpg



開いた場合はコマも出ます。9枚目は開放ですが上部周辺を注目してください。これも10枚目のようにF2.8まで絞ればほぼ解消します。


IMG_5490.jpg

IMG_5493.jpg



ポートレートなどでは開いて柔らかくボケてくれそうですね。アクセサリーが光る場合は注意が必要だと思います。風景では絞って先鋭さを活かしたいです。

  1. 2011/01/02(日) 09:32:47|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:6
次のページ

プロフィール

cucchi3143

Author:cucchi3143
前ブログ:改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿
前々ブログ:ふぁんき~な病人馬鹿一代記

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

時計

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

LENS

GR・LENS・A12・28mm/F2.5 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
SIGMA30mm/F2.8EX・DN 
E・PZ16-50mm/F3.5-5.6OSS 
LUMIX・G20mm/F1.7ASPH. 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
GR・LENS・A12・50mm/F2.5MACRO 
PlanarT*50mm/F1.4AEJ 
E50mm/F1.8OSS 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL・WR 
SIGMA・LENS16.6mm/F4 
SIGMA・Art30mm/F1.4DC・HSM 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
E18-55mm/F3.5-5.6OSS 
DT35mm/F1.8SAM 
XF18-55mm・F2.8-4R・LM・OIS 
PlanarT*35mm/F2(G) 
EF50mm/F1.2L・USM 
Elmar90mm/F4(L) 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
ULTRON40mm/F2SL 
CANON・LENS85mm/F1.9 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・HSM 
SIGMA・17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
EF50mm/F1.8II 
APO-LANTHAR90mm/F3.5SL 
M.ZUIKO・DIGITAL45mm/F1.8 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
SIGMA60mm/F2.8DN 
COLOR・HELIAR75mm/F2.5SL 
AUTO・REVUENON55mm/F1.4 
SIGMA30mm/F1.4EX・DG・HSM 
DistagonT*35mm/F2.8MMJ 
Ai・AF・NIKKOR35mm/F2D 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm/F1.4ASPH. 
EBC・FUJINON50mm/F1.4(前期型) 
SMC・PENTAX-F35-80mm/F4-5.6 
DT50mm/F1.8SAM 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
Lumaxar80mm/F3.5 
PENTAX・LENS5.0-50mm/F3.2-5.9 
SP・AF17-50mm/F2.8(A16P) 
Planar75mm/F3.5 
YASHINON・DS-M50mm/F1.7 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.7 
EF40mm/F2.8STM 
PlanarT*100mm/F2MMG 
PlanarT*45mm/F2(G) 
YASHICA・ML55mm/F2.8MACRO 
HEXANON・AR50mm/F1.7(前期型) 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6ALII 
SP・AF90mm/F2.8Di・MACRO1:1 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAM 
COSINON-S50mm/F2 
Makro-Planar・T*100mm/F2.8AEG 
RIKENON・P55mm/F1.2 
SP・AF17-50mm/F2.8XR・DiIIVC 
D・FA・MACRO100mm/F2.8WR 
NOKTON58mm/F1.4SLII 
SAMYANG35mm/F1.4Aspherical・IF 
XR・RIKENON50mm/F1.7 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
ZENZANON・MC75mm/F2.8 
ZENZANON・PS40mm/F4 
AUTO・RIKENON・EE50mm/F1.7 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5 
Biometar80mm/F2.8(MC?) 
Zunow・Zuminor75mm/F3.5 
LUMIX・G・VARIO14-45mm/F3.5-5.6ASPH.MEGA・O.I.S. 
EF35mm/F2 
Xenar75mm/F3.5 
Makro-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
AUTO・REVUENON50mm/F1.9 
NFD50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-FA43mm/F1.9Limited 
MC・FLEKTOGON20mm/F2.8 
CULTAGON・electric35mm/F2.8 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4(A05) 
SAMYANG14mm/F2.8ED・AS・IF・UMC 
SIGMA・ZOOM24-135mm/F2.8-4.5 
SMC・PENTAX-FA35mm/F2AL 
LEICA・DG・MACRO-ELMARIT45mm/F2.8ASPH./MEGA・O.I.S 
HEXANON・AR50mm/F1.7 
Mamiya・N65mm/F4L 
SonnarT*90mm/F2.8(G) 
Super-Takumar50mm/F1.4 
ZUIKO・AUTO-T100mm/F2 
TAMRON・SP・AF28-75mm/F2.8(A09) 
ROKKOR75mm/F3.5 
RICOH・LENS・S10・24-72mm/F2.5-4.4VC 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(前期型) 
ZENZANON・PS180mm/F4.5 
Super-Multi-Coated・BELLOWS-TAKUMAR100mm/F4 
XF14mm/F2.8R 
EF50mm/F1.8STM 
SMC・PENTAX-DA50-200mm/F4-5.6ED 
AUTO・REVUENON50mm/F1.8 
LUMIX・G14mm/F2.5ASPH. 
MC・BIOMETAR80mm/F2.8 
COSINA35-70mm/F3.5-4.8MC・MACRO 
M.ROKKOR40mm/F2 
S-Planar・T*60mm/F2.8AEG 
COLOR-ULTRON50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-A・ZOOM35-70mm/F3.5-4.5 
ULTRON40mm/F2SLII 
KONI-OMEGA・HEXANON90mm/F3.5 
TOMIOKA・AUTO・YASHINON55mm/F1.2 
Auto-Topcor58mm/F1.4 
BiogonT*28mm/F2.8(G) 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4SC 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX・DG 
PlanarT*50mm/F1.4ZS 
HEXANON85mm/F3.5 
COSINA24mm/F2.8MC・MACRO 
COLOR-YASHINON・DX45mm/F1.7 
SIGMA30mm/F1.4EX・DC・HSM 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(後期型) 
CF・Distagon・FLE50mm/F4 
AUTO・YASHINON-DS20mm/F3.3 
C・Biogon・T*21mm/F4.5ZM 
AF-S・NIKKOR24-85mm/F3.5-4.5G・ED・VR 
NIKKOR-T10.5cm/F4(改) 
Biometar80mm/F2.8(SC) 
EF50mm/F1.8 
SUMMICRON50mm/F2(II) 
PORST・COLOR・REFLEX・MC・AUTO50mm/F1.7 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(N) 
SMC・PENTAX67・45mm/F4 
ULTRA・WIDE-HELIAR12mm/F5.6Aspherical 
PlanarT*50mm/F1.4(N) 
E16mm/F2.8 
P.ANGENIEUX・PARIS・TYPE・X1・75mm/F3.5 
Planar・80mm/F2.8 
M.ZUIKO・DIGITAL25mm/F1.8 
PYCCAP20mm/F5.6 
W・NIKKOR-C35mm/F2.5 
FD35mm/F2 
NIKKOR-P・C75mm/F2.8 
YASHICA・ML21mm/F3.5 
XR・RIKENON45mm/F2.8 
XF18mm/F2R 
MC-JUPITER-9・85mm/F2 
ZENZANON・PS40mm/F4 
SUPER・WIDE-HELIAR15mm/F4.5ASPHERICAL 
TessarT*45mm/F2.8MMJ・100Jahre 
SUMMICRON-C40mm/F2 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
ZENZANON・PS110mm/F4.5MACRO(1:1) 
EF135mm/F2.8SOFTFOCUS 
RICONAR80mm/F3.5 
ARSAT30mm/F3.5 
SEKOR65mm/F6.3 
MINOLTA・AF50mm/F1.7(N) 
TOPCOR50mm/F3.5 
SUMMARON35mm/F3.5 
SMC・PENTAX-M50mm/F1.4 
ZUIKO・MC・AUTO-S50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
PlanarT*85mm/F1.4AEG 
SIGMA18-50mm/F2.8-4.5DC・OS・HSM 
AUTO・YASHINON・DS-M50mm/F1.4 
SMC・TAKUMAR55mm/F1.8 
SIGMA70mm/F2.8MACRO・EX・DG 
MD・ROKKOR-X45mm/F2 
ZENZANON150mm/F3.5 
XF35mm/F1.4R 
S-M-C・TAKUMAR55mm/F1.8 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
AF-S・NIKKOR・DX・ED18-55mm/F3.5-5.6GII 
Ai・NIKKOR28mm/F2.8S 
M.ZUIKO・DIGITAL・ED14-42mm/F3.5-5.6 
SIGMA 
AUTO・YASHINON-DS50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.9 
SUPER-KOMURA50mm/F3.5 
NORITAR80mm/F2 
ROKKOR-QF40mm/F1.7 
HEXANON・AR50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-A28mm/F2.8 
ZENZANON・PS65mm/F4 
SEKOR65mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.7 
G.ZUIKO・AUTO-S55mm/F1.2 
YASHICA・DSB50mm/F1.9 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F3.5-5.6 
COSINA55mm/F1.2MC 
FUJINON55mm/F1.8 
AUTO・GAF50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
30mm/F2.8 
AUTO-FLEX50mm/F1.7 
LENZ 
SERIES-E100mm/F2.8 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.4 
Distagon25m/F2.8MMJ 
YASHICA・ML50mm/F1.9c 
Vario-SonnarT*40-80mm/F3.5AEG 
XR・RIKENON50mm/F2(前期型) 
XR・RIKENON50mm/F2L 
AUTO・YASHINON50mm/F2 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F2 
SUPER-EBC・FUJINON・ZOOM28-56mm/F4.5-7.5 
YASHICA・ML50mm/F2 
PlanarT*50mm/F1.7MMJ 
AF-S・NIKKOR50mm/F1.8G・Special・Edition 
Sonnar100mm/F3.5AEJ 
NIKON・LENS28mm/F3.5 
CANON・TV・LENS50mm/F0.95 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAMII 
MACRO・SEKOR60mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF58mm/F1.4 
FD100mm/F2.8S.S.C. 
T-22・75mm/F4.5 
S-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
HEXAR35mm/F2 
SMC・PENTAX-DFA50mm/F2.8MACRO 
SP・AF70-300mm/F4-5.6Di・VC・USD 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F4-5.6 
iPhone4S 
Vario-SonnarT*28-80mm/F3.5-5.6 
HEXANON・AR35mm/F2.8 
AUTO・CHINON55mm/F1.7 
CHIYOKO・ROKKOR75mm/F3.5 
NFD135mm/F2.8 
Opton-Tessar75mm/F3.5 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
NFD70-210mm/F4 
SIGMA-Z24mm/F2.8 
SUMMILUX50mm/F1.4(II) 
CREATOR35mm/F2 
Auto-Takumar55mm/F1.8 
MINOLTA・AF24-50mm/F4 
PENTAX-M50mm/F1.7 
PENTAX645-A・35mm/F3.5 
SIGMA・APO70-300mm/F4-5.6DG・MACRO 
MINOLTA・AF28-80mm/F3.5-5.6 
ZENZANON-S105mm/F3.5 
SMC・PENTAX-A70-210mm/F4 
MINOLTA・AF35-105mm/F3.5-4.5 
MD・ROKKOR50mm/F1.4 
ZENZANON・MC40mm/F4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4Di・LD・ASP 
YASHICA・DSB55mm/F2 
COSINA20mm/F3.8MC 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
NFD100mm/F2 
F.Zuiko32mm/F1.7 
NFD28mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF50mm/F1.7 
D.Zuiko28mm/F3.5 
F.ZUIKO40mm/F1.7 
EF28-105mm/F3.5-4.5USM 
MC・W.ROKKOR-PF28mm/F2.8 
MC・TELE・ROKKOR-PF100mm/F2.8 
DistagonT*18mm/F4MMG 
Ai・NIKKOR50mm/F1.8S 
Super-Takumar105mm/F2.8 
SUPER-FUJINON8.3mm/F2.8 
G.ZUIKO・AUTO-S50mm/F1.4 
Super-Takumar50mm/F1.4(8枚玉) 
EF-S・18-55mm/F3.5-5.6IS/ 
70mm/F2.8 
MACRO 
M.ZUIKO・DIGITAL14-42mm/F3.5-5.6IIR 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH.POWER・O.I. 
EX 
OLYMPUS・BCL-1580 
MIR26B45mm/F3.5 
COLOR-HELIAR105mm/F3.5 
YASHIKOR80mm/F3.5 
DG 
SonnarT*85mm/F2.8AEJ 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm・F1.4ASPH. 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
Zeiss・Opton・Tessar80mm/F2.8 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5  
EF28mm/F2.8 
YASUHARA・MADOKA7.3mm・F4 
PENTAX-A645ZOOM80-160mm/F4.5 
・POWER・O.I.S. 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH. 
ZENZANON・PE75mm/F2.8 
Auto-Cintar55mm/F1.7 
XR・RIKENON・ZOOM35-70mm/F3.5MACRO 
AUTO・CHINON50mm/F1.9 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL 
ZUIKO・AUTO-MACRO90mm/F2 
Ai・NIKKOR85mm/F1.4S 
Tokina・SD70-210mm/F4-5.6 
OSAWA・MC28-50mm/F3.5-4.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F2 
CANON・LENS40mm/F1.7 
PlanarT*50mm/F1.4ZF 
NIKKOR-H・C75mm/F2.8 
SP・AF90mm/F2.8MACRO1:1(172E) 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
EBC・FUJINON・SW65mm/F5.6 
STM 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4MC 
Sonnar85mm/F2.8AEJ 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(I) 
COSINA70-210mm/F4・MC・MACRO 
YASHICA・ML・ZOOM35-105mm/F3.5-4.5 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX 
SMC・PENTAX-M120mm/F2.8 
XF18-55mm/F2.8-4R 

CAMERA

ROLLEIFLEX 2.8A (1)
ROLLEIFLEX 2.8C (4)
ROLLEIFLEX 3.5F (11)
ROLLEIFLEX AUTOMAT (6)
ROLLEICORD IV (1)
ROLLEICORD Vb (3)
MINOLTA AUTOCORD (7)
KONIFLEX (5)
YASHICAFLEX (2)
YASHICA MAT (12)
RICOHFLEX NEW DIA (3)
SEMFLEX (4)
LUBITEL 166B (2)
HASSELBLAD 500C/M (4)
BRONICA EC (22)
BRONICA SQ-A (20)
BRONICA SQ-Am (3)
PENTACON SIX TL (4)
NORITA66 (3)
MAMIYA C220 (3)
MINE SIX IIF (8)
PENTAX6X7 (4)
MAMIYA 7II (6)
KONICA PRESS (5)
FUJI GSW690 (1)
MAMIYA PRESS SUPER 23 (3)
BESSAII (1)
BRONICA ETR-Si (1)
CANON New F-1 (17)
CANON A-1 (2)
CANON EOS5 (8)
CANON EOS55 (1)
CANON EOS Kiss III L (2)
CANON CANONET QL17 (1)
NIKON F3HP (1)
NIKON EM (1)
NIKON AF600 (2)
PENTAX KX (5)
PENTAX MX (5)
PENTAX ME (1)
PENTAX ME SUPER (8)
MINOLTA XG-S (2)
MINOLTA New X-700 (8)
MINOLTA α-7 (10)
MINOLTA α-507Si (2)
MINOLTA α-SWEET (2)
MINOLTA Hi-MATIC E (3)
CONTAX RTS (2)
CONTAX RTSII (4)
CONTAX RX (5)
CONTAX N1 (6)
CONTAX G1 (9)
OLYMPUS SIX RIIB (1)
OLYMPUS OM-4 (4)
OLYMPUS OM-2SP (7)
OLYMPUS OM10 (1)
OLYMPUS 35DC (1)
OLYMPUS PEN EE2 (1)
OLYMPUS PEN EED (1)
YASHICA ELECTRO 35 GTN (4)
VOIGHTLÄNDER BESSA R (2)
VOIGHTLÄNDER BESSA R3A (1)
KONICA FTA (2)
KONICA HEXAR (2)
FUJI TIARA ZOOM (2)
FUJI FinePix4500 (1)
PENTAX K10D (13)
PENTAX K-5 (180)
PENTAX K-5 IIs (13)
PENTAX K-3 (15)
PENTAX Optio RZ10 (12)
SONY α300 (22)
SONY α350 (6)
SONY α550 (10)
SONY α33 (8)
SONY α77 (4)
SONY NEX-5 (120)
SONY NEX-5N (184)
SONY α6000 (110)
PANASONIC LUMIX GF2 (14)
PANASONIC LUMIX GX1 (15)
PANASONIC LUMIX GX7 (9)
OLYMPUS E-PL5 (74)
OLYMPUS OM-D EM-5 (4)
RICOH GXR (113)
RICOH GXR MOUNT A12 (17)
FUJI X-E1 (26)
FUJI X-E2 (7)
FUJI X-A1 (3)
FUJI X-M1 (5)
SIGMA SD15 (24)
SIGMA DP1x (25)
SIGMA DP2 Merrill (61)
SIGMA DP3 Merrill (31)
NIKON D200 (12)
NIKON D7100 (30)
NIKON D810 (4)
CANON EOS 40D (11)
CANON EOS 50D (49)
CANON EOS 60D (2)
CANON EOS 7D (28)
CANON EOS 5D MarkII (300)
iPhone 4S (3)
iPhone 6 (5)
未分類 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。