続改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神宮前(15)

SONY α550 + DT35mm/F1.8 SAM

_DSC0348-2.jpg

_DSC0415-7.jpg

_DSC0346-1.jpg

_DSC0401-1.jpg


スポンサーサイト
  1. 2014/07/31(木) 06:00:00|
  2. SONY α550
  3. | コメント:0

神宮前(14)

神宮前の植物編です。乗車する電車を1本早くしたので約1時間の撮影(移動)時間がとれるようになりました。そこで昨日は青山通り近くまで足を向けたのですが、なかなか撮れる光景に恵まれません。既に食傷気味の感もあります。マニュアル機ですと測光もあるので1カット撮るのにも時間がかかります。120で1本が適当かなあ。かと思うと一昨日の例ですが、リズムよく36枚一気に撮れることもあるので何とも微妙ですね。デジタル機のように途中で切り上げることができないという問題がフィルム機にはあります。ということで今日もまた同じ機材で続きを撮ります。

SONY α550 + DT35mm/F1.8 SAM

_DSC0413-1.jpg

_DSC0385-8.jpg

_DSC0407-11.jpg

_DSC0384-7.jpg


  1. 2014/07/30(水) 06:00:00|
  2. SONY α550
  3. | コメント:2

神宮前(13)

昨日から1本早い電車で出かけています。ダイヤ上は9分早いのですが、昨日は4分遅れで到着 (´ω`;) かつ乗客数もそれほど変化がなかったのが残念です。今日もフィルムで撮ります。現像がまったくできていませんが・・・(-_-;)

SONY α550 + DT35mm/F1.8 SAM

_DSC0335-2.jpg

_DSC0358-3.jpg

_DSC0393-6.jpg

_DSC0374-5.jpg


  1. 2014/07/29(火) 06:00:00|
  2. SONY α550
  3. | コメント:4

神宮前(13)

そういえば隅田川花火に96万人もの見物客が繰り出したと聞き、いまさらながら夏なのだと気がつく有り様です。暑さとゲリラ豪雨ばかりに関心が行き、風趣の意識がまるで湧きませんでした。今夏の予定は何も立てていません。ひたすら早朝の都市風景を撮るかな・・・

SONY α550 + DT35mm/F1.8 SAM

_DSC0390-10.jpg

_DSC0364-5.jpg

_DSC0388-9.jpg

  1. 2014/07/28(月) 06:00:00|
  2. SONY α550
  3. | コメント:2

神宮前(12)

毎日撮っていると機材を変える必要に迫られます。というか同じ機材ですと飽きるわけです。で、久しぶりに持ち出したα550とDT35/1.8 SAM。

この組み合わせは嵩は並ですが軽いのが何よりです。躯への負担を考えると軽い機材は助かるのですが、たいていは面白さに欠けます(笑) 直に飽きてくるのですね。MF機で撮っていると充実感はあるのですが、こちらも直に巻き上げ、測光、測距などが面倒になってきます (^^:) 難しいものですね。

SONY α550 + DT35mm/F1.8 SAM

_DSC0340-4.jpg

_DSC0330-1.jpg

_DSC0337-3.jpg


  1. 2014/07/27(日) 06:00:00|
  2. SONY α550
  3. | コメント:2

神宮前(11)

一昨日の豪雨で思い出しましたが、以前に埼玉県東部に住んでいた頃、周辺には稲作農家がかなりあったのですが、古い農家の倉庫に舟が架かっていましたね。1947年のカスリーン台風で利根川と荒川が決壊し、埼玉県東部や都内北部で甚大な被害を受けています。そうした備えだと周辺では説明されていたように記憶します。

豪雨の後、昨日、今日と猛暑が続いていますが、夕方になると気象情報を確認するのが日課になっています。傘は撮影の邪魔ですし荷物になるから持ちたくない。とはいえ雨で濡れたくもない。微妙な判断が要求されます (-_-;) 一昨日もギリギリ大丈夫だろうと踏んだのですが結構と濡れました。それでも家屋への被害がなかっただけでも幸いです。床上浸水したら1階にある機材は・・・(´ω`;)


GR LENS A12 50/2.5 MACROでの神宮前残カット。最後の写真の植物は翌日くらいには除けられていました。枯れてよい感じだったのですが。

RICOH GXR + GR LENS A12 50mm/F2.5 MACRO

_0013697-2.jpg

_0013694-1.jpg

_0013699-3.jpg

_0013707-4.jpg


  1. 2014/07/26(土) 12:18:00|
  2. RICOH GXR
  3. | コメント:4

神宮前(10)

昨晩の大雨で近くを流れる善福寺川が氾濫。杉並区気象情報によると80cmくらいのようです(続きを読む参照)。道路は冠水していましたが、たぶん床下浸水まで行かなかったと思います。当地は一気に水嵩が増すエリアで有名で、10年近く前の台風ではかなり被害を受けています。


原宿はどうなのでしょうかね。明治通りと平行して穏田川暗渠が有るのですが、たしかに明治通りから渋谷にかけてが谷底になっているのが判ります。渋谷駅東口を流れる渋谷川の川底は干上がっているときが多いのですが。そういえば今日の写真はいずれも暗渠のそばの光景なのです。

RICOH GXR + GR LENS A12 50mm/F2.5 MACRO

_0013655-1-2.jpg

_0013688-2.jpg

_0013702-3.jpg

_0013723-4.jpg


続きを読む
  1. 2014/07/25(金) 06:00:00|
  2. RICOH GXR
  3. | コメント:4

神宮前(9)

そういえばキャットストリート付近では何軒か店舗工事が行われていて、早朝から職人さんの姿が目立ちます。皆さん早いですね。7時30分前でも作業に入っています。他には荷物搬入のトラックが出入りするくらいで通行人は少ないです。昨日は早朝からモデル撮影をしているカメラマンがいました。暑いのに助手はレフ板を持って光を回していました。意外と早朝からのモデル撮影には遭遇します。

RICOH GXR + GR LENS A12 50mm/F2.5 MACRO

_0013708-2.jpg

_0013725-1.jpg

_0013717-3.jpg


  1. 2014/07/24(木) 07:30:00|
  2. RICOH GXR
  3. | コメント:6

神宮前(8)

昨日、関東地方は梅雨明けしたということです。ガソリンが高騰しているので車を運転中にエアコンを動かすのが癪で窓を開けて走行していたのですが難儀でした (-_-;) 節約してもお金は機材に消えるだけですが・・・ヾ(´▽`;)ゝ

乗車する電車を少し早めようと思いますが、 夏休みに入って電車も少しは空いてきているのでしょうか?

RICOH GXR + GR LENS A12 50mm/F2.5 MACRO

_0013662-1.jpg

_0013665-2.jpg

_0013676-4.jpg

_0013671-3.jpg


  1. 2014/07/23(水) 06:00:00|
  2. RICOH GXR
  3. | コメント:4

神宮前(7)

早朝の光景。車と歩行者が目立つのは明治通りくらいです。表参道も車の通行はあるものの、歩行者はわずか。キャットストリートに至ってはどちらもなし。一帯は飲食店はあってもいわゆる飲み屋は少ないですし、風俗店がないのも大きいかもしれませんね (渋谷駅近辺では朝から営業している飲み屋が何軒もあります)。皇室に関係するエリアはどこも同じで静かです。

RICOH GXR + GR LENS A12 50mm/F2.5 MACRO

明治通り 7:26AM
_0013677-1.jpg

表参道 7:34AM
_0013691-2.jpg

キャットストリート 7:41AM
_0013704-3.jpg


  1. 2014/07/22(火) 08:06:00|
  2. RICOH GXR
  3. | コメント:2

神宮前(6)

今日で梅雨明けですかね? 実は朝の1時間足らずの撮影でも相当の汗をかきます。いつも着替えを用意しているのです。梅雨が明けると日差しも強くなるでしょうね。もう1~2本早い電車で出かけるかな (^^:)

CANON EOS 5D MarkII + EF35mm/F2

_MG_0023-1.jpg

_MG_0048-4.jpg

_MG_0032-3.jpg

_MG_0029-2.jpg

  1. 2014/07/21(月) 06:00:00|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:0

神宮前(5)

出勤前です。原宿駅改札を7:10頃に出て、表参道か竹下通りから路地に入り、明治通りを越えます。穏田川暗渠あたりで表参道を越えて暗渠(キャットストリート)沿いに渋谷駅東口まで歩くのが撮影順路です。

さすがにこの時間帯ですと通行人が少ないです。1枚目はデータによると7月7日の午前7時32分のキャットストリートの光景です。誰も歩いていません。待って撮ったのではなく、この時間帯ですといつもこうした状態です。

RICOH GXR + GR LENS A12 28mm/F2.5

_0013636-1.jpg

そういう意味では人のいないところを狙う私にとっては絶好のエリアとも言えそうです。以下はEF35/2での写真。

CANON EOS 5D MarkII + EF35mm/F2

_MG_9985-2.jpg

_MG_9988-1.jpg

_MG_9970-1.jpg

_MG_0005-1.jpg


  1. 2014/07/20(日) 06:00:00|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:4

神宮前(4)

神宮前に置かれた自転車、バイク編です。

いずれも機種によってはメタリック部分に色収差が現れやすいシーンなのですが、EF35/2に関してはほとんど無視できるものでした。ただしまったく出現しないわけではなく、小さめですが出現するときもあります。それにしても20数年前のレンズでこの性能のわけです。現代のレンズを急いで買うことに意味があるのかと考えてしまいますね。      と言っても結局、買ってしまう私ですが(笑)

CANON EOS 5D MarkII + EF35mm/F2

_MG_0035-3.jpg

_MG_0033-2.jpg

_MG_0024-1.jpg

_MG_0051-4.jpg


  1. 2014/07/19(土) 10:50:39|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:2

神宮前(3)

EF35/2で寄った画像。

Lightroomではプロファイル補正が可能ですが、ONにすると周辺光量がかなり補正されるのが判ります。開き気味ですからなおさら顕著でしょう。とはいえ掲載した画像は再び周辺光量を落としています。

色収差はあるのですが気になるほどではなく、時代を経た広角レンズとしてはたいへん優秀ではないでしょうか。現代のレンズでもっと大きく出現するものがかなりありますから。解像力もかなり高いです。バランスがよいレンズというよりも個性的なレンズという方が的確なようにも思えます。

20年以上も現役でこれたことには根拠があったわけですね。ちなみに現行のEF35/2 IS USMではレンズ構成が変更されています。メーカーは「非球面レンズの採用により、像面湾曲などの諸収差を良好に補正。従来機種を上回る高い描写性能と高画質を実現」と謳っていますので、IS USMだけに期待するのではなく、描写を知るために使ってみたい気持ちがあります。さらにこのうえにEF35/1.4Lもラインアップされているわけですが、こちらはフローティング機構搭載ですので近接時には有利なはずです。こう見るとCANONのレンズラインアップは秩序がはっきりしていますね。

CANON EOS 5D MarkII + EF35mm/F2

_MG_0009-2.jpg

_MG_0046-4.jpg

_MG_0041-3.jpg

_MG_9973-1.jpg


  1. 2014/07/18(金) 06:00:00|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:2

神宮前(2)

そういえば3枚目の店舗は美容室だったのですが、いつの間にかクローズしていました。他にも新しく建築を始めているところ、テナントが入れ替わったところが目に付きます。本当にこの一帯は栄枯盛衰が激しいですね。数カ月行かないとガラリと変わった店舗の姿に驚くようになるわけです。賃料も坪単価は高そうですね。

CANON EOS 5D MarkII + EF35mm/F2

_MG_9968-3.jpg

_MG_9962-1.jpg

_MG_9966-2.jpg


  1. 2014/07/17(木) 06:00:00|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:2

神宮前(1)

朝のラッシュを避けて乗車する電車がどんどん早くなっています。さすがに渋谷は撮り飽きてきたので、いまは一つ手前の原宿で下車し、毎朝約1時間かけて撮りながら渋谷まで歩いています。それでも1時間ですと表参道の上のほうまで行くのは厳しく、明治通り近辺がやっとですね。キャットストリートなどは人が歩いていませんから気持ちがよいです。原宿が撮り飽きたら次は恵比寿から歩くつもりです (^^)

CANON EOS 5D MarkII + EF35mm/F2

_MG_9940-1.jpg

_MG_9942-2.jpg

_MG_9952-3.jpg


  1. 2014/07/16(水) 06:00:00|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:2

国立霞ヶ丘競技場

解体工事が間近な国立霞ヶ丘競技場。いま一般競争入札として再公告されています(前回は不落)。2015年10月までにすべて取り壊される予定ですが、現在、スタンド座席などを自治体に譲渡する取り外しに着手するなど解体に備えているようです。

ここは何度か撮りに来ているのですが、いつも外観撮影だけです。実は競技場の中には一度も入ったことがありません。東京オリンピックが開催された1964年から50年という時間が経っていますが、その間に一度くらい入ってもよかったですね。スポーツ観戦など関心がありませんから、これまで入場するチャンスがありませんでした。ちなみに神宮球場も最後に入場したのは1976年の早慶戦ですから、こちらも38年間足を運んでいないのです。

昨日ご覧いただいた信濃町の写真を撮る前に、競技場を一周してみました。ネコが何匹もいました。支援者もいるようですが、工事が始まれば直に棲息できなくなるでしょう。明治公園の横はタクシー運転手の休憩地として絶好のところだったのでしょうが、こちらも追い立てられるようになるでしょうね。

50年の歳月を送ってきた競技場に敬意を表して、5枚を一気出しです(笑)  画像はドラマティックになるようにかなり手を入れています。

CANON EOS 5D MarkII + EF35mm/F2

_MG_0077-1.jpg

_MG_0099-2.jpg

_MG_0105-3.jpg

_MG_0126-4.jpg

_MG_0131-5.jpg



  1. 2014/07/15(火) 06:00:00|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:4

JR信濃町駅

先日入手したいわゆる並単のEF35mm/F2。

_MG_9814-2_20140713210823e92.jpg

急がずにそのうち入手しようと思っていたのですが、気がつくと中古価格が上昇しています。自分では中古良品で2万円強という認識なのですが、中野でもいまや2万円台半ばまで上昇しています。後継のEF35/2 IS USMが出てからはディスコンのようですが、まだ流通在庫で新品が手に入るかもしれません。

このレンズは1990年発売ですから実に20年以上にわたって販売されてきたのですね。単焦点レンズは数がはけなくなっていますからロングセラー商品が多いですが、1990年というとEOS-1が発売された翌年です。息が長かった商品、というよりはよくもモデルチェンジせずに販売してこれたものだと思います。

実はこのレンズ、使ってみてUSMではないことに気がつきました。例のジーコジーコというモーター音がするわけです。合焦は並という評価のようですが、自分が使っている機種のなかでは遅くは感じません。大きな距離移動でなければ合焦速度に不満を感じることはないようにも思います。

次の機会で触れますが、開放からかなりシャープなのですね。いまでも十分通用するレンズだと思います。


写真は信濃町駅を出て外苑東通りを渡った歩道から新宿方面を眺めたものです。ドコモタワーと慶応病院、そして中央線。ここは金網があるのが実に残念ですね。

CANON EOS 5D MarkII + EF35mm/F2

_MG_0135-1.jpg


  1. 2014/07/14(月) 06:00:00|
  2. CANON EOS 5D MarkII
  3. | コメント:2

越中島支線(4)

越中島支線の最後。

GXRで撮影した画像をモノクロでも処理してみたのですが、やはりカラーのほうがよかったです。グリーンが活きるかどうかのように感じますね・・・CONTAX G2でも撮っていますが (^^:)

ところで人知れずディスコンとなったGXRですが後継機は望めそうにありません。中古の流通量もそれなりに有るのですが足が速く、とくにビューファインダーの入手は難しいです(見え方はよくはないのに)。28/2.5とA12マウントユニットはこの際サブを購入しておこうかと思案中です。

RICOH GXR + GR LENS A12 28mm/F2.5

_0013572-2.jpg

_0013568-1.jpg

_0013558-1.jpg


  1. 2014/07/13(日) 11:12:01|
  2. RICOH GXR
  3. | コメント:6

越中島支線(3)

西大島には過去何度か来ていますが、ここを起点として動くことが多いです。この日は猿江恩賜公園、砂町銀座商店街と歩いたのですが、越中島支線から横十間川、小名木川、仙台堀川とめぐるコースも面白いです。機材はGXRに28/2.5で正解でした。実はCONTAX G2にP35/2でも撮影したのですが、画角としては28mmのほうが合っていました。

RICOH GXR + GR LENS A12 28mm/F2.5

_0013564-3_20140711203505c48.jpg

_0013576-3.jpg

_0013563-2_201407112035055b3.jpg
  1. 2014/07/12(土) 06:00:00|
  2. RICOH GXR
  3. | コメント:2

越中島支線(2)

越中島支線は廃線ではなく現役の貨物線です。ただし土日は運休のようで、WEBでは3年ほど前の記事ですが以下の記述がありました。

「新小岩操車場を12時10分に発車し、越中島貨物駅に12時22分に到着する列車と、越中島貨物駅を13時42分に発車し、新小岩操車場に13時55分に到着する列車の、わずか1往復」

いまや1往復しかないのですね。事前にしっかりとロケハンを行わないと撮影は難しそうですね。

RICOH GXR + GR LENS A12 28mm/F2.5

_0013554-3.jpg

_0013551-2.jpg

_0013560-4.jpg


  1. 2014/07/11(金) 07:45:00|
  2. RICOH GXR
  3. | コメント:6

越中島支線(1)

久しぶりに江東区を歩いてみました。まずお見せするカットは都営新宿線西大島駅の西側、新大橋通りから越中島支線沿いの光景なのですが、何度来てもここは面白いです。線路は一帯よりやや高い位置に敷設されており、線路土手は当然民有地ではないのだと推測しますが、一帯の住民の庭と化しています。皆さんいろいろな植物、木々を育てられているのです。それが何ともゆったりした光景を奏でていて眺めていて飽きることがありません。

実は1枚目の写真左側に住宅が建ち並んでいて、線路脇の道路を挟んで土手を庭のようにされているわけです。ファインダーで蹴っていますが周囲には高層住宅もいくつかあります。そんななかでこの支線周辺が昭和の雰囲気を色濃く残しています。

越中島支線とは小岩駅と越中島貨物駅を結ぶJR東日本総武本線の鉄道路線(貨物支線)だそうです。全長11.7km。一度全線を撮り歩いてみたいです。

RICOH GXR + GR LENS A12 28mm/F2.5

_0013521-1.jpg

_0013523-2.jpg

_0013534-3.jpg

_0013535-4.jpg


  1. 2014/07/10(木) 06:00:00|
  2. RICOH GXR
  3. | コメント:4

杉並区荻窪2丁目

駅からの帰宅途中にいつも通る一帯。ここは戦前に別荘地としてひらけた一帯で、一区画の敷地面積はかなり広いですし、床面積の広い邸宅がいくつもあります。人気は南荻窪に譲るのかもしれませんが、そもそも売買物件が無いように見受けられます。

この道を通るようになったのは最近のことなのですが、これまで通っていた道は毎朝反対方向から来る2人の歩行喫煙者と出遭うのです。それを避けてです。当然区内は歩行喫煙禁止です。キャスターをゴロゴロとデカい音をたてて引く人、靴音を響かせて歩く人がこの道にはいないのも助かります。

OLYMPUS E-PL5 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

P6270110-1.jpg


  1. 2014/07/09(水) 06:00:00|
  2. OLYMPUS E-PL5
  3. | コメント:4

丸の内(9)

京橋から歩いて都営三田線日比谷駅入口着。見上げると明治生命館の重厚な意匠。実は撮るポイントは毎回同じなのです (^^:)

OLYMPUS E-PL5 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

P6270102-8.jpg


  1. 2014/07/08(火) 06:00:00|
  2. OLYMPUS E-PL5
  3. | コメント:2

丸の内(8)

丸の内シリーズもいよいよ終わりに近づきました。皇居そば明治生命館と丸の内プラザの間の通路です。

OLYMPUS E-PL5 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

P6270092-7.jpg



  1. 2014/07/07(月) 06:00:00|
  2. OLYMPUS E-PL5
  3. | コメント:4

丸の内(7)

昨日は早朝から逗子の実家に出かけました。帰りに鎌倉によって撮影しようと思い、GXRをバッグの中に入れ車で出発したのですが、ちょうど環八に出たところで嫌な予感が・・・そうです。SDカードを挿し忘れていました ヾ(´▽`;)ゝ

土曜日は横浜横須賀道路もETC割引が効き朝比奈ICまで430円です。第三京浜・横浜新道が計470円ですので合計900円で行けるわけです。ただし帰りに入れたガソリンはリッター164円。環八最安のセルフスタンドでも161円ですので、おいそれとは走れないですね。

OLYMPUS E-PL5 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

P6270084-1-2.jpg


  1. 2014/07/06(日) 08:32:53|
  2. OLYMPUS E-PL5
  3. | コメント:6

丸の内(6)

高架をくぐり少し進んだところなのですが、ここも何度も撮っています。夜の撮影ではとても好きなところです。

撮影データはISO1600・F2.8・1/15secなのですが、ボディ内手ブレ補正があるのが強みですね。手ブレ補正がない機材の場合は2段であればISO6400で撮れないといけなくなります。E-PL5を夜に持ち出すと有効性が高いことに納得します。お金があればα7Sを選びたいところですが、現所有の機材でも十分かなと思えます。

OLYMPUS E-PL5 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

P6270079-1-2.jpg


  1. 2014/07/05(土) 06:00:00|
  2. OLYMPUS E-PL5
  3. | コメント:2

丸の内(5)

昨日の写真から45°ほど左に振ったシーン。写真を小出しにしていますねヾ(´▽`;)ゝ

OLYMPUS E-PL5 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

P6270066-1.jpg


  1. 2014/07/04(金) 06:00:00|
  2. OLYMPUS E-PL5
  3. | コメント:0

丸の内(4)

昨日の場所で後ろを振り向くとこういう光景になるわけです。このJR高架部分が一帯で唯一残る妖しいところですね。

OLYMPUS E-PL5 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

P6270050-1.jpg


  1. 2014/07/03(木) 07:00:00|
  2. OLYMPUS E-PL5
  3. | コメント:2

丸の内(3)

またデジタルに戻ります。東京駅の南側、左上の線路は東海道新幹線です。ここは何度も撮影しているところですが、通行人が1人もいないのはたぶん初めてです。雨上がりの夜でしたので、たまたまでしょうね。

OLYMPUS E-PL5 + LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

P6270046-1.jpg


  1. 2014/07/02(水) 06:00:00|
  2. OLYMPUS E-PL5
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

cucchi3143

Author:cucchi3143
前ブログ:改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿
前々ブログ:ふぁんき~な病人馬鹿一代記

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

時計

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

LENS

GR・LENS・A12・28mm/F2.5 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
SIGMA30mm/F2.8EX・DN 
E・PZ16-50mm/F3.5-5.6OSS 
LUMIX・G20mm/F1.7ASPH. 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
GR・LENS・A12・50mm/F2.5MACRO 
PlanarT*50mm/F1.4AEJ 
E50mm/F1.8OSS 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL・WR 
SIGMA・LENS16.6mm/F4 
SIGMA・Art30mm/F1.4DC・HSM 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
E18-55mm/F3.5-5.6OSS 
DT35mm/F1.8SAM 
XF18-55mm・F2.8-4R・LM・OIS 
PlanarT*35mm/F2(G) 
EF50mm/F1.2L・USM 
Elmar90mm/F4(L) 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
ULTRON40mm/F2SL 
CANON・LENS85mm/F1.9 
SIGMA・C17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・HSM 
SIGMA・17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
EF50mm/F1.8II 
APO-LANTHAR90mm/F3.5SL 
M.ZUIKO・DIGITAL45mm/F1.8 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
SIGMA60mm/F2.8DN 
COLOR・HELIAR75mm/F2.5SL 
AUTO・REVUENON55mm/F1.4 
SIGMA30mm/F1.4EX・DG・HSM 
DistagonT*35mm/F2.8MMJ 
Ai・AF・NIKKOR35mm/F2D 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm/F1.4ASPH. 
EBC・FUJINON50mm/F1.4(前期型) 
SMC・PENTAX-F35-80mm/F4-5.6 
DT50mm/F1.8SAM 
SIGMA・LENZ50mm/F2.8MACRO 
Lumaxar80mm/F3.5 
PENTAX・LENS5.0-50mm/F3.2-5.9 
SP・AF17-50mm/F2.8(A16P) 
Planar75mm/F3.5 
YASHINON・DS-M50mm/F1.7 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.7 
EF40mm/F2.8STM 
PlanarT*100mm/F2MMG 
PlanarT*45mm/F2(G) 
YASHICA・ML55mm/F2.8MACRO 
HEXANON・AR50mm/F1.7(前期型) 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6ALII 
SP・AF90mm/F2.8Di・MACRO1:1 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAM 
COSINON-S50mm/F2 
Makro-Planar・T*100mm/F2.8AEG 
RIKENON・P55mm/F1.2 
SP・AF17-50mm/F2.8XR・DiIIVC 
D・FA・MACRO100mm/F2.8WR 
NOKTON58mm/F1.4SLII 
SAMYANG35mm/F1.4Aspherical・IF 
XR・RIKENON50mm/F1.7 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
ZENZANON・MC75mm/F2.8 
ZENZANON・PS40mm/F4 
AUTO・RIKENON・EE50mm/F1.7 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5 
Biometar80mm/F2.8(MC?) 
Zunow・Zuminor75mm/F3.5 
LUMIX・G・VARIO14-45mm/F3.5-5.6ASPH.MEGA・O.I.S. 
EF35mm/F2 
Xenar75mm/F3.5 
Makro-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
AUTO・REVUENON50mm/F1.9 
NFD50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-FA43mm/F1.9Limited 
MC・FLEKTOGON20mm/F2.8 
CULTAGON・electric35mm/F2.8 
SMC・PENTAX-A50mm/F1.4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4(A05) 
SAMYANG14mm/F2.8ED・AS・IF・UMC 
SIGMA・ZOOM24-135mm/F2.8-4.5 
SMC・PENTAX-FA35mm/F2AL 
LEICA・DG・MACRO-ELMARIT45mm/F2.8ASPH./MEGA・O.I.S 
HEXANON・AR50mm/F1.7 
Mamiya・N65mm/F4L 
SonnarT*90mm/F2.8(G) 
Super-Takumar50mm/F1.4 
ZUIKO・AUTO-T100mm/F2 
TAMRON・SP・AF28-75mm/F2.8(A09) 
ROKKOR75mm/F3.5 
RICOH・LENS・S10・24-72mm/F2.5-4.4VC 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(前期型) 
ZENZANON・PS180mm/F4.5 
Super-Multi-Coated・BELLOWS-TAKUMAR100mm/F4 
XF14mm/F2.8R 
EF50mm/F1.8STM 
SMC・PENTAX-DA50-200mm/F4-5.6ED 
AUTO・REVUENON50mm/F1.8 
LUMIX・G14mm/F2.5ASPH. 
MC・BIOMETAR80mm/F2.8 
COSINA35-70mm/F3.5-4.8MC・MACRO 
M.ROKKOR40mm/F2 
S-Planar・T*60mm/F2.8AEG 
COLOR-ULTRON50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-A・ZOOM35-70mm/F3.5-4.5 
ULTRON40mm/F2SLII 
KONI-OMEGA・HEXANON90mm/F3.5 
TOMIOKA・AUTO・YASHINON55mm/F1.2 
Auto-Topcor58mm/F1.4 
BiogonT*28mm/F2.8(G) 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4SC 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX・DG 
PlanarT*50mm/F1.4ZS 
HEXANON85mm/F3.5 
COSINA24mm/F2.8MC・MACRO 
COLOR-YASHINON・DX45mm/F1.7 
SIGMA30mm/F1.4EX・DC・HSM 
EBC・FUJINON55mm/F1.8(後期型) 
CF・Distagon・FLE50mm/F4 
AUTO・YASHINON-DS20mm/F3.3 
C・Biogon・T*21mm/F4.5ZM 
AF-S・NIKKOR24-85mm/F3.5-4.5G・ED・VR 
NIKKOR-T10.5cm/F4(改) 
Biometar80mm/F2.8(SC) 
EF50mm/F1.8 
SUMMICRON50mm/F2(II) 
PORST・COLOR・REFLEX・MC・AUTO50mm/F1.7 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(N) 
SMC・PENTAX67・45mm/F4 
ULTRA・WIDE-HELIAR12mm/F5.6Aspherical 
PlanarT*50mm/F1.4(N) 
E16mm/F2.8 
P.ANGENIEUX・PARIS・TYPE・X1・75mm/F3.5 
Planar・80mm/F2.8 
M.ZUIKO・DIGITAL25mm/F1.8 
PYCCAP20mm/F5.6 
W・NIKKOR-C35mm/F2.5 
FD35mm/F2 
NIKKOR-P・C75mm/F2.8 
YASHICA・ML21mm/F3.5 
XR・RIKENON45mm/F2.8 
XF18mm/F2R 
MC-JUPITER-9・85mm/F2 
ZENZANON・PS40mm/F4 
SUPER・WIDE-HELIAR15mm/F4.5ASPHERICAL 
TessarT*45mm/F2.8MMJ・100Jahre 
SUMMICRON-C40mm/F2 
SIGMA50mm/F1.4EX・DG・HSM 
ZENZANON・PS110mm/F4.5MACRO(1:1) 
EF135mm/F2.8SOFTFOCUS 
RICONAR80mm/F3.5 
ARSAT30mm/F3.5 
SEKOR65mm/F6.3 
MINOLTA・AF50mm/F1.7(N) 
TOPCOR50mm/F3.5 
SUMMARON35mm/F3.5 
SMC・PENTAX-M50mm/F1.4 
ZUIKO・MC・AUTO-S50mm/F1.8 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
PlanarT*85mm/F1.4AEG 
SIGMA18-50mm/F2.8-4.5DC・OS・HSM 
AUTO・YASHINON・DS-M50mm/F1.4 
SMC・TAKUMAR55mm/F1.8 
SIGMA70mm/F2.8MACRO・EX・DG 
MD・ROKKOR-X45mm/F2 
ZENZANON150mm/F3.5 
XF35mm/F1.4R 
S-M-C・TAKUMAR55mm/F1.8 
ZENZANON・PS80mm/F2.8 
AF-S・NIKKOR・DX・ED18-55mm/F3.5-5.6GII 
Ai・NIKKOR28mm/F2.8S 
M.ZUIKO・DIGITAL・ED14-42mm/F3.5-5.6 
SIGMA 
AUTO・YASHINON-DS50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.9 
SUPER-KOMURA50mm/F3.5 
NORITAR80mm/F2 
ROKKOR-QF40mm/F1.7 
HEXANON・AR50mm/F1.4 
SMC・PENTAX-A28mm/F2.8 
ZENZANON・PS65mm/F4 
SEKOR65mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.7 
G.ZUIKO・AUTO-S55mm/F1.2 
YASHICA・DSB50mm/F1.9 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F3.5-5.6 
COSINA55mm/F1.2MC 
FUJINON55mm/F1.8 
AUTO・GAF50mm/F1.9 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
30mm/F2.8 
AUTO-FLEX50mm/F1.7 
LENZ 
SERIES-E100mm/F2.8 
YASHICA・ML50mm/F1.7 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F3.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F1.4 
Distagon25m/F2.8MMJ 
YASHICA・ML50mm/F1.9c 
Vario-SonnarT*40-80mm/F3.5AEG 
XR・RIKENON50mm/F2(前期型) 
XR・RIKENON50mm/F2L 
AUTO・YASHINON50mm/F2 
ZUIKO・AUTO-MACRO50mm/F2 
SUPER-EBC・FUJINON・ZOOM28-56mm/F4.5-7.5 
YASHICA・ML50mm/F2 
PlanarT*50mm/F1.7MMJ 
AF-S・NIKKOR50mm/F1.8G・Special・Edition 
Sonnar100mm/F3.5AEJ 
NIKON・LENS28mm/F3.5 
CANON・TV・LENS50mm/F0.95 
DT18-55mm/F3.5-5.6SAMII 
MACRO・SEKOR60mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF58mm/F1.4 
FD100mm/F2.8S.S.C. 
T-22・75mm/F4.5 
S-PlanarT*60mm/F2.8AEG 
HEXAR35mm/F2 
SMC・PENTAX-DFA50mm/F2.8MACRO 
SP・AF70-300mm/F4-5.6Di・VC・USD 
MINOLTA・AF-ZOOM28-80mm/F4-5.6 
iPhone4S 
Vario-SonnarT*28-80mm/F3.5-5.6 
HEXANON・AR35mm/F2.8 
AUTO・CHINON55mm/F1.7 
CHIYOKO・ROKKOR75mm/F3.5 
NFD135mm/F2.8 
Opton-Tessar75mm/F3.5 
SIGMA17-70mm/F2.8-4DC・MACRO・OS・HSM 
NFD70-210mm/F4 
SIGMA-Z24mm/F2.8 
SUMMILUX50mm/F1.4(II) 
CREATOR35mm/F2 
Auto-Takumar55mm/F1.8 
MINOLTA・AF24-50mm/F4 
PENTAX-M50mm/F1.7 
PENTAX645-A・35mm/F3.5 
SIGMA・APO70-300mm/F4-5.6DG・MACRO 
MINOLTA・AF28-80mm/F3.5-5.6 
ZENZANON-S105mm/F3.5 
SMC・PENTAX-A70-210mm/F4 
MINOLTA・AF35-105mm/F3.5-4.5 
MD・ROKKOR50mm/F1.4 
ZENZANON・MC40mm/F4 
SP・AF17-35mm/F2.8-4Di・LD・ASP 
YASHICA・DSB55mm/F2 
COSINA20mm/F3.8MC 
SIGMA・LENZ30mm/F2.8 
NFD100mm/F2 
F.Zuiko32mm/F1.7 
NFD28mm/F2.8 
MC・ROKKOR-PF50mm/F1.7 
D.Zuiko28mm/F3.5 
F.ZUIKO40mm/F1.7 
EF28-105mm/F3.5-4.5USM 
MC・W.ROKKOR-PF28mm/F2.8 
MC・TELE・ROKKOR-PF100mm/F2.8 
DistagonT*18mm/F4MMG 
Ai・NIKKOR50mm/F1.8S 
Super-Takumar105mm/F2.8 
SUPER-FUJINON8.3mm/F2.8 
G.ZUIKO・AUTO-S50mm/F1.4 
Super-Takumar50mm/F1.4(8枚玉) 
EF-S・18-55mm/F3.5-5.6IS/ 
70mm/F2.8 
MACRO 
M.ZUIKO・DIGITAL14-42mm/F3.5-5.6IIR 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH.POWER・O.I. 
EX 
OLYMPUS・BCL-1580 
MIR26B45mm/F3.5 
COLOR-HELIAR105mm/F3.5 
YASHIKOR80mm/F3.5 
DG 
SonnarT*85mm/F2.8AEJ 
LEICA・DG・SUMMILUX25mm・F1.4ASPH. 
EF100mm/F2.8L・MACRO・IS・USM 
Zeiss・Opton・Tessar80mm/F2.8 
RICOH・LENS・A16・24-85mm/F3.5-5.5  
EF28mm/F2.8 
YASUHARA・MADOKA7.3mm・F4 
PENTAX-A645ZOOM80-160mm/F4.5 
・POWER・O.I.S. 
LUMIX・G・X・VARIO・PZ14-42mm/F3.5-5.6ASPH. 
ZENZANON・PE75mm/F2.8 
Auto-Cintar55mm/F1.7 
XR・RIKENON・ZOOM35-70mm/F3.5MACRO 
AUTO・CHINON50mm/F1.9 
SMC・PENTAX・DA18-55mm/F3.5-5.6AL 
ZUIKO・AUTO-MACRO90mm/F2 
Ai・NIKKOR85mm/F1.4S 
Tokina・SD70-210mm/F4-5.6 
OSAWA・MC28-50mm/F3.5-4.5 
AUTO・YASHINON-DX50mm/F2 
CANON・LENS40mm/F1.7 
PlanarT*50mm/F1.4ZF 
NIKKOR-H・C75mm/F2.8 
SP・AF90mm/F2.8MACRO1:1(172E) 
SMC・PENTAX-M100mm/F2.8 
EBC・FUJINON・SW65mm/F5.6 
STM 
NOKTON・CLASSIC40mm/F1.4MC 
Sonnar85mm/F2.8AEJ 
MINOLTA・AF50mm/F1.4(I) 
COSINA70-210mm/F4・MC・MACRO 
YASHICA・ML・ZOOM35-105mm/F3.5-4.5 
SIGMA50mm/F2.8MACRO・EX 
SMC・PENTAX-M120mm/F2.8 
XF18-55mm/F2.8-4R 

CAMERA

ROLLEIFLEX 2.8A (1)
ROLLEIFLEX 2.8C (4)
ROLLEIFLEX 3.5F (11)
ROLLEIFLEX AUTOMAT (6)
ROLLEICORD IV (1)
ROLLEICORD Vb (3)
MINOLTA AUTOCORD (7)
KONIFLEX (5)
YASHICAFLEX (2)
YASHICA MAT (12)
RICOHFLEX NEW DIA (3)
SEMFLEX (4)
LUBITEL 166B (2)
HASSELBLAD 500C/M (4)
BRONICA EC (22)
BRONICA SQ-A (20)
BRONICA SQ-Am (3)
PENTACON SIX TL (4)
NORITA66 (3)
MAMIYA C220 (3)
MINE SIX IIF (8)
PENTAX6X7 (4)
MAMIYA 7II (6)
KONICA PRESS (5)
FUJI GSW690 (1)
MAMIYA PRESS SUPER 23 (3)
BESSAII (1)
BRONICA ETR-Si (1)
CANON New F-1 (17)
CANON A-1 (2)
CANON EOS5 (8)
CANON EOS55 (1)
CANON EOS Kiss III L (2)
CANON CANONET QL17 (1)
NIKON F3HP (1)
NIKON EM (1)
NIKON AF600 (2)
PENTAX KX (5)
PENTAX MX (5)
PENTAX ME (1)
PENTAX ME SUPER (8)
MINOLTA XG-S (2)
MINOLTA New X-700 (8)
MINOLTA α-7 (10)
MINOLTA α-507Si (2)
MINOLTA α-SWEET (2)
MINOLTA Hi-MATIC E (3)
CONTAX RTS (2)
CONTAX RTSII (4)
CONTAX RX (5)
CONTAX N1 (6)
CONTAX G1 (9)
OLYMPUS SIX RIIB (1)
OLYMPUS OM-4 (4)
OLYMPUS OM-2SP (7)
OLYMPUS OM10 (1)
OLYMPUS 35DC (1)
OLYMPUS PEN EE2 (1)
OLYMPUS PEN EED (1)
YASHICA ELECTRO 35 GTN (4)
VOIGHTLÄNDER BESSA R (2)
VOIGHTLÄNDER BESSA R3A (1)
KONICA FTA (2)
KONICA HEXAR (2)
FUJI TIARA ZOOM (2)
FUJI FinePix4500 (1)
PENTAX K10D (13)
PENTAX K-5 (180)
PENTAX K-5 IIs (13)
PENTAX K-3 (15)
PENTAX Optio RZ10 (12)
SONY α300 (22)
SONY α350 (6)
SONY α550 (10)
SONY α33 (8)
SONY α77 (4)
SONY NEX-5 (120)
SONY NEX-5N (184)
SONY α6000 (110)
PANASONIC LUMIX GF2 (14)
PANASONIC LUMIX GX1 (15)
PANASONIC LUMIX GX7 (9)
OLYMPUS E-PL5 (74)
OLYMPUS OM-D EM-5 (4)
RICOH GXR (113)
RICOH GXR MOUNT A12 (17)
FUJI X-E1 (26)
FUJI X-E2 (7)
FUJI X-A1 (3)
FUJI X-M1 (5)
SIGMA SD15 (24)
SIGMA DP1x (25)
SIGMA DP2 Merrill (61)
SIGMA DP3 Merrill (31)
NIKON D200 (12)
NIKON D7100 (30)
NIKON D810 (4)
CANON EOS 40D (11)
CANON EOS 50D (49)
CANON EOS 60D (2)
CANON EOS 7D (28)
CANON EOS 5D MarkII (300)
iPhone 4S (3)
iPhone 6 (5)
未分類 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。